› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › イサキ › マダイ › 3/25 【おしながき】

2020年03月27日

3/25 【おしながき】

今回の厨房も先回同様、出刃の出番無く
残念ながら小さな包丁で調理出来てしまう
獲物ばかり
やはりトト庵厨房の2020年はもてあましの
年になるんでしょうか

ただでさえ妙な流行り病で景気の先行きが
重苦しい中、出刃、柳刃が活躍出来る様な
獲物を真名板の上に乗せて重苦しい空気を
払拭しなければと心に想い描いてはいるの
ですが・・・


次回の仕入れ人に期待するだけです


                          亭主


=======  【おしながき】 ========


今回の伊佐木、3月の伊佐木とは思えない
素晴らしく脂の乗った個体ばかりでした
白子の形成も2~4割程度、今年の遠州灘
冬の海水温が高めであったためか海中の
初夏が早いのかも知れません



【強 肴】
伊佐木 なめろう

3/25 【おしながき】
3/25 【おしながき】


これだけ脂乗りが良ければ伊佐木でも
かなり上等のなめろうに仕上がります




【御 造】
伊佐木

3/25 【おしながき】

3/25 【おしながき】


普段は何故かトト庵の住人、伊佐木は
今一箸が進まないのですが今回は
いつもと違いました



【揚 物】
伊佐木 天婦羅
聞いたことも無い伊佐木の天婦羅に
お初に挑戦してみました

3/25 【おしながき】


五枚下ろしのあと、皮を引いて揚げて
みましたが釣魚ならではこの上なく軽い
ふわふわな食感、この調理方は使えます


【御食事】
真鯛 鯛めし

貧果な獲物の中で40真鯛、どう調理しようか
特に刺身も考えましたが、頭から尻尾まで
鯛のエキスを無駄無く米粒に吸わせようと
鯛めしに致しました


3/25 【おしながき】


丁寧に鱗・あばら付け根の腎臓・鰓などを
歯ブラシなど用いて掃除して半分程度
熱が通る塩焼にしてから米に昆布を敷き
塩焼きの鯛を乗せ炊き上げます


3/25 【おしながき】


充分蒸らしたあと蓋を取って熱いうちに
別皿で身を外して飯に混ぜます


3/25 【おしながき】


トト庵特製の鯛めしの完成です



今年はまさかのほぼ三連敗
仕入れ人、次回の負けは許されません


厳しい釣果の中でも小さいながらの本命と
思いも掛けない美味しいイサキを獲らせて
頂きました 福田 海豊丸 船長、そして
長く広がる豊かな遠州灘の
海から与えられた獲物に感謝、感謝!


同じカテゴリー(イサキ)の記事画像
10/28 【おしながき】
4/30 【おしながき】
6/7 【おしながき】
2/2 【おしながき】
9/30 【おしながき】
5/8 【おしながき】
同じカテゴリー(イサキ)の記事
 10/28 【おしながき】 (2021-10-29 09:15)
 4/30 【おしながき】 (2021-05-02 09:00)
 6/7 【おしながき】 (2020-06-09 09:00)
 2/2 【おしながき】 (2020-02-04 09:00)
 9/30 【おしながき】 (2019-10-02 12:30)
 5/8 【おしながき】 (2019-05-10 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)イサキマダイ
この記事へのコメント
4枚目の写真もイサキなんですよね。
ちょっとビックリです。(*^-^*)

これはバカ旨でしょうね~、うらやましい!!
Posted by イケチャン at 2020年03月27日 09:48
へー!イサキに脂が? 良いねー♪

鯛の土鍋炊き  最高ですなー(^^)/

釣り魚が恋しいわ~  
Posted by MOMO爺 at 2020年03月27日 15:40
イケチャン、ありがとうございます
こんな良いイサキ、久々でした

アジ釣りでイサキが喰うと、なんだイサキかー!
ってがっかりするのですが今年の遠州灘五目
常にイサキが混じるので、とても楽しみになって
まいりました
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2020年03月27日 17:24
MOMO爺さま、ありがとさんでございます!

腹掃除で脂ギットリ、からの皮引きで確信しました
既に旬のイサキではないか!
貧果ではありましたが、イサキの脂に救われちゃい
ました
他の料理もまずまず、久々に美味しいお酒でしたよ
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2020年03月27日 17:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。