2021年10月31日

茶臼山 黄葉+天龍温泉おきよめの湯

令和3年度香嵐渓もみじまつり
11月1日(月)~11月30日(火


香嵐渓は明日からライトアップされるそうです



昨日は香嵐渓とは一味違う人の手が入っては
いない自然の黄葉を愉しみ乍らの日帰り温泉で
癒されてまいりました




根羽から長野にはいり、茶臼山山頂をかすめて売木に
降りて天竜村に至るルートで

天龍温泉おきよめの湯



出発が遅くなってしまい曇りがちなのは残念
でしたが








のんびり走ってトト庵に戻り
3日間昆布の布団で丁寧にくるみ寝かせた
ねっとりとした肴をアテに盃を傾けました







碧羽太 昆布〆





真鯛 昆布〆





食事は簡単に刺身丼






真鯛 伊佐木 碧羽太 太刀魚






捌いた魚の粗での味噌汁





味噌汁は3日目ですが今朝はゼラチン状に
しっかり固まっていました
羽太系の粗はエキスが何か違うのではないかと
感じています


  


Posted by フィッシャーマントト at 08:00Comments(6)マダイハタ

2021年10月29日

10/28 【おしながき】

このところPEライン切断の被害が多いとの
お話ですが・・・
巻揚げ時に船べりまでついてくるずんぐり
した黒い影は顕著に見られました
今回、タチウオ釣りではマーカーレスの
ブラックダイニーマを使ったのですが
防止には至らずの被害発生でした

サバフグが大発生してるのでしょうか・・・
天秤から仕掛け一式の被害が複数回は
金銭的及び、タイムロスの面からもとても
痛いです



                    トト庵 亭主



======= 【 おしながき 】 =======


【煮 物】
宗田鰹 角煮








【御 造】
遠州伍種盛







幽霊魚 炙り







真鯛 腹身 湯引き







伊佐木







真鯛 背身






碧羽太








【揚 物】
幽霊魚 天婦羅



太刀魚の天婦羅が食べたくてタチに
行くのですがタチだけっていうのもねー
五目で何かしら他魚が獲れれば更に
愉しみが増します



痛い思いもしながら美味しい獲物を
充分に堪能できました
素晴らしい魚を育む遠州灘の
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:15Comments(2)マダイカツヲタチウオイサキハタ

2021年10月28日

10/28 鮮魚部仕入れ

久々の仕入れ・・・
充電してスタンバっていたデジカメを
助手席に置きざりにしたままの乗船

釣行中の画像がありません・・・


久々の船宿は
福田 福寿丸
熱血系船長の船に乗せて戴き、五目・太刀の
リレーに行ってまいりました

5時集合、5時30分出船
5時過ぎに到着、私が最後の乗客でした
船長指示で左舷のオオトモに座る

天候は最高の釣り日和
凪の中、遠方の台風のウネリでしょうか
滑らかな長く連なる山波と谷間が長い
スパンで船を揺らしていた


廻りの乗船者はほぼ常連さんだった
上手にアタリを出しながら魚を獲っていく中で
私は置いておかれた

天秤にコマセビシ100号
クッションゴム2mm1m
3号ハリスの3本針4.5m

1投目回収から仕掛けのハリスが切られていた
2投目も幹糸が切られての回収
このごろ話題に上っていたフグの仕業だろうか

仕掛けを8号4m+ハリス5号3mと40cmの
2本針全長7mに繋ぎ替えて投入

初のアタリはソーダガツオ
ソーダガツオの4連荘からイサキが獲れた
そのころお隣はイサキが既に10尾以上
腕の違いに感服でした

五目は9時までの3時間弱
中盤までイサキ3尾のど貧果で良い所無し
船長は小まめにポイントを移動してくれる
時々、スピーカーから語気鋭い指導が発せ
られ、釣らせる気持ちが伝わった

五目後半に入り、アタリをアワセてからの
ストロークの長い突っ込みがあって嬉しい
やり取りの末に45cmクラスのマダイが
獲れた
これで肩の荷が下り、殺気が薄らいだのかも
知れません

暫くしてアワセからの重鈍な抗いを愉しむ
何だろうか・・・
揚げるとお初の御魚に出会うことが出来た
先ほどのマダイと同サイズのアオハタである
同じ場所で大きなイサキも獲れてなんとか
五目釣りの実感を味わうことが叶った


9時に五目終了、のんびりと太刀場に移動
五目の釣果を〆て処理し、朝飯を搔き込み
太刀のタックルを準備した
竿入れ10時を前に15分ほど早く到着して
潮廻り

3本針仕掛けにケイムラケミホタル装着
110m落としてシマノ速度7で巻揚げながら
鋭くランダムなサソイを入れていった
95m付近でアタリ、アワセて更に速度7で
65mまで巻き揚げる

狙い通りの追い喰いがあって1投目からダブル
2本一荷のターキーを達成した4投目、最初の
アタリにアワセを入れて巻上げ中に竿が跳ね
揚がった

PEラインに太刀の歯が当たったのかフグの
仕業か・・・
回収すると5.7mのPEをロスト

急いで天秤から仕掛けまで繋いでの再投入
調子が狂ってなかなかアタリが出ない
落としなおしての巻揚げ中、またも錘の気配が
消え、竿先が真っ直ぐになった

再度のPEロストは59m、またまた仕掛け類
一式を繋ぎなおすが投入が怖かった
ひとつ祈りを入れて再投入

結局これ以降でのPE切断の被害は
無かったが序盤の好調さは取り戻すことなく
終始ポツリポツリ、後半は指2.5本まで
混じって時々放流した

クーラーに入れた太刀魚の釣果は23本と
良くも無く悪くも無く、無難な仕入れと言った
感じでしょうか





帰路、沢山配って喜んで戴き、持ち帰った
魚がこれだけあれば充分でしょ!

心地良く途中からは半袖の船上で本命と
なかなか遭えない貴重な魚を釣らせて
戴きました
福田 福寿丸さんと
遠州灘の豊かな海に感謝、感謝!です  


Posted by フィッシャーマントト at 12:17Comments(4)福田 福寿丸