2020年07月09日

積丹半島 赤ウニ丼

積丹半島 赤ウニ丼




15年ほど前に知ってしまって以来
死ぬまでに喰っとかないと死にきれない
この赤ウニ丼にありつくこと叶わずして
一生を閉じることに相成りましたならば
あの世とこの世の狭間で永久に彷徨い
迷うことになるでしょう

赤ウニ(エゾバフンウニ)
北海道の中でも積丹の昆布は品質が
良く、その昆布を食べて育つウニは
絶品とされている
積丹のウニが高級とされるのは昆布に
秘密があるという
積丹地区のウニ漁の解禁は6月~8月
旬のウニの味を楽しみたい場合はお盆前
までに訪れて食べられれば最高の味が
楽しめるとのこと

資源保護の為、3か月のウニ漁の期間の
中で40日等しか漁が行えないなど地域に
よって限定されていたりする
そもそも積丹町は他の地域と違い風が
強くシケがとても多い
積丹半島に北寄りの風が少し吹けば
小舟でのウニ漁は中止
平均で30日程度しか出漁出来ていない
らしい
そして1日漁師1人2カゴまでと決まって
おり、漁を行う時間は朝5:30~8:30
までとの時間的な制限もある

ウニの水揚げの中で比率にすると
ムラサキウニが7に対しエゾバフンが3
これだけ希少なウニなのである


積丹半島 赤ウニ丼


チャレンジするのはいいのですが
遠方からですので多大な旅費と時間が
一度の経費となるので大博打
赤ウニ丼を提供する店に辿り着いても
赤ウニが無ければ夢は叶わない
条件が揃っても赤ウニ丼に限定すると
10~20食しか提供出来ない店が
ほとんどなのだ


積丹半島 赤ウニ丼


幾度々の挑戦の挙句、ようやく赤ウニ丼に
辿り着いた方のお話などもあって兎に角
積丹に行ってからは運を天に任せる以外
無いのかも知れない
そこは私の常日頃の素行の良さを神威岬の
精霊が見ていてくださって、きっときっと
食べさせてくださるに違いないでしょう
先ずは現地まで行くしかないのだ


前日、新千歳空港付近で借りたレンタカーで
朝6時前に小樽を出発、7時過ぎに第一の
候補に決めていたお店に到着

なぎさ食堂
0135-46-5308
北海道積丹郡積丹町大字来岸町21



積丹半島 赤ウニ丼



6時から営業しているのはこのお店だけ
他のお店は8:30~9:00開店
この日は小樽・余市・積丹・神威岬・岩内・
余市・小樽と積丹半島を一周する計画だった
先を急ぎたくもあってこのお店を選択


私の口から飛び出ました第一声は

赤ウニ 有りますかー?


この問いにお店の方から

食べられますよ

何という嬉しいお返事
私は思わずガッツポーズと同時に

ハートやったー!!

心から素直に声に出してしまった


赤ウニ丼

積丹半島 赤ウニ丼



赤ウニとキタムラサキウニのコラボ丼

積丹半島 赤ウニ丼


お値段とお味は心の中に仕舞ってカギを
掛けておきましょう





積丹半島 赤ウニ丼



今回のプランで候補にしておいた
赤ウニ丼が食べられるお店です
(東→西の順 小樽方面→神威岬)

お食事処 鱗晃

積丹 徳弥

積丹うに丼の中村屋

積丹 お食事処 みさき

なぎさ食堂

食堂うしお


この度、一度目の挑戦で見事!長い間心に
温めていました念願が叶いました
積丹半島の各岬に宿る精霊と澄んだ海
厳しいながらも豊かな自然そして
海から与えられた獲物に感謝、感謝!


同じカテゴリー(報道・スポーツ・生活・食)の記事画像
お初! 四国上陸
伊那~松川 散策
小樽~積丹半島 入れ喰い編
小樽~積丹半島 景観編
蓮 見頃
心残りの熊野三山 2
同じカテゴリー(報道・スポーツ・生活・食)の記事
 お初! 四国上陸 (2020-11-13 16:40)
 伊那~松川 散策 (2020-09-22 18:00)
 小樽~積丹半島 入れ喰い編 (2020-07-11 09:00)
 小樽~積丹半島 景観編 (2020-07-10 09:00)
 蓮 見頃 (2020-07-02 09:00)
 心残りの熊野三山 2 (2020-01-22 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(6)報道・スポーツ・生活・食
この記事へのコメント
知らなくてもいいことを知ってしまうと、こんなことになるんだぁ~(笑)
でも、大枚はたいても食べに行く価値があるんですね。

そして見事「大願成就」おめでとうございます!!(*^-^*)
これで、心おきなく成仏できますねぇ・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

この記事を読むまで、赤ウニ、白ウニがあるなんて知りませんでしたし、赤ウニがそんな貴重なものとも知りませんでした。

私もウニは好きですが、せいぜい回転すしの軍艦巻きに乗ってる程度。
一度は、どんぶりに盛ってみたいもんです。(笑)

ちなみに、小樽は、やっぱお寿司屋さんでしょうか?(*^-^*)
Posted by イケチャン at 2020年07月09日 09:38
いいいな~ いいないいな~

赤雲丹・・・流石トトしゃん 北海道にウニを食べに行く! 素晴らしい~

  いいな~ いいな~ ・・・・ 
Posted by MOMO爺 at 2020年07月09日 13:27
これで思い残すことも無いし・・・・・
イケチャン、いつもありがとうございます!

赤ウニ丼病!この病気は伝染するんです
コロナより怖いかも知れません
イケチャンも知らなくてもいいことを知って
しまいましたね~
食べられるまで何度も通ってください

小樽と言えばお寿司屋病も感染してますなぁ~
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2020年07月09日 16:44
MOMO爺さま、久々の更新に早速
ありがとうございます!

今回は身の丈に合わないMOMO爺さまばりの
遊び方でしょうか、ちょっとそこまでウニ喰いに
行ってきました
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2020年07月09日 16:46
赤ウニ いいですね〜 丼物で食べるのは贅沢の極み…

昔は鳥羽国崎沖でも、よく採れてたそうです。 今はたまーに採れる

赤いダイヤ… 運が良いと、鳥羽市内の寿司屋でツマミに一個(笑)

 私も一度は赤ウニ丼食べてみたいです!
Posted by Toshichan at 2020年07月10日 07:18
あれまぁ~Toshichanさまにも感染しちゃいましたか?
くれぐれもお大事に~!

子供が小さい頃は毎年、海水浴と活け魚を食べに
日本海の常神半島に宿泊しに行っていましたが
海水浴場で遊びながらバフンウニが採れてその場で
割って食べていました
小振りで指でOKサインを作った親指と人差し指の
円くらいだったと記憶しています
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2020年07月10日 08:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。