2010年01月07日

【鯒】三品

魚には見えないでしょうねぇ~






【イネゴチ】という種類の鯒(コチ)でした。





活きた鰯20cm弱に喰ってきたくらいの外道ですから
まあまあの型と言っても良いでしょう。




捌いた粗は、同じく外道の【イラ】の粗と一緒にダシ汁を
摂りました。

干椎茸・キノコ類から滲み出るグアニル酸
昆布からのグルタミン酸
そして魚からはイノシン酸



これらの三大旨味成分を、一つ鍋の中で融合させたなら
ほぼ間違いないでしょう。


この時期はやはり鍋!温まります。
長時間、この熱いダシ汁の中に潜伏していたトロトロの
白菜の芯などはまさに【旨味の結晶】




薄造りはネギを巻いて、七味唐辛子を入れたポン酢で
頂きました。




もう一品は柵を昆布で覆い、更にラップで包み、輪ゴムで
止めて丸一日、冷蔵庫で眠らせた【昆布〆】にして梅肉を
少々添えて頂きました。



貧果な釣果で外道しか釣れなくても、今年もやはり
海から与えられた獲物に感謝、感謝!です。



同じカテゴリー(コチ)の記事画像
5/11【おしながき】
ウタセ仕掛 最下段針
4/10【おしながき】
10/26【おしながき】
9/2【おしながき】
11/25【おしながき】
同じカテゴリー(コチ)の記事
 5/11【おしながき】 (2016-05-13 09:00)
 ウタセ仕掛 最下段針 (2016-05-11 09:00)
 4/10【おしながき】 (2016-04-12 09:00)
 10/26【おしながき】 (2014-10-28 09:00)
 9/2【おしながき】 (2014-09-04 09:00)
 11/25【おしながき】 (2012-11-26 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)コチ
この記事へのコメント
漫画の”美味しんぼ”を読んでいる錯覚に陥るところでした(笑)
トトさん、いつもながらすごいです。
美味しそう。
Posted by アイランド at 2010年01月07日 18:55
アイランドさん、おはようございます!
ありがとうございます。

私のようなヘタッピにも与えて下さる獲物があるだけ
ありがたいです。
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2010年01月08日 08:41
昆布〆に梅って合いますよねぇ。
僕は昆布〆は必ず煎り酒で食べます。
おいしいですよぉ~。(^~^)
Posted by みの at 2010年01月10日 05:25
みのサン、こんにちは!

ありがとうございます。
煎り酒の勉強をしておいて^^次回は試してみます。
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2010年01月10日 13:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。