2015年12月31日

12/30鮮魚部仕入れ

今年最後の仕入れは昨日、きんべえサンと大王崎まで
赤鬼退治 


乗せて戴いたのは
大王崎 政辰丸 さんでした 






指定された右舷トモの釣座に座り、背後の方にご挨拶 !?
アレマ~!  
なんと先回片名から出た松新丸のアカムツでご一緒された
古希の爺様ではないか?


偶然とは有るもので、今回は
イケメンの お孫さん を連れて
やって来たとのお話でした
お孫さんをも釣れ回す辺りは相当、釣り好きの爺様だと関心
したり、呆れたり・・・


6:30を前に準備完了、岸を離れる
港では風が無かったが空気は冷たい
途中、遠くに見えたのは富士山





背後の爺様曰く
この辺りから富士山が見えると強い風になって海面も
大荒れになるなどろくなことにならない
とのお話、爺様の経験から来るありがたいお話だ


小一時間ほど走っていきなりのエンジンスロー






やってください
とのアナウンスから仕掛連結とエサ付け



エサは政辰丸さん特製のカツオのハラモ
これが滅茶苦茶臭い
確実に醗酵していると思われる


PE:ダイニーマブラック 4号
天秤:キャバレー天秤
天秤腕中から喰わせ針
ハリス6号 2倍針ムツ18号フラッシャー巻
天秤末端より2本針吹流し仕掛 全長2m
幹7号ハリス6号 ホタ18号フラッシャー巻
錘150号

水深はカウンター読みで225m前後
PEが真っ黒なので、正確には判らない


入れ喰いではないが皆さんがポツポツと本命の鬼カサゴを
仕留められる中で、私一人が蚊帳の外
きんべえサンも始めから良型を揚げられた

皆さんが両目を開けられた後、やっと魚信を確信
レギュラーサイズ30cmが喰った


    



最初から期待通り、キャバレー天秤の腕中からの針だ
赤鬼は風格があるので、写真撮影





30分ほどして明確なアタリ!
アワセると針掛かり成功、抵抗が激し過ぎ!?
違う魚かと半信半疑ながらも少しドラグを緩めて対応
終始、下品な抵抗があったが何とか海面まで引きずり
出した獲物は赤かった

大きく口を開けながら迫力のある顔で睨まれたが
隣の方にタモ入れを要請して召し捕った
後で計測したら41cm越えの自己ベストでした



その後30分で30cmに届かないサイズ



時間は9時を過ぎた辺り、マイ生簀には獲物が3
デカ鬼が真ん中で睨みをきかしておる



上潮が変ってから底潮の流れが止まってしまい
一気に喰いが止まってしまったとのこと
船長が数箇所ポイントを変えてみるが状況は
変らずアタリが無い
その後もアタリサワリ無く、時がマッタリ流れて
12時を過ぎてやっと追加はレギュラーサイズ




目標の10には程遠い釣果の4で沖上がり
喰った仕掛をおさらい
キャバレー天秤の腕中からの針には1回
吹流し天秤に近い針に2回、末端の針に1回
一番の大きな鬼は吹流し天秤に近い針に喰いました
という事で、キャバレー天秤の効果を判断する資料は
乏しく、次回のオニカサゴ仕入れでまた試しましょう

皆さん私の倍以上の釣果で、8~10以上を釣られた
とのこと、いかに自分が下手か・・・・・




まぁこのデカ鬼1尾が救いか~


風は徐々に弱まってそれ程寒くはならなくて良かった
2015年最後の仕入れ釣行は貧果ながら同船の方々と
楽しく釣りを出来て良い締めくくりとなりました

古希の爺様とお孫さん・きんべえサンとお隣に座られた
常連さんにも感謝、感謝!です


大王崎 政辰丸 さん、お世話になりました
歳暮の品まで頂戴してありがとうございます
来年もよろしくお願いします

 


帰路、お願いしてきんべえサンの活かし込みクーラーにて
生還した1尾、高速渋滞で4時間半の長旅を終えた後も
以外に元気良かった





夕食直前、トト庵厨房で〆られ往生叶ったのである




活かし込みの刺身
舌触りと噛み応えの食感はまさに甲殻類系
オニカサゴ、なかなか類を見ない魚である





ご注意あれっ!
肝と胃袋も決して捨てた物ではない!



少し遠いが行くだけの価値ある志摩沖の
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)大王崎 政辰丸

2015年12月30日

柳橋 マルナカ食品センター




1日早い仕事納めとなって昨日は休みが取れた
久々に師走の雰囲気に触れてみたくなって選んだ
スポットは名駅から柳橋付近の年末食品が多く
売られている市場街、中でも
柳橋 マルナカ食品センター
は駐車場もあってメジャー



海産物を主体とした品揃えが豊富で、市場内の
散策は 商い 飽きない








市場の卵焼き、冷蔵庫で4日はもつそうだ



歩くうちに珍しいクエなどの高級稀少食材も目に
飛び込んできて嬉しくなる

アカムツを置いている店舗も見掛けられる



昨日の相場で小売価格@7,000/Kg
上の26~27cm前後3尾の箱売りで¥10,000程度
だそうだ


ひとしきり歩き回ったところで時間は9時
朝食抜きで、7時に家を出たので空腹感が
頭の中を支配し始める

    

材料に事欠かない場所の飲み屋さん
朝っぱらから完全オフモードに突入し、ふらっと
入って飲みたいところですが・・・
残念!昨日は車なので、入れません

ここで迷う
柳橋きたろう
寿司もいいし・・・

    



海鮮丼のまぐろやさんも捨てがたい・・・





結局入ったのは



天ぷらとワイン 小島  

私は野菜系は天つゆ、魚・肉系は塩と決め込んで
いるのですが塩は2種類が用意されていた
あおさ海苔塩と梅塩の選択が出来た




店主が揚げたてを各個人のトレイに置いてくれる



海老の天婦羅は揚げ加減が絶妙で、海老の
中心に熱が入るか入らないかのタイミングで
各々の客のトレイに置かれる



市場が1年の内、最高に活気付く年末の空気感
久々に味わうことができました
さぁて、今日は久々に浮かんでいる・・・
・・・予定ですが、果たして?






  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(0)魚屋

2015年12月25日

キャバレー天秤

なかなか釣りに行けていないものですから、行けない
出られない船代分の小金は貯まっても、私の悪い癖
使えないアイテムのコレクション等で結局、私の懐は
寒くなるのである






昨日届いた商品はこちら
オニカサゴ専用 キャバレー天秤





天秤錘から先、腕部分の中間部に回転フリーの
ヨリモドシを装備
ヨリモドシに喰わせ針を結び、大鬼をやっつける






この部分の針は2倍針ムツ18号に自作した
フラッシャー巻きとケイムラパイプ




ハリスはオマツリ防止の為、かなり短めです





1年以上前から継続チェックしていました
賢島龍神丸 さんが開発して改良が加えられた
オニカサゴ専用です

錘上のピンク色の部分にスポット照明替わりに水中
ライトもしくはケミホタルを装着すると腕中間から
伸びた喰わせ針のエサがクルクル回りながら沈み込み
赤鬼がついついその気になってエサに飛びついてしまう
ことから キャバレー の名を付けたそうである


このアイテムを携えて、次回仕入れ予定はオニカサゴ
船が出られなく、お蔵入りしてやがて忘却のアイテムと
ならないことを祈ります




  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)その他のアイテム

2015年12月24日

ダイニーマブラック PE高切れ対策

昨日宅配されたのはこの品物
先回のレコード250mで、高切れ恐怖症です






3000MKのPEを外して、外したPEは予備の
PEとしていつも持って行くことにし、届いた
ダイニーマブラック4号400mを巻いた

PE 高切れ対策




リールのカラー ブラックと同化して無骨ですが
パワーアップしたような気がする


マーカーが無いので、水深がシビアなフカセの
真鯛などには使用不可
底物や中深海専用リールになっちゃいますが
しばらくこの体制で仕入れに臨みます

  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(0)その他のアイテム

2015年12月21日

アカムツ 煮付

昨日は送別会
旧友が3年程度、中国へ行ってしまう



最高の物をと考え、先日のアカムツ釣行で
一番いい魚を冷凍庫に入れておきました




皆さんに喜んで戴けて
このアカムツも幸せでしょう





赴任先が中国とは何かと心配ですが
是非!ご無事で
そしてまた美味しい酒を酌み交わしましょう


海から与えられた獲物に感謝、感謝!
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)アカムツ(ノドグロ)

2015年12月20日

フォースマスター3000

なかなか仕入れに行かれず、悶々として蓄えた
膨大なストレスのエネルギーが右手人差し指を
襲い、痙攣なる症状を引き起こしたのである・・・


ポチッ!                             


と音がして我に帰ったのであるが時既に遅し


やっちまった~            


15フォースマスター3000、クリックしちゃいました
で各種PEが既に巻かれた在庫があって、速攻!
翌日届いた





早っ!     びっくりポンや~     




3000MKから進化したパワーとスピード
巻上力が48 → 63Kg
最大ドラグ力15 → 20Kg
実用巻上速度 負荷1Kgで180 → 210(m/分)

先ずは4号のPEを巻いてもらったのでドラグ力に
関してはパワーUPの恩恵は特にないが余裕が
あるのは頼もしく、スペックは大いに期待しています

微速巻揚げ時、3秒程度毎に約0.5秒間ほど速度が
加速してしまう現象は構造上無いとのこと
まぁ実際使ってみなけりゃ判りませんが



フォースマスター3000MK




フォースマスター3000



電源コードが2芯に変わっていた
外形(シルエット)がほぼ一緒で配色が所々違う
だけなので電源コードを間違えそうである





電源コードはいつも両方持っていくのが賢明かも





バッドに装着して持った感触はと言うと
電源コードコネクタの嵌合部角度が少し前に傾斜して
いるらしいが特に違和感は無い


バッテリーに繋いでみる
リール固有のIDがあったので、ブログにアップ



NET上に記録があれば、何かしらトラブルがあった
時に何かの役に立つのかも知れない





速度一定モードではバックライトが赤






楽々モードではバックライトが緑
これは判り易い


昨日、早速石花海ヤリイカでデビューする予定でしたが
残念!
今年中に是非、使ってみたくてウズウズ  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(8)リール

2015年12月19日

アカムツ フラッシャー針

海況悪く、船宿のご判断で
今日もヤリイカにフラレちゃいました・・・

海況・休日が折り合わず、なかなか釣りには
行かれませんが釣りを楽しんでいます

釣りに行けない時はせっせせっせと内職仕事
今回は中深海で使うフラッシャー針の補充です

先回の釣行でアカムツ仕掛けを消費したので
先ずはアカムツ用



針は最近ホタの赤色18号に落ち着いています
ホタは質量が重く、ムツ針の何倍かになるので
フロート玉4~7号を駆使したりして付けエサを
たなびかせる工夫が必要です

針の掛かりに言及すると確かにホタ針はムツ針に
劣るとされるのは確かだと考えています
それ以前に重くて流れに漂い難く喰いが悪いことも
事実でしょう
針の軸径が太く、形状や質量からも付けエサを口に
入れた瞬間、魚が違和感を大きく覚えるのは圧倒的に
ホタ針、針掛かりまでは悪い点が多い
それらも承知した上で使用しています

以上の理由から金龍針さんからの細地ホタ針は是非
使ってみたいアイテムではありますが残念なことに
15・16号しかサイズが有りません






ホタにせよムツにせよ18号より下の小さい針は
私はなんとなく避ける傾向にあります
一応各種を使うようにしていますが、フトコロが
小さいと掛かりがどうしても浅くなる傾向を感じて
いるからです

針掛かりさえすればバレる確率はムツ針に比較して
相当減らせると考えています

今のところホタ針18号でバラしたことはありません
ムツ針仕掛けを使用していた他の乗船客がバラして
悔しがる場面はかなり見てきてます

300m落としてやっと喰ってくれたアカムツを大事に
大事に時間を掛けて揚げても、海面付近で外れてしまい
ゆっくりと泳いで潜って行く姿をお見送りしたくはない
ですからね





ファイバー系やスレッド系の装飾繊維は物によっては
非常に繊細で取扱い時に絡み・ホツレ・切れ・または
パーマ化してチリチリになるなど、種類によって扱いに
慣れないと苦労する代物も多くあります





仕掛けを作る以前のフラッシャー針製作時点から
手前マツリではテンションも急降下してしまう


最近の私のトレンドは下の画像にあるような夜光性
蓄光性を持った繊維を混ぜることである
効き目があると考えるのは私だけかも知れませんが






装飾系の繊維類は特価や在庫一掃セールなどで
安価に手に入る時に買い足していくと種類や色の
バリエーションも自然と増えていきます






針に巻く作業はそれほど手間の掛かる作業ではなく
むしろ楽しく進められる
なんせホタ針18号ですからイサキ針の繊細な作業の
細かさは不要で、かなりきている老眼鏡も掛けなくて
作業出来ています







先ずは下糸を巻いて










ファイバー
フラッシャー
スレッド
を気の向くままにブレンドして巻き留め
ほどけないように3回ほど縛り止める




ハリスの巻き代を残して
ソフトビーズまたは蛍光のゴム管をカットして嵌め込み
スレッド巻きした部分と蛍光材に瞬間接着材を塗布






完成すると照明を落として確認し、ニヤリ








ひとしきり巻き終えて本日の作業は終了


翌日、接着剤が乾いた針にハリスを結ぶ
結んだ後、夜の風呂に入り、明かりを消して浴槽の
中で結んだ針を泳がす
幼魚が泳ぐようにハリスを引きまわして自己満足


一体アカムツにはどう見えているんだか???
装飾自体、何ひとつ効果は無いかも知れません
釣りのオタク的な楽しみでしょうか・・・



ホタ針:赤18号【 藤井商会 】   
スレッド:AURORA THREADS【 TOHO 】   
ファイバー:スターファイバー【 FUJI BAIT 】   
ファイバー:シラスファイバ【 MARUFUJI 】  
夜光うきゴム:LUMINOUS TUBE【 ACCEL 】 
夜光玉:発光玉ソフトタイプ8H LumiNova 【 TOHO 】   
細地ホタ針:鋼 ホタ針Light 【 金龍針 】  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)仕掛

2015年12月18日

メダイ西京漬け




先回アカムツ釣行で釣れちゃった外道の中型メダイ
大型ならそのままお刺身という手も有りだが
脂乗りがあまり期待出来ない中型だったので手を加え
西京漬けにして昨夜完食しました


   


トト庵の西京漬け、一般の西京漬けに比較すると
かなり日本酒を多く使用して仕込みます
お気に入りのナカモさんの西京味噌と日本酒の
混合比は味噌2に対して日本酒1程度、焦げ易い
味醂は入れない
かなり西京味噌をのばして漬けるイメージです





冷蔵庫で漬け、最低10日間は寝かせます
魚の身から余分な水分が染み出し、熟成も相まって
若干、アメ色を帯びた透明感がうかがえる
焼く前にしっかり味噌を洗い流して最弱火で焼いても
魚の表面の糖分で焦げますが中身はほろりとしていて





魚の中心まで味が浸透し、ご飯にもお酒のあてにも
どちらにも合う、ちょっと深いお味に仕上がってます
海から与えられた獲物に感謝、感謝!


トト庵の冷蔵庫、これで魚も切れてしまいました  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)メダイ

2015年12月04日

12/2【おしながき】

お久し振りの中深海仕入れ、PEの高切れで思わぬ痛手
一気に250mは最長不倒距離
出来ればこの記録は二度と更新したくないレコードです







それにしても毎回の貧果な仕入箱
今年はもう一回行けるかどうか微妙な状況
2015年も残り少なく、せっせと精進して目の前の
仕事をこなしていくしかありません







                             トト庵亭主


=======  【おしながき】 ========



【揚 物】
稚児鱈 唐揚
淡白でふわふわな食感が堪らない美味しい魚です













【御 造】

喉黒の仕入れがあると外すことが出来ない絶対的定番
鱗を綺麗に掃除して皮付きで切り付け







バーナーで炙ります







塩だけで頂くのもいいのですが



トト庵では塩昆布を載せてのお召し上がり方をお勧め
しています




【吸 物】
炙りに使った中型の喉黒一尾分の粗と昆布出しで
仕立てました
芳醇な脂の甘味がまろやかに舌に広がる逸品







何とか本命が獲れた危なっかしい仕入れですが
6年振りにお世話になった片名 松新さんに釣らせて
頂きました

第五松新丸船長
そして海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)アカムツ(ノドグロ)チゴダラ

2015年12月03日

Bistro de tototto totto 1201










カクテル ワイン ビール < 本日のお勧め > ビール ワイン カクテル
 
アカムツ アクアパエッツェリア





新鮮なアカムツが入荷しました。アクアパッツァとパエリアをひとつにした当ビストロオリジナルの料理でございます。係りの者が魚を別の皿にお取り分け致しますので、芳醇な脂と濃厚なアカムツエキスを余すことなく吸込んだパエリアとは別々にお楽しみいただけます。3~5名様でお召し上がられる量となっております。ハウスワインによく合う白ワインのご用意が数種ございます。また12月はクリスマス月間といたしましてスパークリングワイン・シャンパンなども追加して揃えてみました。どうぞお気軽にお申し付けください。









 
ご飯粒が一粒ごとにノドグロになってる!ちょっとヤバ過ぎっ!贅沢なメニューだねー






甘さ控えめのスパークリングワインによ~くあってるわー






和が洋に替わっても、海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)アカムツ(ノドグロ)

2015年12月02日

12/1鮮魚部仕入れ

昨日は中深海
またまたヤットカメの船宿にお世話になりました
片名 松新 さん

船は船内にバーベキュー設備が装備されていて
船幅が広い大型船 第五松新丸 





アカムツ狙いの乗客4名を乗せて6時半出船のところ
全員が早々に準備を終えて6時に出船しました

1時間40分ほどでエンジンスロー

風速が10m/s近く吹いていましたが船体に幅が
あってローリングが少なく楽です

釣座は右舷操舵室の真下、隣の御爺さんとの距離は
10m近くあって贅沢な釣座スペース



水深275~290m
PEの出がカウンターで295~310
仕掛の揚げ降ろしに時間が掛かります


最初の仕掛は胴付4本針
幹8号
枝間1m 枝6号40cm
フラッシャー巻きホタ針18号
針から7~10cmの位置にフロート玉4号
錘200号
船宿支給エサ サバ皮
(身が削ぎとってあって使い易かった)
持ち込んだ特エサはホタルイカとヒイカの短冊と
目玉付ゲソ



用意して1投目、仕掛の投下に時間が掛かりじれったい
あの黄色い脂が滴る白身をイメージすると堪らない
ノドグロちゃんが泳いでいる底近辺に早く届け~!

カウンターで300を少し越えて着底
糸更けをとって更に10mほど巻き揚げ
再び底を取り直し、2m近く巻き上げたところで魚信
小気味よく竿先が叩かれている
手巻きで10mゆっくり巻き揚げて追い喰いを誘い
ゆっくりドラグを効かせて焦らず手持ちで回収



なんと一投目から本命、32cm
最初からこんな調子が良いのは初めて

     

隣の御爺さんがタモ獲りしてくれました
ありがとうございます

始めから調子が良いと・・・

やっぱり連荘とはいかず、アタリはさっぱり
船頭さんからの仕掛回収の号令で付いてきたのは



ドンコ
鍋物や椀種にはもってこいで美味しいのですが外道


9時前にやっと魚信





少し大きいかと感じつつ、下品な抵抗もあって違う
魚かと疑いながらも慎重に時間を掛けて揚げてみると
良型ダブルでした

またまた隣の御爺さんがタモ獲りしてくれました
毎度毎度、ありがとうございます



その後投入し、仕掛けの回収指示で高速巻揚げを
し始めた途端、テンションが消えた
なんと250mで高切れ!犯行はサワラかカマスか?
船頭から左舷2名とも同様に切られたと聞く
4名中3名のPEがほぼ同時に高切れしたようだ

船頭さんのはからいで超安価にて200mをお譲り
して戴きました





電車結びで繋ぎ、その後の釣りは出来たものの
状況は変わらず
ご他聞に洩れずとても魚信の少ない釣りが続く




風は徐々に強くなっていたが、船幅の広さが
横揺れをカバーしてくれていて体は楽だった


暇なので釣ったアカムツの口腔内検査
ブログネタのタイノエは偶々なのか3尾ともに陰性




肉眼では読み取れない遠くの船名をデジカメを使い
望遠で30枚ほど録ってやっと確認



赤羽根からの丸万丸さんでした
ジギングで同じ魚を狙っていたようですが釣果は
船中4尾でこちらのエサ釣りの船に分があった様です


11時半に下品な魚信
これは違うなぁ・・・

頭の中ではアラまで描いて慎重に揚げていったのですが



隣の御爺さんがタモ獲りしてくれたのはメダイ
残念・・・


残り45分
ポイント移動した水深は深く

    

  ゲームオーバー  





早めに3尾揚げて命拾いの仕入れで相も変わらず
釣果は微妙でした

度々、タモ獲りをお願いした隣の御爺さん
ご隠居されて昨日は古希の誕生日だったとのこと
おめでとうございます!   
長生きしちゃってください!


随分、ヤットカメにお世話になり本命を釣らせて
戴きました片名 松新 さんに感謝、感謝!です


  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)片名 松新