› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 報道・スポーツ・生活・食

2017年04月24日

原木椎茸 被害

予定では今年の秋くらいからの収穫が
見込まれるほだ木の原木椎茸

これまでフライイング気味に出た椎茸が
10個ほどあって干し椎茸にして使用

ところがここへきて気温の上昇とともに
憎っくきナメクジに良いように喰われて
しまって悲惨!

  


なにかしら手を打たないと・・・
農薬なんて使いたいとは思わないが
1匹毎の捕殺も無理だし

原木椎茸の栽培農家さんはどう対処して
いるのだろう?

・・・ちょっと調べてみるか






30分ほど走った山道沿いを歩くと蕨が顔を
出していて、1時間あまりでこれくらいの
おしたし3回分の収穫がありました

毎年美味しく戴いている旬
今日は山からの獲物にも感謝、感謝!です
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月21日

ワカコ酒 season3

そうそう!
season2の放映が終わってしまい
特に楽しみな番組も無かったのですが
待望の
ワカコ酒 season3
が始まっています




(^3^) ぷしゅ~~~♪



毎週金曜日(今晩)11:30
BSジャパン7

今日は海老の天婦羅でも買って帰ろっかな~♪   


Posted by フィッシャーマントト at 18:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月04日

築地 波除神社

築地 波除稲荷神社 

「災難を除き、波を乗り切る」
波除稲荷神社として、災難除・厄除
商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が
厚いらしいが私は単純に乗った船が
大きな波を除けて快適な釣りが出来る様
願を掛けてお参りしました




入って左右両側で睨みを効かせている獅子頭
神社入口に鎮座する狛犬の代わりかと思ったが
違うようだ



風を従える虎・雲を従える龍、風雲双方をも
ひれ伏すのが獅子とされ、奉られているらしい

この神社にはとても印象的な物が有った
古くからは江戸、そして今や日本の食の中心
である築地
その和の食に対する畏敬と感謝が現れた
証し、それぞれに供養の想いが籠められた
塚が敷地内に建立されていた

玉子塚



 すし塚
 


  海老塚
  


   鮟鱇塚
   


    活魚塚
    


特に興味深かったのはこちらである
     昆布塚
     

主役の食材では無く、脇役に位置付けられる
かも判りませんがこの昆布の存在が無ければ
和食の大部分は成立し得なかったのかも
知れない

御本社に深く思いを込めて願掛けしたので
波はもう大丈夫



おあとは仕入れ人の 腕次第 
思う存分、釣り放題!
であるが
そうは問屋が卸さない!   
ってところが仕入れの難しさでしょうか  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月03日

築地 すし富

ちょいと寿司でも・・・と向かったのは
築地 すし富本店 

築地 仲卸の鈴富さんが出している寿司店らしい



カウンターに座った瞬間に心動かされる




大きな釣針、漁師がマグロはえ縄に使う針だろうか
リング付きのホタ針の上に箸が横たわっていた


同行者が注文した御料理はどんぶり
海鮮丼 築地 






ネタの種類・量も充分で、見た目も美しい散らし
宝石箱 





もう一人の連れと私が注文した
にぎり店長おまかせ 




それぞれ味噌汁も付いてくる


にぎり店長おまかせ を頼んだ客には
最後にカウンターショーケース内のネタから
好みの寿司を1巻握って頂ける趣向があった
連れはトロ、私はアワビを注文





早川光 氏になった気分


間口は狭いが、味わいはとても深く
出向いた甲斐がありました




移転問題で大揺れに揺れていても決して
ブレない和食の大道、寿司と
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2017年02月12日

父の傘寿

第一級西高東低の大時化
週初よりの予報でもとても海に出て糸など
垂らす状況ではなさそうだった

トト庵女将が計画してくれたプランがあった
まさに80歳を迎えた父の傘寿の祝いをとの
ありがたい提案に潔く釣りを諦めて乗った
のである


朝一は新東名を利用して静岡県に入り
周智郡森町にある 小国神社 に参拝
80歳になる父を筆頭に生きていること
生かされていることに感謝、感謝!






私がねじ込んだのは御前崎での昼食
僅かではありますが今まで御前崎まで足を
運びながら蓄積した食事処の情報により
一度は食べてみたい食事処が2軒あった

釣果が有っても無くても釣船の下船から
昼食に立ち寄る余裕など無くて御前崎に
釣に行っても食べられなかった




そのうちの一軒に入った
磯亭さん



刺身定食
刺身の鮮度は間違いないし
炙りなど手が加えられたネタも嬉しい
何にしても一切れ毎が立派で種類も有り
鮮魚好きには堪えられない







この店で外せないおしながきとのウワサは
煮魚定食(きんめだい)
伊豆の先端辺りでは当たり前に出てくるで
あろうが、私の住んでいる場所ではなかなか
お目に掛かれないし、あってもこちらの目玉が
飛び出るくらいに高価になる




一同、胃も舌も満足
車で3分移動してなぶら市場



早速、女将が今自分が食べたきんめの値段を
確かめていた




その後、150号をひたすら西進
井伊直虎のゆかりもある中田島砂丘に寄って
砂嵐が舞う海岸付近まで歩き風紋の変化を
観察した



小腹もすいていないうちに到着した浜松餃子の
お店はG1餃子王グランプリ受賞店
浜松餃子 初代しげ さん



にんにくの利いた方の餃子を16個注文した



表が揚げ気味のカリッとした食感
浜松餃子の特色である野菜の甘味を感じる




この店でも外せないおしながきを女将が
見過ごすはずはなく、注文!
杏仁豆腐 である




口に運ぶとクリームチーズを口にした食感
今までの寒天的な舌触りでは無い
味わうに連れて本来の杏仁の風味が滲み出た
今まで食べていた杏仁豆腐のイメージ全壊の
新食感で美味しい杏仁豆腐だった


大河ドラマ井伊直虎ゆかりの場所に立寄った
気賀の関所




大河ドラマ館




庭が良かった 龍潭寺




奥浜名湖を廻って




私と同じだけ歩き、食べられれば父はまだ当分
生かされるのかも知れない


帰路に就くと段々と空が暗い鉛色に変わって
気温も低下、雪花が舞いはじめる
静岡は暖かかった  


Posted by フィッシャーマントト at 10:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2016年08月06日

凄い モンスターボール

今朝、落ちていたハイパーボールより凄い
モンスターボール




じゃ無くて
やっと色付いて熟成し、自然落果した
今期初のパッションフルーツの実でした




今年は苗の入手が目論んでいた時期よりも
3週間遅れたために、収穫が危ぶまれていたが
なんとか去年並みの収穫が見込まれる



次はこの実が色付いてきていて




毎朝の楽しみが ひとつ出来ました

  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2016年06月15日

オリオンビール頂きました

沖縄・石垣島のお土産を頂きました
オリオンビール
夏季限定醸造 夏いちばん 
麦芽100% アロマホップ100%



気分を夏にして、ゴチになります!
にふぇーでーびる~~~!ありがとうございます  
ってことで
拙い沖縄料理、作っちゃいました



ゴーヤちゃんぷる



らふてぃ





久々に琉球ガラスのグラスも登場
らふてぃを作るために買った琉球泡盛もロックで
いっちゃいました




これで三線の音色でも流れてきたら最高です
いふぃぐゎー呑み過ぎてもなんくるないさ
ちょっとくらい   気にしない気にしない 
お土産、くゎっちーさびたん ご馳走様でした     
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2016年04月17日

熊本 大分 群発地震

被害に遭われている方々に
お見舞い申し上げます



いつもは海況・天候・風の推測をする材料
として気象庁の気象に関するホームページを
使っています
九州熊本の大きな地震が群発発生してからは
地震警報のページも気掛かりで見ている






震源に関する情報ページによると
震度3以上の統計だが日暮れから夜明けまで
昨夜19時以降~今朝6時までの間、実に
24回発生している
小さな揺れも続いていると推察すると体感的に
絶えず揺れていると感じるかもしれない
これではとても眠るに眠れないとお察しする

自宅から離れ、不自由極まりない避難所に
おられる方々の精神状態はとても尋常冷静とは
いかないだろうが、そこはなんとか耐えて
命を大事に生を守り抜いて戴きたいと願います


非力ではありますがコンビニのカウンター横
特設の今回の地震被害を対象とした募金箱に
釣り銭を投入することにしています  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2016年03月31日

3/27 北陸の旅 2/2

3/27 北陸の旅 1/2 より続く・・・


3/27 傾きかけた春の陽とともに金沢近江町市場
から北陸自動車道を使い、芦原まで移動しました

予約した施設は素泊まりでの利用




リゾートホテル&レストラン なぎさ

ここの最大の魅力は部屋から望める海
さすがに窓から竿は出せはしませんが、すぐ前は海
しまった~!竿忘れた!www
あまりにも釣り日和の大凪を目の前に、敢えて封印した
自分を後悔する羽目となったのである




中途半端な懐石モドキの料理や身がスカスカな
カニを食べさせられて数万円の温泉宿は避けました

チェックイン17:00過ぎ

すぐに風呂の支度をして日帰り温泉に向かった
風呂でのんびり1時間

セントピアあわら

温泉を出て目と鼻の先の銀河食堂(木村鮮魚店)
にてご馳走を頂く計画でしたが行ってみると
まさかの日曜定休日
いけません!残念!調査不足でした


捜しながら走り、通りがかった居酒屋さんで夕食を
済ませました
画像はありませんが地魚のお刺身・牡蠣フライ
小型ながら脂の乗ったノドグロ塩焼きなどをつまみ
ながらやっとこの日初のアルコールにありついた

3/28 朝、時間が勿体無いので、チェックアウトは
早目の7:30

出発してすぐに計画変更
通りがかりに計画には無い、東尋坊散策がしたい
との要望があって折角なのでと30分ほど散策



波も無くて絶好の釣り日和でした




8時~開店している焼きたてのパンが手に入る店を
調査済み

ストロベリーフィールズベーカリー


各自が思い思いのパンを選び、入手して近くの
道の駅でコーヒーを買っての朝食
朝食は比較的のんびりと摂ったのち、所要時間
1時間ほど掛けて移動した先は





曹洞宗大本山 永平寺

がらにもなくトト庵女将が御朱印帳を購入した
必然的に壱頁目は永平寺の御朱印
それがひどくご満悦のようだった

    


この御趣味?崇高過ぎて私の性に合わないと
考えて私は遠慮して自重した
もう少し もっとたくさん
殺生(魚釣り)を楽しみたい想いが大きい罪深き
罪人なのである


    



80を過ぎた両親には少々辛い急階段などの
ミッションも何とかこなしたのでご褒美の昼食

再び、北陸道にて敦賀まで移動
計算通りに腹の虫も啼く


昼食は敦賀市内の蕎麦屋




森嘉朗 元総理
安倍晋三 総理
道場六三朗 師匠
などがご来店されています

千束そば(ちぐさそば)








蕎麦の挽き方も好き好きではありますが
こちらは最近、一部流行している粗引きと
蕎麦殻を敢えて残すようなワイルド感は
少なくて、おとなしくて由緒ある上品な
イメージを持ちました

昼食を頂いて初のお魚屋さんを物色
鮮度抜群!
お近くの飲食店御用立てのお店です

(株)相木魚問屋

よく通る道ではありますが実は通っていない
摩訶不思議な所に在りました

しかも鮮度抜群でヤバイですヮ~




これで釣れなくても、安心!
くれぐれもトト庵では内緒ですよー
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2016年03月30日

3/27 北陸の旅 1/2

年度末の仕事も峠を越えて先が見え始め
断然!気持ちは海の上でしたが親孝行優先
月曜を休みにして3/27・28の2日間
両親を乗せ北陸まで、行ってまいりました


往きルートは東海北陸道を使いたかったので
念の為、降雪と凍結などの雪道情報を参考にした
雪道ライブカメラ
はオンタイムで参考になるサイトだと感じた
ひるがの-荘川-飛騨白川-五箇山まで、ほぼ0℃以下
だった
トンネルの占める区間がとても多かった

順調に福光に到着
先ずは金沢湯涌夢二館で美人達に逢う計画でしたが
福光からのルートが最後半の道路(10号線)で
通行止め

計画ルートの変更と1時間余りのロスタイムを
余儀なくさせられた
夢二式美人そろいぶみ ・・・見られず、残念
やはり美人には縁遠い人生を歩んでいるようだ

美術館に費やす筈の時間を移動時間で使い、予定の
時間に兼六園に到着した
上坂入口のパーキングに駐車してお決まりの眺めを
横目に散策



和の景観に浸る
何度来ても素晴らしいと感じる



途中の茶屋で団子を頬張り、お茶で流す

桂坂から兼六園を出て石川橋を渡り
石川門をくぐり抜けて、金沢城公園に入る




曇り予報がはずれ、天候には恵まれた
春の光に瓦屋根が白く輝いて眩しいくらいだった





桜の蕾は膨らんではいたが咲いていない
丑寅櫓跡(うしとらやぐらあと)
ここからは下の段になる兼六園の桜を見下ろすことが
出来る知る人ぞ知る花見の好スポットだそうだ





何故だか上坂中腹の桜が1本だけ見事に咲いていた
ソメイヨシノとは品種が異なるのだろう




時刻は11:30を過ぎ、朝5:30出発もあって
空腹感は半端ない
懐石も良いのですがコスパと好きな物を好きなだけ
注文できる満足感を考えて回転寿司

すぐ近い金沢駅構内にも支店はあるがここまで来たの
だから本店に行かない手はないでしょう!
20分ほど車で移動して名古屋市内にも支店がある
金沢まいもん寿司に向かう

金沢まいもん寿司 - 金沢駅西本店




15分ほど待ちにはなったが
BOX席に座り、怒涛の注文

キンメ・ノドグロ・アラ・ヒラマサ・・・・
高級魚の品揃えは素晴らしかった
キンメの身のぶ厚いことと言ったら!ビックリポンや~





〆のノドグロ粗汁は溶け出た脂が甘~く、絶品
ほぼ2尾分の粗が椀に入っていて身も多く
一同、無言で身をつついた


大満足な食事を終えて、次に向かったのは
アメリカの旅行雑誌「トラベル・レジャー」にて2011年に
「世界で最も美しい駅14選」の一つに選ばれた金沢駅
駅前の駐車場で入庫に30分待ち・・・、ZZZ~
退屈さもあって睡魔に襲われる


    





私は腹いっぱいで、サクッと観た後
車内に戻り昼寝を決め込む

全員、車に戻ったので移動
ここは観とかなきゃ~ってことで、近江町市場


    


高いと感じる物もあり
安いと感じる物もあり

ノドグロ30~35cm5尾入って¥3、500_ってどうよ!
近隣の釣り師、近江町に釣りに行かないといけません!




雲丹!
結構なお値段ですが、旨いに決まっとる!
通風、ヤバイかも・・・




3/27 北陸の旅 2/2 へ続く・・・  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2016年03月11日

ワカコ酒

ワカコ酒
毎週金曜 23:30~
BSジャパン




【呑兵衛女子 今夜も酒場でひとり酒】
酒呑みの舌を持って生まれた26歳のOL
村崎ワカコが、様々なお店を訪れ
「女ひとり酒」を堪能する日々を描いた
人気コミック

この番組がまた私の勘所を絶妙に押さえて
離さないのである




26歳のOLとともに主役を張っているのが
毎回品を替えて登場する一品の酒のアテ
その一品のウンチクとともに料理の背景・
主人公の揺れ動く感情が解説されながら
物語化されている




胃に納まった料理と流し込んだアルコール
双方の満足感が重なり合った瞬間に心から
ほとばしる
ぷしゅ~


ここまでの画像は全て番組HPより      

の声となった時のワカコの幸せそうな満面の
笑みが観ている私の楽しみでもある

毎週放送されているレギュラー番組の中で
唯一、愉しみにしているプログラムはこれ
くらいかも知れない

今晩の放送予定は



第10夜「めでタイ日にはキンメの煮付け」
とくれば、酒は日本酒だろうか?



ワカコとアルコールそしてキンメの煮付けがどう
絡むのか朝からとても楽しみでならない  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2016年03月06日

聖崎公園 河津桜

釣道具は降ろし、両親を乗せて知多半島まで行って
まいりました

お決まりの師崎朝市




毎回購入するのはマイワシの丸干し
この丸干しはいつ買って来ても旨い
新ワカメも貝類も美味しい時期となって
きていて市場内散策は楽しい
ただ、今年のコウナゴの不漁が気掛かり
マダイの乗っ込みにどう影響するのだろう

師崎朝市で1時間ほど過して大井に移動

聖崎公園 
丘の上には聖平和観音、海中の岩の上に立って
いるのは弘法大師像




80歳の誕生日を迎えた父を前にして
注意深く河津桜の丘に揚がる






のんびりと満開の河津桜を愉しみ
丘を下りきった海沿いには歌碑

   

心に響く良いお歌ですねー


波風も いとわず海に立ち給う 釣師の心 まのあたり見ゆ
  

一文字替えちゃってますが・・・


今回は前々日に予約してから昼食
ぐっさん家で登場している旅館でのランチ
三好屋旅館  



愛知県知多郡南知多町大字大井字眞向51番地
フリーダイヤル:0120-0569-70
TEL:0569-63-0303


ここのランチ、お任せですが前もって予約
するとお値段の割りにとても素晴らしい内容
旅館のしっかりとした料理が出てきます

¥2,160(税込み)/お一人





この日は3名での昼食
大皿の上で時々、ヒレが痙攣している魚は
旬に入ってきたマコガレイ2尾の活け作り
アイナメ塩焼き・エビと魚のフライ・茶碗蒸しなど

3階の客間でのんびりと静かに頂きました
○○○○ひろば・○○○食堂さん他の喧騒とは無縁
料理のレベルも数段上だと感じました

待ち時間も無くてまさに穴場かも知れません



かごやさんの船がまだ戻っていない時間でした  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2015年10月31日

高遠~飯島

思いがけず仲仙寺の長い歴史の中から生まれた
侘び寂び感に触れ、歴史に埋もれる数々の造形を
拝観して感動させて戴いた後、小1時間の移動





高遠城址
桜の時期には渋滞で辿り着くことさえ難儀して
現地に入ってからは人の山だかり
観光バスが何台も連なっていれば致し方ない




菊の展示会は終わったばかり、
本日、10/31~はもみじ祭り
先日はどちらにも外れて静かな城址散策でした

高遠 と言えば桜と・・・え~~~と
饅頭くらいしか思い当たらない?

桜は葉までもがほぼ落ちて枯れ枝状態
饅頭もねぇ~

そんな高遠でこの時期、旬と言えばこれが
あるじゃないですかっ!




新蕎麦
蕎麦好きには嬉しい時期であちらこちらと
東奔西走して香り高き新蕎麦を物色している
通の方もいらっしゃいます

高遠そばはつゆに特色がある
上の画像にある「高遠そば」と書かれた青い
幟の店で食べることができるらしい

壱刻




【 信州そば切りの店 】の看板も掲げられている



注文したおしながきは
【ますらお】そしてとろろ麦飯のセット品
ますらおはざるで頂く蕎麦のフェトチーネ

注文して5分ほど、薬味セットの登場
店員さんから
『 大根の汁に焼き味噌を充分溶いてお待ち下さい
辛味大根・ネギはお好みで 』
と説明があった
別にそばつゆも運ばれた



高遠そばは、麺つゆに辛味大根のおろしと
焼き味噌を 混ぜた「辛つゆ」に麺をつけて食べる
いわゆる「辛汁そば」と言われているらしい



先ず、何も浸けず蕎麦を口に入れて香りを確かめ
次に用意されている塩で頂く

辛つゆにある程度の蕎麦つゆを入れた加減が
美味かった

100%蕎麦の高遠蕎麦ととろろ飯で腹を満たし
向かった先は飯島


道の駅と隣接する大型の和洋菓子店
信州里の果工房 



コーヒーブレークはマロンをふんだんに使った
モンブランとのコラボ




馴染みの林檎直売農園は
大丸屋農園さん  
お問い合わせ先
住所:長野県下伊那郡松川町大島1659
園主:小木曽茂
TEL:0265-36-3093
FAX:0265-36-4922



      




広大な林檎畑の奥には南アルプスの峰々が
連なっている
なんとものんびりとして雄大な景色を味わい
帰途についた




山の神に感謝、感謝!の
のどかな一日でした  


Posted by フィッシャーマントト at 12:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2015年10月30日

伊那 仲仙寺

前日の天気図を見ていて出港は間違いないなどと
決めつけてヤリイカ釣りの準備を滞り無く進めて
いましたが・・・
19時の可否決定時間を待たず、予約を入れていた
船宿から夕方、早々に連絡が入りまさかの出港中止

南知多出港の釣り物も考えましたがやはり風予報は
伊良湖陸上でも10mを越える強風を報じていたので
沖釣りは断念しました

とは言っても内陸の天候は穏やかな予報だったので
老いた両親の足を務める1日に充てた

『 何処に行きたいか? 』との問いに
『 この時期は飯島(長野)に行ってついでに馴染みの
リンゴ農園直売所でリンゴを買いたい 』との返事

穏やかな秋の一日、中央自動車道を使い伊那まで
走って先ずは
みはらしファーム
で休憩がてら情報収集


伊那市観光協会公式HP
情報ではすぐ近くに紅葉も眺められる
古く由緒正しいお寺があるとのこと
車移動3分で駐車場に車を停めて歩き始める


仲仙寺 




山門の間口はこじんまりと収まっているが奥行は
深く石段や坂を登って進む

お堂は十王堂
間口で堂内を覗き込むと閻魔様に睨まれた





途中には芭蕉などが詠んだ句が刻まれた石も
点在していたりして歩いていても飽きさせない

   

観音の  いらか見やりつ  花の雲





馬を手本に交通安全に書かれているありがたい教え
我が心に刻み、自らの交通安全を誓願する


     








本堂には自然と目が留まる物が所狭しと並べられ
ついつい見入ってしまう濃厚さがあった

        

天井からは威勢よく生命感溢れる龍が
下界に向けて睨みを効かせている


            




侘の中から研ぎ澄まされた品格によって産み出された
寂が感じられる
辺りを漂う閑寂な気の中に、ひとつひとつ決して
派出さは無いが長い歴史の積み重ねで奥深い豊かさが
美しさを伴って造形化されているのである

また内容も濃密なので、たかだか県の文化財に
留まっている評価の低さが不思議でならない

NHKBSプレミアムで放送中の
「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~」  
という番組


秋・日本アルプス大縦断
11月14日(土)午後9時放送


          



一筆書きの踏破に挑戦されている田中陽希さんが
撞かれた鐘を私も撞かせて戴いたが深く長く響く
心地良い音でした
番組内でその鐘の音を再び聴くことが出来るかも
知れません


高遠へ続く  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(0)報道・スポーツ・生活・食

2015年10月07日

予報悪くて・・・

秋の夜長、針から巻いて仕掛けまで作って準備万端
ドカットの中身まで戦闘態勢でしたが・・・残念!
昨夕の予報、台風の影響で海況悪く中止です




今年は何かと歯車が噛み合わない感覚が継続中です
ほらね~箪笥の肥やしがまた増えちゃった


  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2015年08月15日

及源 ダッジオーブン

手に入れた 『 及源 キッチンダッジオーブン 』 ご他聞にもれず
大事に梱包してお蔵入り・・・
なんてことはありません
しっかり使っています


私以外の家人は揃って女将の実家へと里帰りしており
昨夜も一人飯



ニンニク・タマネギをオリーブオイルで炒め
さっと洗った米を1合入れてバターを加えて更に炒める





この長めの取っ手スリットがただ単に小洒落たデザイン
ではないことに気が付いた




炒める作業において火加減にもよるが取っ手の先端は
それほど熱くはならず、素手で掴める程度

不意に触っても火傷には至らないだろう
とても良い工夫がなされていたのである




数分炒めた後、具材を加えて強火にしながら軽く
混ぜてブイヨンまたはチキンスープなど50ccを注ぎ
きっちりとした重い蓋で封印



中火で沸騰してから2~3分加熱ののち、庭のハーブを
散らし、弱火にして更に5分加熱して火を止める
火を止めたコンロの上でそのまま7分ほど放置




昨日はチキンスープを使ったシーフード系パエリア
この一品で飲めるし、空きっ腹も充たされるのである





ほぼアサリだけのあっさりアサリパエリア



この一品もかなりいける



材料の刻みからありつけるまで50分ほどで出来る
家の電気釜で白米を炊くだけで70分はありえない!
高い買い物をしたのだから、使い倒さなくては!!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2015年07月15日

戦う気、満々!

自民は戦争 したいのですかね



安倍首相が 『 戦う気、満々! 』 だと感じているのは
私だけでしょうか


忙しくて仕入れには行けていませんが
今朝のウォーキングコース
時々、カブトやクワガタがとまっている『 甲虫の木 』に
目を遣ると居ました



ノコギリクワガタ
小学生の頃、一・二を競うぐらい好きでした
角(大顎)の独特な曲線がなんとも美しい  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2015年06月26日

少年の心

今朝のウォーキング中、コース途中の溜め池に
目をやると水量がかなり減っていてかなりの
面積が干上がっていた

田植えからそれ程の雨が降らなかった為もあり
田んぼへの放水によるものでしょうか

池の縁まで近づくと何やら逃げる気配があった

帰りにまたそっと静かに覗いてみるとそこには
感動がありました

何十年振りかに見るザリガニが穴の出口で
ハサミを構えていたのである

少年の心を残している私はデジカメを取りに
家に帰り、再び溜め池に行ってこの画像を
手に入れたのである




ここまでは我ながら、可愛い感動・・・


さて付近には何やら二枚貝の貝殻がちらほら





大きさ・表面の形状・模様からシジミと推察
池にもシジミって居るのか?と疑問に思う

大アサリ(ウチムラサキガイ)の小ぶりな
大きさに至る貝殻も発見

更に周囲を観察しているとこんな絵が目に入った





これが今朝2つ目の大きな感動


 へぇー、シジミがこんな身近な溜め池に生息しているんだ 





やがて海へと流れ注ぐであろう水で繋がる自然
身近にも力強く、しっかりと自然が息づいている 


後報
この記事へある方から連絡があり指摘がありました
<画像にある小さな貝はシジミの様だがこの大きな方の貝は
ドブ貝と言って、シジミとは違います>
膨らんだ少年の心は急速にしぼんでしまったのである



  


Posted by フィッシャーマントト at 09:12Comments(7)報道・スポーツ・生活・食

2015年06月17日

東京見物 2/2



2日目は柴又 帝釈天から始まった


  

柴又と言えば寅さんくらい
参道に並ぶ店舗は何処も同じ様な物を売っていた

柴又の駅前まで行って寅さんの左足親指に触れてきた
ご利益があるらしい

     

柴又帝釈天から移動した先はお台場
フジテレビ本社の建物は奇抜な建造物

        

お台場でのひとつ目のミッションは昼食
サントリーワールドヘッドクォーターズ敷地内の
サントリー直営店 ここは一押し!!
お台場ではとにかく目線が上へ上へと高くなりがち

地下の隠れ家へ通じる階段は地味で見逃してしまい
そうなこちらから




地下の扉を開けるとそこは異次元

長くて立派な一枚板のカウンターから溢れる高級感
棚に並んだウイスキーのボトル
如何にもバーに来た雰囲気の照明
地下なので窓も無く、外部からの雑踏とも無縁な空間
店内に流れているのはJazz

昼時であることすら忘れてグラスを傾けられそうだった




MALT BAR WHISKYVOICE



     




ウィスキーは頼みませんでしたがお初にこのビールを
頂きました

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

ただうまさだけを追い求めた・・・
少し変わった形状のビアグラスはこのビールを
注ぐ為に造られたグラス
直営店ならではのその専用グラスへの注ぎ方もまた
格別なのかも知れない



泡のキメがとても細かくクリーミィで
間違い無く私が今まで飲んだ中で1番の一杯でした

この洗練された気配が漂う空間で昼食はランチ
魚・肉・丼・ロースカツカレーの4種



この日の肉の献立は 三元豚の炙り焼き 黒酢たれ



魚の献立は さわらの西京焼き



注文はしませんでしたが丼は まぐろ山かけ丼でした
全て食後の コーヒー・紅茶が付いて価格は¥1、200と
リーズナブルでした



ゆっくり食事を摂ってからは次のミッションへと移動
ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場に立っている
実物大ガンダムだけは見ておこうとMALT BAR WHISKYVOICE
から歩くこと十数分






確かに見る価値はある!


お台場での2つのミッションをクリアして満足!
集合時間にも余裕でフジテレビ本社内で散策後
バスはレインボーブリッジを使い次の目的地へ移動

  

明治神宮参拝のあと



東京タワーを見ながら増上寺



バスに別れを告げた場所は東京駅お隣の2013年にオープン
したKITTE(キッテ)
日本郵便が初めて手がける商業施設で、KITTEという
ネーミングは、「切手」と「来て」2つの言葉に掛けてある
らしい

そのKITTE、女性陣が最初に飛び込んだのは



千疋屋フルーツパーラー



   
     
       


甘味で元気も復活したのかは判りませんが・・・
この周辺でのミッションは東京駅の全貌をしっかりと臨むこと

KITTE6階の屋上庭園からの東京駅






丸ビル5階外部テラスへは工事の関係からか立ち入ることが
出来ず、更に新丸ビルへ移動して新丸ビル7階テラスから
いい角度でまるでジオラマのように電車・車・人が往来する
東京駅に暫し見入っていました





東京駅の眺望も堪能して最後のミッションもクリア!
あとは新幹線で食べる弁当の調達です

KITTE地下にある
伊達の牛たん本舗 KITTE グランシェ店   
まで戻って厚切り芯たん弁当(塩)をゲット



横の液体はww
東京都野崎酒造の『喜正』
喜正 夷鯛 純米酒
ラベルの鯛に釣られて買っちゃいましたが私には少々
甘かった



新幹線内でゆっくりと弁当を頂き、東京が遠ざかるに連れて
翌日からの仕事という現実に引き戻されていったのである



  


Posted by フィッシャーマントト at 09:40Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2015年06月16日

東京見物 1/2

女将が計画してくれた
 東京だよ!おっかさんの旅 
当のおっかさんが残念ながら持病が出てしまい
急遽、身内よりピンチヒッターをお願いしての
東京見物となってしまいました



申し込んだツアーは1泊2日、型通りのおのぼりツアー
少々年輩向けの感は否めません

皇居周辺から国会辺りはバスで走行しながら
車窓からの見学とガイドさんからの説明とお話




浅草は下車して1時間
雷門から浅草寺




仲見世通りでは禁止されている食べ歩きですが
ついつい食べ歩きになってしまいます

老舗 木村屋本店  昔ながらの せんべい




芋羊羹で有名な 舟和 芋羊羹ソフトクリーム
さつまいもの風味と甘味も感じた

      


花月堂 ジャンボメロンパン
焼きたてはほんわかで表面がサクサク





      


浅草からバスに乗ってスカイツリーヘ




機内が四季をイメージされた4機のエレベータ
冬が調整中で動いてはいなかったが
滑らかかつ秒速10mのスピードは速い




上野アメヤ横丁
NHKあまちゃんでもロケに使われたセンタービル

      

地下に潜ると実にイロイロ!!!



売られていましたwww





巣鴨とげぬき地蔵にもお参りしてからは銀座に
移動して散策

歌舞伎座



歌舞伎と言えば色的に永谷園?



なんと!
永谷園の看板が歌舞伎座の真正面にあった



少し歩いての夕食は
すしざんまいの暖簾をくぐったのですが



期待を裏切られた内容でした、残念!






想い返せば夕食のクオリティを考えると昼間頂いた
上野アメヤ横丁隣の立飲み屋の内容が良かったこと!



呑める魚屋 魚草 (山手線ガード下)



取り敢えずビール!

      

鱈の白子 ポン酢




塩辛




超辛口 鶴齢 冷酒

      

雲丹・真牡蠣・岩牡蠣・帆立貝・・・全部安っ!

      

殻いっぱいのプリップリ



ほろ酔いの一歩先までいっちゃって
2千円でお釣りがきちゃったのである



続く・・・


  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食