› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 報道・スポーツ・生活・食

2018年06月01日

ザリガニ




上野 アメ横センタービル地下









生鮮食料品店にいろいろ並んでいました





おぉぉぉぉ~!





ザリガニ!?
アメリカザリガニと思われる
@750/100g
こんな高く取引されているのか!
ビックリである


北海道ではウチダザリガニという
国の特定外来生物に指定されている
ザリガニが生息しているようです

昔、食用に放流されて増え過ぎて
しまい、現在は駆除の対象となった
悲しい生き物の仲間ですね

ウチダザリガニは塩茹でにして食す
のが一番美味しいという
味はエビとカニの中間でミソが特に
旨いらしい

アメリカザリガニは主に背ワタを取り
除いた尾の部分を食べるらしい

こんなに流通価格が高いなら近くの
池のザリガニ生息調査に行ってくると
致しましよう  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(5)報道・スポーツ・生活・食

2018年05月29日

おのぼり御一行 2

5/27は8:30に半蔵門の宿を出発

情報によるとスカイツリーは6年が経過して
当時ほど並んで待たなくても入場出来る
らしいとのこと

行ってみて30分以上並ぶようでしたら
諦めて浅草に移動すればいいだろうという
作戦でメトロを使い押上駅に向かった


情報通り、チケット購入に5分少々掛かり
エレベーター前で10分足らず待ったら
扉が開いた





扉が閉まるとあっと言う間に展望デッキに
到着





のんびりと一周してパノラマを愉しみ





隅田川の対岸にある浅草は浅草寺に
移動しました

この日はあいにく雲がとれてしまっていて
日差しが強く、暑かった
浅草寺はとても混雑していて、雑踏をかき
分けながら歩いた





本堂に辿り着いて参拝を終えたら休憩です


めろんぱんで有名な花月堂の裏技
店舗到着時には既に長蛇の列が出来ていた

この列に並んで買うとその辺りでの路地で
食べることになる





店舗横に階段があって上ると和室の客室
こちらの客室には客は皆無
こちらで飲み物とともにジャンボめろんぱんや
バニラ・抹茶のアイスジャンボめろんぱん他が
畳の上で座って頂けるのである

焼きたてのめろんぱんに抹茶アイスのソフト
クリームが挟まれたコラボは芸術的だった





ひとしきり休んで次の目的地へと向かう
ホッピー通りは東京昼呑み聖地のひとつ
ちょっと座ってゴクリとやりたいところであるが
自重して歩を進めた

再び、メトロで上野に移動して
アメ横センタービル に向かう





山手線の高架の反対側に目的地がある
こちらも東京昼呑み聖地のひとつ
カドクラ 




大統領 




どちらも非常に安価で昼間っからグビグビ
いけちゃう嬉しくてヤバイお店である





トト庵以外でアジのなめろうを頂くのは
何年ぶりだろうか・・・




あっと言う間に2時間が過ぎてしまい
楽しい嬉しい昼呑み聖地での時間を
強制終了

両親が折角なので見ておきたいという
西郷さんの銅像を探索しました





帰りの東京発のぞみの時間は18:20
メトロ24時間券は失効していたのでJRで
東京駅に移動して新丸ビルの7階へ上がる

正面方向から東京駅丸の内側を見下ろす
ことが出来るポイントです





お茶とケーキを頂いて更に東京駅横の
キッテ6階に移動
屋上庭園 KITTEガーデン から
東京駅の横顔を眺められるスポットです






駅構内へ繋がる線路を往き来する様々な
列車も見ることが出来てまさに精巧な
出来のジオラマである





上部を常盤グリーン、下部を飛雲ホワイト
その境目となる中央にはやてピンク
東北新幹線の車両でしょう





飛び乗って更に新しい旅に出たい思い
でしたが現実に引き戻され、新大阪行きの
車両に乗って目を閉じたのである  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2018年05月28日

おのぼり御一行 1

5/26(土)は早朝より移動
7:05のぞみに乗って
おのぼり御一行




東京駅に到着後、1時間ほど周辺散策





10時からツアーに組込まれていた約3時間の
はとバスツアーに参加しました





ツアーの内容はガイドさんの説明を聞き
ながら車窓より皇居の周辺を眺めるコース
そのあと、国会見学から靖国神社参拝


国会周辺は午後より大規模なデモが数種
予定されているらしく、警備が物々しかった
・安倍総理の蕎麦問題(盛り?掛け?)
・麻生財務相の暴言と開き直り問題
・憲法9条改憲問題
・沖縄の米軍問題
・自民党の強制採決手法


よくもこれだけの警察官を動員できるものか
と驚きました

15~30人程度で構成された一群が数十m
くらいの間隔で配置され、各々バリケード等
組立てながら準備されていました

沢山の警察関係者を配置するための灰色
バスがはとバス並みに列をなしてとても異様な
光景でした

おかげで通常は国会横で移動のバスに乗る
予定が遠くの駐車場まで歩かされる羽目に
なりました

なんでも総勢1万人を超える予定のデモに
なるらしいとのこと
愛知に住む私達の耳には入らないニュース
この種のニュースや情報を敢えて流さないように
しているのでしょうか
何か意図的なものさえ感じました





靖国神社には初めての参拝

父が言った
ここに来られるとは思ってもみなかった
一緒に行った父がとても感慨深い様子でした



父の二人の兄がサイパンなどに出征して戦死
しており、戦没者を追悼するにあたっては
靖国神社は特別の位置付けにあると聞いた



靖国神社参拝のあと東京駅に戻って解散
空腹感が増す中、メトロ24時間券を使って
向かったのは築地




昨年は移転もあって、もう築地に来ることは
ないだろいうと後にしましたがまた来られました

薄曇りで暑くもなく寒くもなく、時折通り過ぎる
風が心地よくて散策にはもってこい

となると人出は当然多くなりますね
場外の手前寄り半分は滅茶混みでした





2軒ほどの寿司屋さんに目星を付けておき
ましたが、その店先でおしながきを確認して
入った寿司屋さんは結局、去年入ったお店
つきじ すし富




去年と同じような注文で同じような感動を
得られました





取敢えず空腹感を解消させたあと
波除神社
こちらへの参拝は外せません





そう言えばこの1年酷い大きな波には遭って
いないなぁ
などと想いおこしてお守り購入です





次回からは市場が豊洲に移転してしまい
こちらにはもう来られないかも知れませんね


その後、のんびりと四ッ谷へ向かい
宿泊は日本のバッキンガム宮殿
迎賓館赤坂離宮・・・





・・・ではなくて、半蔵門の英国大使館





でもなく
大使館裏の小綺麗な安宿でございました

  


Posted by フィッシャーマントト at 12:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2018年05月06日

御前崎 紀行茶屋




去年の記事 父の傘寿 にてご紹介しました
御前崎 磯亭さんの他に御前崎でもう1軒
入ってみたい食事処にやっと行けました


御前崎灯台下の無料駐車場に駐車
歩いて目指すは画像いちばん右の建物です





少しだけ急な階段にゆっくりと歩を進めるに
したがって、見下ろす景観が少しずつ広がり
吹き抜ける西風が果てしなく続く風波の紋様を
力強く描いていた





登りきると左側に灯台、右側が駐車場





御前崎 紀行茶屋 さんは駐車場の海側
小じんまりした建物の海側が畳の食堂と
なっており、座卓が並んでいた

11時に店に入ったが既に先客が6組
座卓に座られていた

一番奥の座卓に座り、品定めして注文

スタッフさんが少なくて時間が掛かる旨
予め聞かされて了承済





旧い双眼鏡が置いてあったので覗いてみた





遠くを通る貨物船が西風に向かって進む
昨日の御前崎沖、乗っていたら酷かったろう

海の景色を眺めていると注文した御品が
運ばれてきた

私は刺身定食






女将が煮魚定食
煮魚は金目鯛と先に確認済み



煮魚はテカリ具合の通り、甘めの味付
魚が魚だけに不味いはずはありません

御品+景観の価格なり
ということで納得

折角なので200円で灯台に上ってきました





雲ひとつ無い空でしたが強風でゆっくりは
出来ず、退散してまいりました


クーラーにはしっかり凍ったペットボトルが
2本と準備は万端
今回はなぶら市場では無くて、灯台に近い
魚屋さんに寄ってまいりました
御前崎 福泉  





魚を買うのならこちらの方が量・質・回転的に
みても良さそうでした

生の鰹が沢山並んでいました
一本物を買おうか迷いましたが帰りの渋滞が
よめず、捌かれた腹身を2つ購入





のんびりと眺めの良い浜名バイパスなどの
下道を使い、音羽蒲郡から高速に乗ったが
岡崎から渋滞
この渋滞を避けて岡崎からまた下道を走って
まいりました

それでも17時に帰宅出来たので、早速厨房に
立ちました







最後に頂いた鰹のたたきが一番美味しかった  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2018年04月22日

舞阪漁港 えんばい朝市

昨日05:20
絶好の釣り日和でした



福田港岸壁で海豊丸より謎のブツを
受け取り、一路舞阪港へ向かった

4月から7月までの第3土曜日に
舞阪漁港で開催されるえんばい朝市
行ってきました

舞阪漁港 (浜松市西区舞阪町舞阪)
今後の開催予定日 (午前7時~10時 )
5月19日(土)
6月16日(土)
7月21日(土)

6:40 舞阪港到着
生シラス販売の整理券が渡されるとの
ことで、既に長い行列が海沿いに伸びて
いた

真っすぐ列の最後尾に向けて速足で歩く
角を曲がって吃驚!列の最後尾が確認
出来ず、延々と続いていたのである
やっと最後尾に並ぶ



対岸に開催される会場が眺められる
一体何番目だろうか?
こんな後ろまで生シラスの分け前が
あるのだろうか?




7時頃に列が動き始め、比較的ストレスを
感じない程度に歩を進め



会場に辿り着いて
整理券を受け取りました



808番目の整理券でした

会場内には特設の店が並び大盛況
マグロのタタキ販売の列が間近にあったので
並んでみた

20分ほど並んで、残り20名ほどの時点で
衝撃の売り切れ宣言!!

気を取り直して他の販売ブースを回る





海産加工品
鮮魚
野菜
果物

一般市場より何割か安い気がしました

空腹もあってはんぺんやコロッケを
ちょくちょく、一枚づつ摘まみながら




結局4枚のはんぺんとコロッケ




焼餅入りの生海苔の吸い物を頂き
朝食としました


メインイベントは会場の岸壁に横着けする
シラス曳き漁船の水揚げです





最初の船が8時ころ着岸し水揚げと
パック詰め作業に20分ほどかかります




販売は整理券50枚ごとに呼ばれます
最初は番号1~50番が呼ばれ
次に51番~100番という具合
808番はずっと先

それでも販売ブースを物色しながら摘まみ
食いなどをしているとそこそこ退屈せずに
過ごすことはできました

一漕の船の水揚げが10ケースほど
整理券400~450の整理券がはける
ようでした

私の808番を含む800~850番が
呼ばれたのが9時20分過ぎ
意外と早く順番が回った印象でした




23号バイパスを使って帰宅して
早速、生姜を下して醤油をぶっかけ
プッシュー!
暑かったので焼酎のロックでも生シラスを
堪能、知らぬ間に気を失ってました

生シラスファンには堪らない新鮮さである
是非、小さめのクーラーを持って行かれたし!
氷は販売所の脇で無料で配られてました

今切前から漁場になる二漕曳きで獲れた
美味しい風物詩はまだハシリで小さく苦みも
無かったです

シラス漁の状況がとても解る加工業者さんの
ブログを載せておきますのでお出かけの際は
情報を確認できます
舞阪しらす親分一家

遠州灘の豊かな海に沸く小さな小さな宝石
そして
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 21:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2018年04月15日

いかんがねぇー!

 いかんがねぇー! 

昨日、画像を撮ったデジカメを船内の
キャビンに忘れてきてしまいました







ドジな仕入れ人のおかげで仕入日記は
後日となります  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2018年01月29日

1/28 鮮魚部仕入れ?

昨日は久々に爺さん婆さんのお守りでした





先ずは鮮魚部の仕入れ?
師崎朝市で海産物の物色
何故か白菜・きゅうりの野菜とわかめを調達





師崎到着時の気温が4℃と寒いので人出も
今一つだったろうか



羽豆岬先端に移動して駐車場に駐車
大き目の乗合船に乗る




名鉄観光船
日間賀島 島らんち 
というリーズナブルなプランがあった
師崎-日間賀島の往復乗船料金と島のランチが
セットで @2,200_
9店舗のお店からお好みのお店を選べばよい




お馴染みのモニュメント
西港下船なので 【にっしー】 がお出迎え
東港には 【がっしー】 がいる

少々時間が早過ぎてしまい11:30の開店まで
時間つぶしとなってしまった

選んだ食事処は御やど 乙姫 の1階にある
お食事処 桂三
船を降りた目の前の建物


桂三で出された乗船券とセットのランチは
こちら



エビ・タコ・野菜などのかき揚げ
茹でタコ、ワカメの味噌汁などなど






別料金で追加したのはこの時期限定
ふぐさし



この時期の日間賀島、福は頂いておきたい




次の師崎往きの出船時間にかなりの余裕
多幸・福をゆっくりと時間を掛けてたいらげ
目の前の乗り場に向かう

師崎に到着したらちょうどのタイミングで
左義長祭りのクライマックス

大漁祈願をかけた大のぼりに火が着けられて
焼かれるシーンが見られた




その後、餅投げが始まるというので、急遽
参加しに歩いて行くと随分久々、松下の大将と
女将さんにお会い出来ました

随分、お暇してすいませんがまたお願いします
とご挨拶、お二人ともお元気そうで何よりでした





餅投げなんて40年以上のおいとまでしょうか
4人での獲物はまずまずでしょうか

爺さん・婆さん
福と多幸を食べさせたのでまだ長生きしてくれるの
でしょうか  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2018年01月01日

2018 祈!爆釣

どちら様も良い年にしてください





旧年中はお付き合い戴きまして、ありがとうございました

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年11月13日

秋の奈良

先ずは京都でご先祖様の骨が収められている
京都円山公園脇の 大谷祖廟 でお参り






ご先祖様、随分のおいとまですいませんでした

神妙に合掌して心の中で、日々生かされている
ことに感謝、感謝!

お参りを終えて
高台寺前の小径を次の目的地へと歩を進める
折角、駐車したのだから近い場所の中から一ヶ所
でも観て回ろうということで次の目的地は
八坂庚申堂
くくり猿という独特な願掛けがある







ここが例のインスタ映えするとのことで最近
特に脚光を浴びているスポットらしい

確かにカラフルで写真映えするが生憎雲で
光が遮られて画像的には今一、晴れてきたら
かなり色彩も極まったに違いない


高台寺前の雑踏でお抹茶だけして車にもどり
ナビに奈良公園を設定して走った


次の目的は興福寺
仮講堂にて11/19まで天平乾漆群像展が
開催されていて、その中で阿修羅像他国宝級の
仏像を拝観できた






特に阿修羅像、やはり何か荘厳なオーラを感じた






共通券で東金堂も一通り観たあとは歩いて
東大寺へ向かう





金剛力士立像
阿形像






吽形像





随所にぼちぼち彩付いた紅葉も点在して
いて歩きながら眺められた






大仏さんにお会いしたのは中学以来か?






もうお会いできないかも知れませんねー





大仏さんをひと廻りして柱くぐり
メタボな我が腹をさすって挑戦するのを自重
しました





鹿の糞を避けながら、東大寺を回り終えた
ここまで相当歩いてきて甘い物でもと
向かったのは 天極堂奈良本店
『 てんごく 』 と読まず
『 てんぎょく 』 と読むらしい






折角足を伸ばして参りましたので、ほんまもんの
葛を食べるべく、私は吉野本葛を使用した葛切り






冷えた葛のフェトチーネに何とも深みのある
芳醇な黒蜜をたっぷり含ませて頂く



連れは出来立てで暖かい葛餅






やはりほんまもんはちゃいます!

そしてこの店舗の2階から眺めた公孫樹の
黄葉が最高でした






ほんまもんの甘味を味わって元気を補給し
あとひと頑張り
奈良駅周辺まで歩いてお土産の物色です


イケチャンさんのブログ にてご紹介された
楽しみにしていた 【蘇】 には巡り遭えず

ここにあるとあらかじめ調べておいた
JAの奈良アンテナショップまで歩いた
のですが残念でした

今西本店の純正奈良漬





瓜で3年以上、胡瓜は6年、西瓜は5年と
漬け、その間5回、6回と清酒粕のみで
漬けかえ、漬けかえる事により塩分と
水分を抜く昔ながらの製法をかたくなに
守っているらしい

中には18年物もありましたが金額に手が
届くわけも無く、一番お安い物を購入した

飲食店はどこも満員、遅い昼食を待たされ
そそくさと摂って奈良を離れました

帰りは名阪国道は良い流れに乗って順調
東名阪合流地点からは例によって地獄の
大渋滞に嵌ってまいりました  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年10月02日

初秋の広島

広島に行ってきました
活気があって目に映る赤が多かった





広島駅でのぞみから山陽本線の電車に乗換
宮島口駅に移動





宮島口駅前は穴子丼やお好み焼きの名店が
並んでいて食い気が煽られるがそのまま
JR連絡船に乗って宮島に渡る

表参道を歩き、先ずは牡蠣








生がきを存分噛みしめまったりとした口の中を
泡の立った液体で洗い流す




至福の時間である

すぐにジョッキの中は干潮を迎え
芋焼酎のロックに移行





胃の中に飯を入れるのが勿体ない
穴子丼飯抜きの穴子の蒲焼

焼がきが運ばれて





生とは違った香りと歯応えをアテにする





この店はとても良い店だと感じた
おしながきには一皿4個の生がき、そして
一皿4個の焼がきと記されているが
生がきは5個、焼きがきはなんと9個の
身が乗せられていたのである

焼がきのはやし



この店のテーブルに置いてあった調味料
のひとつであるが
瀬戸内レモン農園 レモスコ と遭遇

タバスコのパロディ商品かと思ったが
侮ってはいけない

未知の調味料だが生がきに垂らすと実に美味しい
焼がきにも合った
湯豆腐等ポン酢で食べる物には全て合いそうだし
パスタなどの洋食にもいける
トト庵の常備調味料に決定!

広島はカープだけではなくて、レモンの
収穫量が日本一らしく国産の60%以上が生産
されているという

貴重な国産レモンは海外産、輸入などに使われる
防カビ材などが使われていないので安心
無着色・無香料・保存料未使用とのこと


釣りには行けてないが
ストラップでも買って頼りにするか




厳島神社を参拝し、沢山の鹿を見て
ロープウェイに乗って弥山獅子岩展望台から
瀬戸内海を望み時間をつぶした





その後、夜の厳島クルーズ船に乗り込み
船での大鳥居くぐり




潮の流れもかなり緩そう
しまった!私としたことが・・・竿、忘れて来ちゃいました 
雰囲気は夜メバルって感じでした


平和公園近くの宿にてチェックインを済ませ
夕食はお好み焼き




広島のお好み焼きにはそば麺らしき麺が
入っているんですね


翌日は雲一つ無し!絶好の釣り日和だったが
ここだけは見て何かしら感じておかなきゃ
いけません




北朝鮮問題は今も一触即発
党と総理自らの都合だけで国会を解散させてる
ひまがあるのでしょうか
安倍政権、身勝手の極致

政治も刻一刻と混沌としてきました
何か間違いでもあってミサイルの飛び交う
世の中にならなければいいと切に願います




平和公園近くの商店街で頂いた牡蠣フライ
広島で食べた牡蠣の料理には美味しくない
ものなど無かった





帰路、早目に広島駅まで移動しておいて
地元で有名な呑兵衛が気楽に呑める店
源蔵本店 




旅の締めくくりは刺し盛りと芋ロック
初秋の広島は実に旨かった  


Posted by フィッシャーマントト at 15:30Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年05月06日

花桃まつり のち 蕎麦




南信州は阿智村 花桃の里 
月川温泉郷 花桃まつり
昨日、行けました
去年は行けなかったので2年振りでした





1922年にドイツミュンヘンから持ち込まれた
3本の苗から派生して沢山の方々の努力で
こんなにも華やかな景観を作り出されている
と聞く






8:40 園原インターチェンジから中央道を出て
8:45 月川温泉に到着
駐車は上流の智里グラウンドが仮設駐車場に
なっていて、¥500で終日駐車可能






天候は快晴、朝の新鮮な光を受けて輝くほぼ
満開の花々が赤・白・ピンク・混合種のグラデ
ーションを織り成し、堤防沿いに延々と遠くまで
伸びている景観は見事でとても飽きることはない


そう、昨日は5月5日 端午の節句でした
川の上空は抜けるような五月晴れ、程よく流れる
風に身を任せて気持ち良さげに鯉も泳いでいた






本谷川の神橋とその上流の名も無き橋を渡り
花を満喫しつつ、ゆっくり1周して車に戻ると
時刻は10:15






車に乗り込み256号線から左折するとそこは
花桃街道
花桃が何本かまとまって花を付けているスポットが
点在している

清内路トンネルまで峠を登り標高を上げると
まだ咲き始めた花桃、散り始めている桜・満開の
つつじ・雪柳が点々とあって楽しめる

256号線を25Kmほど走ると旧中山道と交差する
宿場町妻籠である





その先の左手、妻籠駐車場をさらに通り越すと
橋があるが橋を渡ってすぐの小道を左に入り
狭い田舎道を200mほど進むと次の目的地に至る





妻籠宿 山家料理 音吉


11時開店、到着は10:45
既に駐車場には6台の車が駐車されていた
店先に記名板があったので名前と人数を記入
7組目だった

11時に開店して順次、案内される
11:15に呼ばれ、暖簾をくぐり抜けて席に着けた

おしながきに目を遣ると、いろいろ目移りしますが
昨日はそばに決めていましたので4人でざるを
4枚と






山菜天ぷら



5種類ほど説明があって聞き慣れない山菜が
多かったがそれぞれ風味と食感の違いを楽しめた

たらの芽・筍他、山菜はご主人が毎朝4:30から
山に入って採ってきたものを使われていると聞く


たらの芽天ぷら



天ぷらの材料は全て天然採れたてなので
食べていて何となく力強い生命力を頂いて
いるように感じた
天ぷら2皿を4人で分けても充分なボリューム

昼食は4人でしめて¥6、000からお釣りも
あって満腹満足


近くの妻籠宿や馬籠宿散策は腹ごなしに
もってこい
腹ごなしの筈の散策が食べ歩きになっちゃった
方も居ましたが・・・

新緑も萌え出ずるこの春のコースは毎年恒例に
してもいいかも知れません  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年05月01日

高山祭屋台の総曳き揃え

4/29 つりはつりでも高山まつり
高山祭屋台の総曳き揃え  
に行ってきました





平成28年12月に、高山祭の屋台行事を
含む全国の「山・鉾・屋台行事」33件が
ユネスコの無形文化遺産に登録された

高山祭は、基本的に年2回の開催
4/14日・15は春の高山祭(山王祭)
10/9・10は秋の高山祭(八幡祭)
春と秋では違った屋台の曳き回しが観られる
春と秋の両方を観ないと全ての屋台を
観ることが出来ず、天候によっては中止
されてしまう

一昨日から昨日に掛けてユネスコ登録を
記念し、春の祭屋台12台と秋の祭屋台
11台の計23台が55年ぶりに同じ場所に
曳き揃えられるイベントがあった

高山陣屋前の交差点に8:50に到着
9時からの開会式セレモニーから獅子舞と
闘鶏楽も観られた
そして10時から目当てのからくり実演が始まった








春のからくり屋台3台と秋のからくり屋台1台が
同じ日に同じ場所で観覧できるチャンスはとても
希少なので楽しみにしていました









午前10時から始まったからくり屋台の実演
三番叟(春)のからくり実演
石橋台(春)のからくり実演
龍神台(春)のからくり実演
布袋台(秋)のからくり実演









気象悪化の予報があって各屋台実演間の空き
時間が省略され、順次滞り無く実演された
ことがかえって都合が良く、その後の時間も
有効に使用できました







願っても無い4屋台のからくり実演を堪能して
中橋を渡り他の屋台の曳き揃えを順に観て
歩いた








旧い街並みとともにすべての屋台を観終わると
時間は13時

空腹を満たしてくれたのは甚五郎ラーメン安川店
40分程度行列に参加するうちに雨が落ちてきた

注文したのは甚五郎ラーメン(画像はありませんが)
昔ながらの中華そばで高山ラーメン特有の細麺に
醤油系あっさり味だがよくだしの効いたスープが
絡んでいてチャーシューが少し厚目なのが嬉しかった
ラーメンを食べて店を出ると雨が止んでいた







その後、街並み散策と称して飛騨牛串焼きなどの
食べ歩きをだらだらとしながら車に戻ってドライブ
点在する数本の桜銘木巡り
場所によって満開から散り始めの状況

こちらは国の天然記念物であるエドヒガンザクラ
臥龍桜(飛騨一ノ宮駅)





樹齢1100年の枝に見事に花を付けている老木で
しばし花見と洒落込む





陽が暮れて市街に戻り、食事を摂った後は夜の
屋台曳き回しを鑑賞です

春と秋の高山祭屋台全23台がそれぞれ提灯を
灯して街中を曳き回っていた







濃縮された高山祭を短時間で堪能出来、有意義かつ
貴重な春の一日になりました
このつりは予想通り、ヒトデが多かった  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月24日

原木椎茸 被害

予定では今年の秋くらいからの収穫が
見込まれるほだ木の原木椎茸

これまでフライイング気味に出た椎茸が
10個ほどあって干し椎茸にして使用

ところがここへきて気温の上昇とともに
憎っくきナメクジに良いように喰われて
しまって悲惨!

  


なにかしら手を打たないと・・・
農薬なんて使いたいとは思わないが
1匹毎の捕殺も無理だし

原木椎茸の栽培農家さんはどう対処して
いるのだろう?

・・・ちょっと調べてみるか






30分ほど走った山道沿いを歩くと蕨が顔を
出していて、1時間あまりでこれくらいの
おしたし3回分の収穫がありました

毎年美味しく戴いている旬
今日は山からの獲物にも感謝、感謝!です
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月21日

ワカコ酒 season3

そうそう!
season2の放映が終わってしまい
特に楽しみな番組も無かったのですが
待望の
ワカコ酒 season3
が始まっています




(^3^) ぷしゅ~~~♪



毎週金曜日(今晩)11:30
BSジャパン7

今日は海老の天婦羅でも買って帰ろっかな~♪   


Posted by フィッシャーマントト at 18:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月04日

築地 波除神社

築地 波除稲荷神社 

「災難を除き、波を乗り切る」
波除稲荷神社として、災難除・厄除
商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が
厚いらしいが私は単純に乗った船が
大きな波を除けて快適な釣りが出来る様
願を掛けてお参りしました




入って左右両側で睨みを効かせている獅子頭
神社入口に鎮座する狛犬の代わりかと思ったが
違うようだ



風を従える虎・雲を従える龍、風雲双方をも
ひれ伏すのが獅子とされ、奉られているらしい

この神社にはとても印象的な物が有った
古くからは江戸、そして今や日本の食の中心
である築地
その和の食に対する畏敬と感謝が現れた
証し、それぞれに供養の想いが籠められた
塚が敷地内に建立されていた

玉子塚



 すし塚
 


  海老塚
  


   鮟鱇塚
   


    活魚塚
    


特に興味深かったのはこちらである
     昆布塚
     

主役の食材では無く、脇役に位置付けられる
かも判りませんがこの昆布の存在が無ければ
和食の大部分は成立し得なかったのかも
知れない

御本社に深く思いを込めて願掛けしたので
波はもう大丈夫



おあとは仕入れ人の 腕次第 
思う存分、釣り放題!
であるが
そうは問屋が卸さない!   
ってところが仕入れの難しさでしょうか  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2017年04月03日

築地 すし富

ちょいと寿司でも・・・と向かったのは
築地 すし富本店 

築地 仲卸の鈴富さんが出している寿司店らしい



カウンターに座った瞬間に心動かされる




大きな釣針、漁師がマグロはえ縄に使う針だろうか
リング付きのホタ針の上に箸が横たわっていた


同行者が注文した御料理はどんぶり
海鮮丼 築地 






ネタの種類・量も充分で、見た目も美しい散らし
宝石箱 





もう一人の連れと私が注文した
にぎり店長おまかせ 




それぞれ味噌汁も付いてくる


にぎり店長おまかせ を頼んだ客には
最後にカウンターショーケース内のネタから
好みの寿司を1巻握って頂ける趣向があった
連れはトロ、私はアワビを注文





早川光 氏になった気分


間口は狭いが、味わいはとても深く
出向いた甲斐がありました




移転問題で大揺れに揺れていても決して
ブレない和食の大道、寿司と
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食

2017年02月12日

父の傘寿

第一級西高東低の大時化
週初よりの予報でもとても海に出て糸など
垂らす状況ではなさそうだった

トト庵女将が計画してくれたプランがあった
まさに80歳を迎えた父の傘寿の祝いをとの
ありがたい提案に潔く釣りを諦めて乗った
のである


朝一は新東名を利用して静岡県に入り
周智郡森町にある 小国神社 に参拝
80歳になる父を筆頭に生きていること
生かされていることに感謝、感謝!






私がねじ込んだのは御前崎での昼食
僅かではありますが今まで御前崎まで足を
運びながら蓄積した食事処の情報により
一度は食べてみたい食事処が2軒あった

釣果が有っても無くても釣船の下船から
昼食に立ち寄る余裕など無くて御前崎に
釣に行っても食べられなかった




そのうちの一軒に入った
磯亭さん



刺身定食
刺身の鮮度は間違いないし
炙りなど手が加えられたネタも嬉しい
何にしても一切れ毎が立派で種類も有り
鮮魚好きには堪えられない







この店で外せないおしながきとのウワサは
煮魚定食(きんめだい)
伊豆の先端辺りでは当たり前に出てくるで
あろうが、私の住んでいる場所ではなかなか
お目に掛かれないし、あってもこちらの目玉が
飛び出るくらいに高価になる




一同、胃も舌も満足
車で3分移動してなぶら市場



早速、女将が今自分が食べたきんめの値段を
確かめていた




その後、150号をひたすら西進
井伊直虎のゆかりもある中田島砂丘に寄って
砂嵐が舞う海岸付近まで歩き風紋の変化を
観察した



小腹もすいていないうちに到着した浜松餃子の
お店はG1餃子王グランプリ受賞店
浜松餃子 初代しげ さん



にんにくの利いた方の餃子を16個注文した



表が揚げ気味のカリッとした食感
浜松餃子の特色である野菜の甘味を感じる




この店でも外せないおしながきを女将が
見過ごすはずはなく、注文!
杏仁豆腐 である




口に運ぶとクリームチーズを口にした食感
今までの寒天的な舌触りでは無い
味わうに連れて本来の杏仁の風味が滲み出た
今まで食べていた杏仁豆腐のイメージ全壊の
新食感で美味しい杏仁豆腐だった


大河ドラマ井伊直虎ゆかりの場所に立寄った
気賀の関所




大河ドラマ館




庭が良かった 龍潭寺




奥浜名湖を廻って




私と同じだけ歩き、食べられれば父はまだ当分
生かされるのかも知れない


帰路に就くと段々と空が暗い鉛色に変わって
気温も低下、雪花が舞いはじめる
静岡は暖かかった  


Posted by フィッシャーマントト at 10:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2016年08月06日

凄い モンスターボール

今朝、落ちていたハイパーボールより凄い
モンスターボール




じゃ無くて
やっと色付いて熟成し、自然落果した
今期初のパッションフルーツの実でした




今年は苗の入手が目論んでいた時期よりも
3週間遅れたために、収穫が危ぶまれていたが
なんとか去年並みの収穫が見込まれる



次はこの実が色付いてきていて




毎朝の楽しみが ひとつ出来ました

  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食

2016年06月15日

オリオンビール頂きました

沖縄・石垣島のお土産を頂きました
オリオンビール
夏季限定醸造 夏いちばん 
麦芽100% アロマホップ100%



気分を夏にして、ゴチになります!
にふぇーでーびる~~~!ありがとうございます  
ってことで
拙い沖縄料理、作っちゃいました



ゴーヤちゃんぷる



らふてぃ





久々に琉球ガラスのグラスも登場
らふてぃを作るために買った琉球泡盛もロックで
いっちゃいました




これで三線の音色でも流れてきたら最高です
いふぃぐゎー呑み過ぎてもなんくるないさ
ちょっとくらい   気にしない気にしない 
お土産、くゎっちーさびたん ご馳走様でした     
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)報道・スポーツ・生活・食

2016年04月17日

熊本 大分 群発地震

被害に遭われている方々に
お見舞い申し上げます



いつもは海況・天候・風の推測をする材料
として気象庁の気象に関するホームページを
使っています
九州熊本の大きな地震が群発発生してからは
地震警報のページも気掛かりで見ている






震源に関する情報ページによると
震度3以上の統計だが日暮れから夜明けまで
昨夜19時以降~今朝6時までの間、実に
24回発生している
小さな揺れも続いていると推察すると体感的に
絶えず揺れていると感じるかもしれない
これではとても眠るに眠れないとお察しする

自宅から離れ、不自由極まりない避難所に
おられる方々の精神状態はとても尋常冷静とは
いかないだろうが、そこはなんとか耐えて
命を大事に生を守り抜いて戴きたいと願います


非力ではありますがコンビニのカウンター横
特設の今回の地震被害を対象とした募金箱に
釣り銭を投入することにしています  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)報道・スポーツ・生活・食