› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 大王崎 政辰丸

2015年12月31日

12/30鮮魚部仕入れ

今年最後の仕入れは昨日、きんべえサンと大王崎まで
赤鬼退治 


乗せて戴いたのは
大王崎 政辰丸 さんでした 






指定された右舷トモの釣座に座り、背後の方にご挨拶 !?
アレマ~!  
なんと先回片名から出た松新丸のアカムツでご一緒された
古希の爺様ではないか?


偶然とは有るもので、今回は
イケメンの お孫さん を連れて
やって来たとのお話でした
お孫さんをも釣れ回す辺りは相当、釣り好きの爺様だと関心
したり、呆れたり・・・


6:30を前に準備完了、岸を離れる
港では風が無かったが空気は冷たい
途中、遠くに見えたのは富士山





背後の爺様曰く
この辺りから富士山が見えると強い風になって海面も
大荒れになるなどろくなことにならない
とのお話、爺様の経験から来るありがたいお話だ


小一時間ほど走っていきなりのエンジンスロー






やってください
とのアナウンスから仕掛連結とエサ付け



エサは政辰丸さん特製のカツオのハラモ
これが滅茶苦茶臭い
確実に醗酵していると思われる


PE:ダイニーマブラック 4号
天秤:キャバレー天秤
天秤腕中から喰わせ針
ハリス6号 2倍針ムツ18号フラッシャー巻
天秤末端より2本針吹流し仕掛 全長2m
幹7号ハリス6号 ホタ18号フラッシャー巻
錘150号

水深はカウンター読みで225m前後
PEが真っ黒なので、正確には判らない


入れ喰いではないが皆さんがポツポツと本命の鬼カサゴを
仕留められる中で、私一人が蚊帳の外
きんべえサンも始めから良型を揚げられた

皆さんが両目を開けられた後、やっと魚信を確信
レギュラーサイズ30cmが喰った


    



最初から期待通り、キャバレー天秤の腕中からの針だ
赤鬼は風格があるので、写真撮影





30分ほどして明確なアタリ!
アワセると針掛かり成功、抵抗が激し過ぎ!?
違う魚かと半信半疑ながらも少しドラグを緩めて対応
終始、下品な抵抗があったが何とか海面まで引きずり
出した獲物は赤かった

大きく口を開けながら迫力のある顔で睨まれたが
隣の方にタモ入れを要請して召し捕った
後で計測したら41cm越えの自己ベストでした



その後30分で30cmに届かないサイズ



時間は9時を過ぎた辺り、マイ生簀には獲物が3
デカ鬼が真ん中で睨みをきかしておる



上潮が変ってから底潮の流れが止まってしまい
一気に喰いが止まってしまったとのこと
船長が数箇所ポイントを変えてみるが状況は
変らずアタリが無い
その後もアタリサワリ無く、時がマッタリ流れて
12時を過ぎてやっと追加はレギュラーサイズ




目標の10には程遠い釣果の4で沖上がり
喰った仕掛をおさらい
キャバレー天秤の腕中からの針には1回
吹流し天秤に近い針に2回、末端の針に1回
一番の大きな鬼は吹流し天秤に近い針に喰いました
という事で、キャバレー天秤の効果を判断する資料は
乏しく、次回のオニカサゴ仕入れでまた試しましょう

皆さん私の倍以上の釣果で、8~10以上を釣られた
とのこと、いかに自分が下手か・・・・・




まぁこのデカ鬼1尾が救いか~


風は徐々に弱まってそれ程寒くはならなくて良かった
2015年最後の仕入れ釣行は貧果ながら同船の方々と
楽しく釣りを出来て良い締めくくりとなりました

古希の爺様とお孫さん・きんべえサンとお隣に座られた
常連さんにも感謝、感謝!です


大王崎 政辰丸 さん、お世話になりました
歳暮の品まで頂戴してありがとうございます
来年もよろしくお願いします

 


帰路、お願いしてきんべえサンの活かし込みクーラーにて
生還した1尾、高速渋滞で4時間半の長旅を終えた後も
以外に元気良かった





夕食直前、トト庵厨房で〆られ往生叶ったのである




活かし込みの刺身
舌触りと噛み応えの食感はまさに甲殻類系
オニカサゴ、なかなか類を見ない魚である





ご注意あれっ!
肝と胃袋も決して捨てた物ではない!



少し遠いが行くだけの価値ある志摩沖の
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)大王崎 政辰丸

2012年09月23日

9/22鮮魚部仕入れ

昨日はきんべえサンが仕立ててくれた船に便乗させて
戴きました

週初までは仕事の予定で濃厚でしたが日程が先延ばしに
なってしまい、行けちゃいました

釣物はなんと久しぶりのオニカサゴ
船は三重県 大王崎の政辰丸さん 初めて乗せて
戴きました


      

5時前に6名が乗り込む
仕立て同船メンバーはいつもブログでお世話に
なってる方々でした
ア・シュランさん
きんべえサン
MOMOさん とお二人のイケメンご子息




右舷がMOMOさんご一行、他私達3名が
じゃんけんで左舷ミヨシからア・シュランさん
胴にきんべえサン、トモに私が座った


朝5時15分の岸払い
ポイント到着までは40分ほど
空はどんよりとした切れ目の無い曇天

私は小さい数釣りよりも
大きな1尾を狙う作戦で望みました
最近、何釣りでも博打化の兆候が現われてまいりました

50cmで50年とも言われる非常に成長の遅い魚
棲息する環境は根が荒く急峻な海底地形
網で獲るのが困難で希少価値があり、釣りたてが
美味しいこともあって最近は釣り人気も急上昇
個体数も急激に減少気味で、余計に難しい魚と
なってしまっているようです

仕掛けは以前、オニカサゴに行った時に用意した
エダス間隔短めの3本針
先述の通り大型狙いで用意した仕掛けは
全長2.5m8号フロロ2本ムツ針18号
全長2.5m8号フロロ1本ムツ針18号
針には少々濃い目の化粧を施して色っぽく
艶っぽく鬼を誘惑する作戦ですが果たして


6時過ぎから実釣開始

エサは前日用意しましたシャケ皮を少々
基本的にカツオのハラモ
腐敗臭甚だしい1年物のきんべえサン特製イカ


上潮はミヨシからトモへ流れているが下潮は
逆方向へゆっくりと流れる
150号の錘で、苦にはならない程度の二枚潮

開始してしばらく、MOMOさんにユメカサゴ
私にもユメカサゴ
その後、MOMOさんが本命ゲットで船中1番乗り
私はまたもやユメカサゴ
MOMOさんが本命ダブル
私はやっぱりユメカサゴ
やや大きめのヒキ具合で揚がった魚も
大きなユメカサゴ

見ていたMOMOさんに
『Big Dreamです!』
と言ったら笑ってくれた
も~MOMOさん^^優しいんだから

MOMOさんが本命5尾くらい揚げられた時に
私は本命無し、他の方々は一通り本命をゲット
されたらしく私だけボウズ

見かねた船長がリモコン操船にして横に来て
私の道具と仕掛けのチェック
モトスを40cmほどカットして短くなった

この仕掛けで8時前、ヒット!
揚がってきたのは珍客【テヅルモヅル】




その後
オコゼモドキ、ヒシダイと珍客が続く





ここまでで、ア・シュランさんやきんべえサンは
時折、タモを使っての良型本命取り込み
とても楽しそうな様子を拝見してました

後方の右舷ではMOMOさんご一行
大きなクーラーが赤で埋まってきていた


どうやら本命のオニカサゴに嫌われたようだと
妬けビールを1本空け、気分一新

枝間もエダスも短めの仕掛けにして冷凍庫の
奥で眠っていたホタルイカを付けてみた





これには直ぐにアタリがあって、ようやく
本命が獲れました



昨日はもたれる様な微妙なアタリを感じたら
静かに少し送り込んで、次に感じたアタリで
大きくアワセると比較的、乗ってきた印象

その釣り方に辿り着いたのは沖揚がり時間の
1時間前、時既に遅し


徐々に上潮だけが強くなり、投入した仕掛けは
後ろへとカッ飛んで行く状況の中、ポツリポツリ
ではありましたが本命が喰ってくれました

13時、沖上がりの時間を向かえて片付け
オニカサゴの毒針散髪をして転寝
雲も晴れ、少し暑いが船の滑る風で気持ち良く
のどかでのんびりとした風景の港に帰還




目指す40cm物は船で5本くらい揚がって
いたと思いますが私は今回も撃沈
釣り方と仕掛けに悔いは残ったが
凪の中、皆さんと一緒にそこそこ釣れて
まあ良かった良かった


オニカサゴ ~35cm 8
オコゼモドキ 30cm 1
ユメカサゴ ~27cm 2
ヒシダイ ~22cm 1 



ア・シュランさん
きんべえサン
MOMOさんとイケメンご子息殿
ありがとうございます


政辰丸さんさん、ありがとうございます
またお願いします  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(7)大王崎 政辰丸