2010年12月31日

往く年一番の一尾は

2010年、往く年に一番の思い出になった一尾は
やはり 【アラ】 です。わーい




目標として毎年1本、獲りたい魚のひとつです。
もうひとつは『クエ』ですがこちらは未だアタリすら無しおーまいがっ

景気が落ち込んで釣行できるかどうかも判らない状況では
ありますが、釣果とともに景気も上向く良いうさぎ年を迎えたい
ものです。ピース

おやおや耳、 あつサン が2010年最期に○○○○【爆釣】
だってぇ~!羨ましいなぁ~!

さて、実家巡礼の旅に出発するとするか。
では皆さん、良いお年をお迎え下さいね!
  


Posted by フィッシャーマントト at 17:00Comments(11)アラ

2010年12月29日

12/27【おしながき】

ある程度の風には覚悟を決めた上で、仕入れの獲物を
何に絞ろうかとぎりぎりまで迷いました。

例年に無く中アジが釣れ続いている情報に乗らない手は
ないことと、強風による超早上がりのリスクを考えて財布に
優しい中物の仕入れ船に乗せて戴きました。

鯵とは言え、一投目から本命が獲れたことに気を許し
中盤の一時間超えの間、本命が全く喰ってくれない
もどかしさを味わいつつも、どうにか何とか開庵の運びと
なりました。

今年は三河地区を直撃した不景気の煽りで、中盤より
開庵の回数が激減してしまいました。
来年は少しでも明るい【回復の年】となるよう、切に願い
皆様のご健康とご多幸を願うばかりであります。

粒揃いの『真鯵』と来年に希望を込めて亭主、勝手な
漢字を充てて『翔祭福』を仕入れることが叶いました。
真鯵   22~27cm   18尾
翔祭福    ~23cm    2尾


来たるべく新年も、トト庵をよろしくご贔屓くださるよう
お願い申し上げます。



                              亭主




=======  【おしながき】 ========





【お造り】
翔祭福鉄刺・・・新年が飛躍し、活気溢れ、福で満たされる
年になるように!



鉄刺には焼酎よりもちょい悪ぐらいの癖のある酒を熱燗に
した方に少々分があるようで・・・




このサイズ2尾を鉄刺に仕上げました。


出しの効いたポン酢と自家製の辛いもみじおろし
小葱を巻きながらちびちびと



真鯵 姿造り






【強 肴】
真鯵なめろう
6尾をこれにあてましたが直ぐに完売してしまいました。


こちらは姓の良いあっさりした焼酎を湯で割って温めで
傾けたくなるんですね~






【煮 物】
真鯵





トト庵の煮魚、煮て一度流れ出た魚が持つ旨味と昆布の旨味を
融合させて煮詰め、再び魚に戻すイメージに徹しています。
干し椎茸や干し貝柱もいけます。



今回は風味にアクセントを付ける目的で魚に火が入った段階で
牛蒡に脇役になってもらいました。



狙いに反して
『牛蒡、美味し~~~~~い』なんて言われてしまい・・・
『今日仕入れた魚、褒めんかいっ!』
亭主、まだまだ青臭さが抜けず、修行が足りませんナ~




【食 事】
粗炊き味噌汁
魚の旨味がよく滲みこんだ大根が最高!


『お~~~い、大根が見えんぞぉ!』
『すいません!恥ずかしがりやでつい先っきまでも
首まで土の中に隠れていやがったんで・・・』





なめろう丼にもそそられますが呑兵衛の亭主、〆はこちら
なめろう茶漬け






往く年も海から与えられた獲物に感謝、感謝!

釣行評価表による自己採点は67点でした。  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(8)アジフグ

2010年12月28日

12/27鮮魚部仕入れ

12月はなかなか休みも取れず、悶々としていました。


12月27日ゴリンやや南(神島まわりの三重県側)雲間からの日の出


先回の仕入れもパッとせずに・・・
『2010年、このまま終止符をうつのもなんだかな~』
という気持ちで仕事の隙間を狙っていました。

昨日やっと休みを獲得、当然釣行と決めたものの困った
ことに東の低気圧が抜けきらず発達していて西高東低の
気圧配置が続いておりました。


ヒラメも佳境に入ってきていてシーズン真っ只中・・・
三重ではマダイがぼつぼつではありますがまだいけそう
静岡ではワラサが期待できるし・・・中深海のアカムツも
魅力でした。


遠くまで走っても恐怖の港解散や超早あがりってのも
大有りな気象予報でした。


ちょっと冒険したい気もありましたが、納竿の仕入れです。
最後くらいはトト庵の板場から文句が出ないような仕入れが
出来たらと結局お世話になったのは初めての船宿さん
豊浜の 健成丸さん でした。




4時前の出発・・・『寒っぶ~~~』




途中、4時前から営業している良徳さんで特エサの調達
イサザとボイル小女子を念のため、調達しました。

健成丸さんの受付に着いたのは5時15分頃、少しだけ
探しましたが無事、到着。
平日だったので、車が5台程しか止まっておらず
乗客も少なそうで釣り易そうな予感がしてまいりました。

岸壁には幅の広い船が係留されていました。

受付を済ませて早速、釣座キープにと竿とクーラーを持って
乗込みましたがミヨシ側の竿立て穴が埋まっていてトモが
全くの空きでした。

流しの釣りなのでミヨシから埋まる訳だ・・・

左舷トモに近い位置に竿を差し込み準備、冬の釣りは
身支度に時間が掛かります。

準備して乗り込み電動の接続箱を探しましたが見当たらず
船頭さんにお聞きしたところ、電線のあちらこちらに被覆が
剥いてあるとのことで、ご覧のような感じでした。




5時30分集合、6時出船
当日は6時15分頃に船が動き始めました。


7時前にポイント付近に到着、慎重な潮回りの後に
仕掛け投入の声が掛かりました。

支給されたサビキ仕掛けは6本針、錘は60号で統一。
中通しの2.7~3.3くらいの竿を持って来ればサビキ
仕掛けには都合が良いのですが中通しに糸を通すのが
面倒なのとPEが痛むこと、それで専用セットになるのが
嫌で、今回は短めの竿です。



この竿なら6本針が限界かなって感じです。


つけエサとして配られたのは状態良好な小女子。
途中購入した冷凍いさざとボイル子女子の3種の
つけエサ体制で開始。




1投目からアタリあり、慎重に巻き上げて中アジをゲット
珍しく幸先良いんじゃない。



上げ潮がきつくポイントも狭そうで、2分も経っていない
くらいで仕掛け引き上げの声が掛かりました。

アタリはほとんどがアジでしたが、錘を底につけて釣ると
ベラ・カサゴ




釣り始めから時間と共に風が勢いを増し、風波も高く
なっていきました。
10時からは時々、風波からのしぶきを感じはじめて
これはまた早上がりのパターンか、などと心配しつつ。

途中仕掛けがヨレヨレになって持参してあった10本針
仕掛けに換えて張切るも、風と腕の悪さで1投で手前
マツリ・・・4本針分廃棄してやはり6本針(笑)

時々、メバル・ショウサイフグ







最初はボチボチ、途中すっかり、後半もぼちぼちと
言った調子でした。


いつもアジはある程度海が荒れてくると喰いが立つ
イメージがあるのは私だけでしょうか、3連などあって
何とかトト庵に帰れるかな~なんて考えてると・・・

『強風で早上がりします』との船頭さんアナウンス。
やっぱりね~(悲)


・つけエサは全ての針に付けるべし
・竿の長さと自分の腕のレベル以上の針数は不要
・アジ狙いなら船宿の支給エサ小女子だけで充分


常連さん達は30以上釣られておられました。
私は腕なりのこんな感じでした。

納竿釣行
『まぁ~こんなものかな~』




2010年下手な仕入れ人、貧果ながらそれでも色々な
魚を与えられ、偉大な海に感謝、感謝!です。
  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(9)豊浜 健成丸

2010年12月25日

頼まれれば斬りますが・・・



昨日、帰るとまたしても・・・





こんなのやら・・・









こんなのまで・・・







『おいおい、 またまた 太りまっせ~』










そりゃ~頼まれれば斬りますが
【トト庵の柳刃】も堕ちたものですねおーまいがっ
  


Posted by フィッシャーマントト at 00:38Comments(8)報道・スポーツ・生活・食

2010年12月23日

Joyeux Noel!



Merry Christmas!


一寸早いですがクリスマスの雰囲気を
楽しんでおられますか~クリスマスツリー






仕事も忙しく、なかなか釣行出来ていません号泣

このまま【納竿】になってしまうのかも知れませんあれれ

『隙・・・あらば』って感じで狙ってはいるのですが・・・




ともあれ、皆さん!素敵なクリスマスを迎えて下さい。

トトにも普段よりチョット良い夜になればいいな~
  


Posted by フィッシャーマントト at 18:08Comments(12)報道・スポーツ・生活・食

2010年12月01日

11/28【おしながき】

喰い渋り著しく、本命のアタリが少ないながら何とか
真鯛を確保したものの型は満足するに届かず。
ワラサの姿さえ拝むこと叶わず、歯がゆい仕入れと
なってしまいました。

やはり仕入れ人の修行不足の感が拭えません。



                              亭主

======= 【おしながき】 ========




【揚げ物】
打たせ海老と野菜の掻揚
ご禁制のウタセエビ、使っちゃいました。






【お造り】
活魚盛り





大真鯵





真鯛刺身





真鯛湯霜





皮剥糸造り
こちらがこの日の裏本命


当然ながら肝醤油で。

肝は完璧に血抜きがされていました。





【吸 物】
粗椀




【雑 炊】
晩秋の酔いをほどよく楽しんだあとはこちらです!
今日ご来庵のお客様は【つき】をお持ちのようで
この日限りの雑炊は粗汁を雑炊に仕立て、仕上げに
皮剥の肝を泳がせてみました。

この肝雑炊は何卒、 【他言無用】 でお願い致します。




トト庵仕入れ仲間のまこべサンに助けて戴いて、魚種も
増え、少し華やかな【おしながき】とすることができました。

アタリを全て結果にできたことくらいが成果でしょうか・・・
海とまこべさんからの獲物に感謝、感謝!

釣行評価表による自己採点は37点でした。  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(18)マダイアジカワハギ