2017年07月21日

7/20 鮮魚部仕入れ

片名 磯部釣船連続シリーズ第3話は
むらちゃんさんにお誘いを頂いた
直栄丸さんでのイシダイ狙い

去年から乗せて戴いたイシダイ釣りは
昨日が3度目になり、この辺りで何らかの
コツを掴み、釣果の伸びに繋げたいところ





5時半、片名のイシダイを狙う船が続々と
岸を離れて行く






伊良湖岬、既に陽は高い
朝一は気温も低く、ほぼ無風で清々しい
海面は穏やかで釣り易そう

昨日の乗船者は4人、私は左舷の後ろに
座らせて戴いた





下り潮
アンカーが投下されて最初のポイントに
船が座る

エサが配られて戦闘開始
下り潮は早め、錘は120号前後と指定
される




竿先に僅かな動きが現れてエサ摂りの
気配が感じられる

1分ほどで仕掛けをゆっくりと回収
エサの一部だけが齧り摂られていた

エサ摂りの活性は先回のイシダイ釣行ほど
では無いようだ
先回は序盤、錘が着底して一転がりしたら
エサが全く無くなる状態だった

竿を手に持って着底から糸送り、1~3m
送っては止めて送っては止めて反応を待つ

時折コツ、コツッとしたアタリがあって
アワセの準備に入るが発展せずアワセる
には至らず、アワセるまでのアタリが
出ない時間帯が続いた

船内では20~25cmのサンバソウが
忘れた頃、揚がるに留まる
私の仕掛けに結んだ針は大きく、なかなか
針掛かりし難いだろうが、ここは我慢我慢
針の小さな仕掛けに替えることなく大物だけ
頭の中でイメージ

時折揚がるサンバソウのサイズを見切って
ポイント変更

移動したポイントは若干深め
潮もよく流れていた

ここではエサ摂りの気配が無かった
竿先の変化は皆無、回収してもエサには
変化が無い状態が続く

船長直さんの置き竿を見ると喰っていた
『 直さん、アタッとる! 』
コンコンと突っ込んでいる竿を手に取っての
やりとり
『 イシダイみたい 』
とのお言葉でしたが、残念!
魚はコブダイでした

コブダイが居れば、イシダイもいるでしょ!
と自らを鼓舞してみるも音信不通

このポイントでも私に釣果無く、潮が緩んで
上り潮のポイントに船を移動する準備
そんな中、右舷のTさんが静かに掛けていた
『 ちょっと待って! 』
の声で振り返ると大きく曲がった竿が目に
入った

楽しそうなやり取りで揚がったのはこの日
初の本命だった




Tさん、やっぱり上手です

上り潮のポイントに移動、ここでも苦戦
間もなく潮が効き始めるが魚信が無い
エサ摂りの気配も無くてお手上げ状態

そんな渋い中でも他の同船者は片眼
両眼と開いていく



あと私だけがボウズ
これいつものパターンですから

再度、ポイント移動
移動しての投入直後、久々のアワセるべき
クラスのアタリがあってアワセました

この日初の竿から伝わる魚の反応を
楽しむまでいかないくらいすんなりと
揚がったのは30cmのサンバソウ?
イシダイ?まあ、むらちゃんさんには
『 イシダイ 』
と呼んで戴いたので有難くイシダイと
いうことにしときましょ!


ここから2度の悲劇!
オマツリ中に手に取った私のPEから
魚の反応がズンズンと伝わってくる
ではないか
オマツリを解く間に何度か魚が突っ込み
おそらく10号フロロのハリスが傷付いて
いたと推測されます
大きな獲物を残り5mのところで魚体が
水中でギラリと光ってハリスブレーク


次の悲劇はまあまあの魚、60mの
糸出しで喰ってくれた魚を30mのところで
プッツン
こちらは幹で使った12号フロロが何故か
ブレークさせてしまったのである

ともに切れた部分に擦れたヒゲが残って
いて早い潮にラインを長く送り出して
ハリス・幹糸に根擦れによる傷が付き易い
釣り方が問題だったと推察する

仕掛けの改良か、釣り方自体を何か
考えなければいけない課題の残る悔やしさ
いっぱいの仕入れとなったのである





私の魚は30cm 1尾でした





乗せて戴き釣らせて頂いた直栄丸さん
ありがとうございます!
お誘い頂いたむらちゃんさんと同船された
皆さん、そして
海から与えられた獲物に感謝、感謝!

  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)片名 直栄丸

2017年06月23日

6/22鮮魚部仕入れ

昨日はTEAM 海人 (チーム うみんちゅ)
会長さんのむらちゃんさんより、願ってもない
お誘いを戴いてイシダイ狙い

片名からこの春、新造された新直栄丸さんに
乗せて戴けるのも大きな楽しみでした





とは言っても新直栄丸さんの梅雨時期の
看板でもあるイシダイ釣りで、本命1尾も
釣れずになんの戦力にもならなかった・・・
などということは全力で回避したいところ

楽しみと緊張感を抱えての釣行となった
のである

集合は5:30、港到着が5時前
港でも風があって半袖では小寒い感覚
伊良湖の風を見ると西北西12~13m/s
徐々に凪いでいく予報ではあるがこれ以上
吹くと釣りにはならないかも知れない

海王丸さんのお客が準備も終えて待たれて
いて、優誠丸さんはお客さんを迎える準備が
万端でした

すぐに直栄丸船長が港に到着したのでご挨拶
ポイントが風の影響を諸に受ける位置なので
ゴロンゴロンの釣りを強いられそうだと聞く

順次、同船する方々が到着してご挨拶
昨日ご同船はむらちゃんさんと私と他に
お一人、計3名が乗り込んで船が岸を離れる

ポイントに到着し、船長が入念にアンカー投下の
為の潮回り、やはり風は強くウネリが大きい上に
下りの潮が走っていて難しいんだろうなと推測

釣り座は3人で後ろ、私は竿なのでと両サイドの
うちの右に座らせて戴いた

この釣りには出来がしっかりとした錘負荷が
100号以上の竿ならどれでも使えるのでしょうが
潮が速すぎて最悪、200号の錘まで想定して
タフな泳がせロッドにゴツ目の手巻きリール
数年間使っていなかったので慣らしもあって
こんなタックル





リールが機能するか試す意図もありました

仕掛けを繋ぎ、錘は120をチョイスして釣り開始
やはり下りの潮が早く120号の錘でも流れていく
ある程度の糸出しで止めて、魚信を待つが
何の変化も無いので、揚げてみるとエサは
喰われていた

いつ喰われたのか?と疑問を抱きつつ手返し
今度は早めに回収をしてエサのチェック
また同じ状況でエサが喰われてしまっている

手返しの度に糸出しを1mづつ短くしていって
エサを回収してみるが見事に喰われている
着底して錘がゴロゴロしている間にエサは
喰われてしまっている様子

着底した瞬間に糸を止めて待つと竿先に
フワフワ、モゾモゾと微妙な魚信が現れるが
これでおしまい
回収すると既にエサが無い

フワフワ、モゾモゾで鬼アワセを入れるも
空振りの連続、昨日は27三振を喫したに
違いない

左舷の方が調子良かった
本命磯の王者の突っ込みを度々楽しんでおられ
私は只々、ソーセージを咥えながら観ているだけ

むらちゃんさんにも本命
『 小さい、小さい 』
と言いつつも顔はほころんでいて、すぐに
両眼が開く

着底の瞬間でこんな状況だからエサの消費が
半端なく、自らのエサ摂り休憩をしながら
作戦の練り直し

そうこうしているうちに潮の緩みと若干、風が
収まって海面もややマシになったのを感じる

いろいろ自分なりに替えて工夫するが全く
針掛かりまで持ち込めない

仕掛けを替えてみたり
錘も相当、交換して試みました





もうこうなったらカワハギでもアイナメでも
フグだっていい!とにかく掛かれー!
って気分になっちゃいました

10時を過ぎて潮が一気に緩んだ
判り易いアタリがあってアワセ、掛けたが
アジのような小物特有の軽いヒキ、がっかり
した瞬間に気配が消えた
なんてこった、小物のサンバソウもバラシ
獲れん・・・


40号の錘でも真下から流れなくなり、船の揺れと
ウネリで只々下を小突くのみとなり下り潮での
釣果はゼロで終わっちゃいました

上りの潮でのポイントに移動して再び丹念な
潮回り

沢山用意されたエサも残り僅か
この時点で
今日はやっちゃったなぁ・・・
と完全試合で完封の敗色感がプンプン漂って
いたに違いない

上りの潮で船が安定して投入のアナウンス
40号の錘で糸送り、ほどほど潮が流れていて
糸を止め、待つ

ビビビと判り易い魚信そして竿先が動いたので
鬼アワセを入れる
パワフルながら小気味良い突っ込み

きましたきました昨日最初の魚
いくら突っ込んでもこっちのもの、タックルが
タックルですから安心して巻けます
すぐに海面まで揚げてタモ待ちの余裕でした





たまたまサイズの良いのが喰ってくれて
獲れ、眠気さえ漂っていた脳がびっくりして
目が覚めちゃいました





その後すぐに、150号でもエサが着底出来て
いないような潮となって錘を更に重くしていった

回収途中の障害物に掛かり、錘や仕掛けが
4度ロストして釣りにはならない状況となって
しまい万事休す



船全体の釣果 


本来の仕入れ人らしい危うい仕入れでした
本命1尾も釣れず
なんの戦力にもならなかった・・・
がとても現実的な状況の中、喰ってくれた
たった一尾の本命に救われました

むらちゃんさんと同船のT様、そして釣らせて
戴きました直さんと新直栄丸さんに感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)片名 直栄丸

2016年07月15日

7/14鮮魚部仕入れ

昨日は再び、むらちゃんサンからのお誘いを
受けて 片名 直栄丸 さんに乗せて戴いての
イシダイ仕入れに行ってきました

5時過ぎ、むらちゃんサンの釣仲間である
Mさんと港に同時到着
昨日はダブルM師匠と私での3人の乗船でした





5:30出船
ポイントに到着して慎重にアンカリング

爽やかな西風が吹いていて気持ち良いがこの風が
曲者で船が良い所に固定出来ず、状況は芳しくなく
なにやら難しい1日になりそうだと聞かされる





先月のイシダイ釣行は荒天ながらエサ取りの
活性が良くてエサをどんどん消費したが
昨日は一向にアタリサワリ無く、時間だけが
流れていく


エサの付け方を食べ易い状態にしてみたり
錘を8号まで替えて底潮に任せて流してみたり
超微速で巻き上げての誘いをかけてみたり


むらちゃんサンにアタリ・・・が
『 タモ、要らんよ! 』
揚がってきたのはヒガンフグ

船は再び、マッタリとした気配に包まれる

持ち込んだ支給エサによく似たエサで遊んで
いましたが、またまたむらちゃんサンにアタリ・・・

今度は手釣りの手繰りでもやり取りがあった
会長、さすがです!
8:38 むらちゃんサン本命ゲット





時合いかと、付けエサを支給のエサに付替えて
投入しました

着底から5mほど流し、キーパーに竿を掛けて
気合い充分の臨戦態勢

1分ほど経過して竿先に微妙なモゾモゾ感
すぐに竿を手に持ち、更なる魚信を待つ
竿先が5cmほど動いたので、大きくアワセる

小気味良くパワフルにドラグを滑らせての抵抗が
2度有って楽しませてくれたのは本命46cm





むらちゃんサンのゲットから7分後の8:45
このあと、次の一投にも竿先に変化が出たものの
残念ながら喰い込まず

イシダイ、たまポツで数匹が複数まとまって
エサを物色しながら泳いでいるのかも知れません
その後は全くアタリの無い時間帯に突入


陽が昇ると共にやはり夏の海、そよぐ西風も
効き目が薄れて暑く、水分をこまめに補給

ほぼ一ヶ月振りの海上
夏の伊良湖岬の景観に見入る






時間が経過して正午頃、むらちゃんサンに
サンバソウが喰った
そのあと、私にも魚信があったものの発展無く
回収するとエサが齧られていた

沖上がりの時間を迎え、錨を回収





かろうじて全員がボウズを逃れることが出来たが
外道も含めて、なんとも喰い気が無い一日だった






むらちゃんサンからこれが本来のイシダイ釣り
風と潮の状況から顔が見られてだけでも上出来
な一日、だったと教えられた

先月のイシダイ釣行は相当な特異日だったかも
知れません





お誘い戴きましたむらちゃんサン
ご一緒戴きましたMさん
乗せて戴きました直栄丸さんに感謝、感謝!です  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)片名 直栄丸

2016年06月17日

6/16鮮魚部仕入れ

昨年、お誘いいただきましたが残念、無念!
私と言えどもですが、これでも仕事優先の
ポリシーは人生の大前提でありまして・・・
ここ、笑う所ではありませんが!  
断腸の想いでお断わりした次第

『 来年も誘うからね~ 』とのありがたいお言葉
決してアテには出来ないお言葉ではありますが
TEAM海人 会長のむらちゃんサンからの連絡
憶えていて戴き感謝、感謝!今年もアプローチが
ありました


ちなみに昨年行けなかった日の船宿
直栄丸さんの釣果 41cm~62cm5枚
今回、こんな釣果は期待できないとしても
なんとしても縞々が消えかかった40オーバーを
1枚釣って帰りたいと強い想いで臨んだイシダイ
狙いの仕入れです

お世話になったのは
片名 直栄丸 さん  

ポイント・仕掛け・エサに関しましては船宿の
切磋琢磨の賜物、企業秘密というところですので
今回は聞かれてもお答え致しかねます

港集合時には降雨と南風強く、出られるかどうか
微妙な海況だったが伊勢湾海上交通センターの
情報で風は3~5m、既に出港している優誠丸さん
からの情報でも行けそうな雰囲気

直栄丸船長さん『 出てみるか 』との一言で
準備開始



ポイントが狭いので、数隻のイシダイ狙い船で
風と潮をヨミながらのポイント争奪戦が繰り広げ
られる
船頭の経験からくる腕の見せ処で、アンカリングが
その日の釣果に大きく結びついてくるのは必至

丹念に潮回りして船頭のイメージの下、アンカーが
投下されて距離を調整

船が潮に馴染んできて付けエサが配られる
今回は初めてのイシダイ釣り、何も判らないので
頭を空っぽにして船頭と先生のむらちゃんサンに
全て聞いてしまおうといった人任せ作戦に出た

最初のポイントは下げ潮の潮止まりから上げに
転じる、潮が緩くなってくるのが把握できたが
アタリの出し方が判らない

エサの付け方も何通りか教えて戴き、いろいろと
試すが、アタリを捉えるには至らず、仕掛けを
揚げるとエサが無くなっている

どうやらエサ取りの活性も高いようだった

下げ潮が止まる前、むらちゃんサンにアタリ
だが手釣りのために竿の曲がりなどによる様子が
他人では判らない

程無く手繰り寄せられて無事にタモ入れされた
魚は最初から縞が消えかけた本命イシダイ



次はトトさんだからね~
と声を掛けられるが、魚の喰いはそうはいかない

次の魚は船頭にきた KY船頭との噂も・・・    
竿を曲げてリールのハンドルを2回転ほど回した
ところですっぽ抜け、残念・・・
イシダイの口は掛かり処が少なく、バラシが多い

私はと言うと、アタリを感じることも無いままに
回収してみるとエサが無い状態が続く

下げ潮からの潮止まりには上げ潮でのポイントに
早めに移動する
私のような素人には判らないポイント争奪戦が
繰り広げられていた

ポイントを移動してしばらく、徐々に潮が流れる
だんだんと要領が判ってきてアタリも出るように
なりはじめた

仕掛投下、リールカウンター読み着底17m
そこから50号の錘で流して25m近辺で
本命か外道か何かしらの反応があったので
25m近辺に絞ってのアタリ待ち

早合わせでのすっぽ抜けを防ぐために引き込むまで
待つことを心掛けていたが向こうアワセでは
掛からず、ある程度のアタリでどんどんアワセる
作戦に変更したら掛かりました

最初の獲物は40cm弱、本命がタモ入れされ
ボウズを逃れて気分が楽になった

むらちゃんサンは何だかポツポツと本命を揚げて
調子もいい感じです



揚げたと思ったら投入即アタリで掛ける場面も
あって羨ましい限り



この日の最大、口黒60cm



最後の数手繰りで一進一退のやり取り
『 楽しい! 』連発でその手に手繰り寄せ、絶好釣!
もう手が付けられません



メッチャ嬉しそうな笑顔、私の画像集に取り込め
ちゃいました!しかも数枚ww
こんな満面の笑顔、奥様も知らないでしょう

むらちゃんサンが5枚、私が1枚と差は歴然
だが真横でコンスタントに揚がっている以上
チャンスはある筈の釣り放題!遠慮する訳にも
いかないので、ここから目標を上げて3枚とする

攻めのアワセで揚げ始め、パワフルな突っ込みで
かなりの大型魚を確信、ちょっと大事に対応
残り10mで強烈に抵抗し一つの突っ込みが3m
根競べの時間帯もあり、久々に楽しめた魚は

初のカンダイ、あらら外道だったのね~残念・・・



船の右舷にお父さんお母さんのイシダイ、左舷側に
子供達と外道が分かれているのか?

上り潮も徐々に速度を増して錘も
80→100→120→150号まで替えていった
重い錘で巻き上げ途中まで気が付かなかったのは
アイナメ



昨日は攻めのアワセの方が良かったようで
外道も多かったが後半は釣りを楽しむことが
出来た



40越えと50前後が立て続けに追加できた



船の全体釣果



ここまで腹パンのイシダイが並んだ中、今回は
なんとか私も戦力になったかも知れません

本命イシダイは目標の40越え1枚を上回る
~50までの3枚、外道ではあるがカンダイの
60と40越え、アイナメ40と自分では
上出来な仕入れとなりました

同サイズの魚、何で~~~?
何で!私がカンダイでむらちゃんサンがイシダイ?



60カンダイ4.1Kg
外道でも久々のナイスパワフルファイト
思い出の魚になりそうです

直栄丸 船長さん、自分の釣りを遠慮しても
客に釣らせる素晴らしい船長さんでした
私としては上出来な釣果となりました
ありがとうございました

お誘い戴きましたむらちゃんサン、記憶に残り
そうな楽しい一日に感謝、感謝!です  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(8)片名 直栄丸

2015年07月31日

7/30鮮魚部仕入れ

今年度、私が抱える一番大きな仕事になるであると予想
される一件にほぼ目途がついてひとつ、仕事の峠越え・・・
休みも暫く取れてはいない・・・

となると俄然、海に仕入れに行きたくなってしまい
以前よりお声を掛けて戴いていたむらちゃんサン
クーラー持ちを務めるべく同行させて戴きました

乗せて戴いた船は 片名 磯部釣船 直栄丸さん  です
狙いは一向に仕入れ人の上達の兆しがないイサキ

今回はむらちゃん先生のご指導があって期待は大
大船に乗った安心感と楽観的な気持ちで出掛けられた

  

中乗りの修行中、海人君が航行中にも準備
右うしろに座らせてもらい、左にはむらちゃんサンが
釣座を構えた



 久々の海は気持ちいい~




持ち込んだ特エサは冷凍保存して小分けにしていた
イカ粒とコウナゴを少々



最初の仕掛けは幹2.5号・ハリス2号の自作4本針
手前から白スキン、白植毛・ピンクスキン・空針
空針にはイカ粒を付けた

スタート30分で、先回と先々回のイサキど貧果2と3を
越えて順調な滑り出し



型も充分なお刺身サイズ
久々に釣りしてる気分、こうでなきゃいけません

私の背中側でチーム海人会長、むらちゃんサンもポツポツと
本命イサキ、大サバもやっつけながら釣られてます




チーム海人のA氏さん、私の前でよくアタリがあってダブル
混じりもあり、数を伸ばします

私の位置から確認できない左の胴・ミヨシに座られた
釣りガール達も順調のようです



釣果が5まで数えたあとは楽しい気分から一転
6まで30分、そこからは音無しで1時間30分
掛けてやっと7

陽が高くなるに連れて体感温度は急上昇
それに反比例するかの如く、船中の釣果が落ちた

直栄丸船長さんもいろいろ移動してくれるがなかなか
喰ってはくれないマッタリ感が船を支配

ほぼ無風の蒸し蒸しで不快指数は高いが、キンキンに
冷やしたビールとペット氷とともに多めに持ち込んだ
水分で内から冷やす

長~いマッタリ感の間、船には1時間以上釣果が無かったが
このマッタリ感を打開したのはチーム海人のA氏さん
トモでジグを落としたと思ったら直ぐにアタリ!
良い型のホウボウを仕留められたと思ったら、次には
何やらよいヒキ具合、ヒラメとホウボウが一荷で揚がる
チーム海人さん、ヒキダシがいろいろあってさすがです




長いマッタリ時間にむらちゃん先生から仕掛けを頂き
タイミングを見て仕掛けを交換してみました

風がそよめき始め、潮の向きも変りはじめて何やら喰いも
変ってくれればいいが・・・と思っていたら久々のアタリ



仕掛けも良かったのでしょう
たて続けに2つ揚げて、小休止したあと流し替えて
何とか1つ

小休止しなかったのは左舷の胴に座った釣りガール
終了前には一人だけ入れ喰い状態、何か持ってますね~

バリバリの喰い喰い時間も結局無くて、やっとのことで
ふた桁まで乗せて終了

帰港するまでのかなりの時間、オオドモで失神してました



本命は5人で平均10余り
何の戦力にもなれず、すいませんでした  



それでも分け前を頂き、久々のクーラーこんもり感
毎回、これぐらいは釣らなきゃいけません!



初めて乗せて戴いた片名 磯部釣船 直栄丸さん、海人君
お世話になりました
また乗せてください

数を稼いで戴いた釣りガールさん達には降参です

むらちゃんサン、A氏さん、とても楽しい1日を過すことが
出来て、ありがとうございます

暑い海上でも久々に心癒されました
むらちゃんサンと大山沖の海に感謝、感謝です!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)片名 直栄丸