2016年04月14日

4/13鮮魚部仕入れ

昨日はお仕事仲間と二人で仕入れに
行って来ました

3時30分に集合し、向かったのは福田港
船は福寿丸さん

福田に向かう間、少雨からコンスタントに
雨粒が落ちだしてテンションも下がるが
前回のズーボーリベンジの熱い闘志もあった






5時15分集合、5時30分出港目標
幸い福田港到着とともに雨は止まった
雨が止んでいるうちにと準備を急ぐ

シラス曳きの漁船団が出港し始めると
船団の出航が終わるまで、遊漁船は港に
足止めとなる
集合して全員が乗船、シラス曳き漁船団の
出港時間を前に5時25分、港を出る

船はほぼ満船、座らせて戴いた釣座は左舷
ミヨシ、お仲間は2番の釣座となった
早々に釣座での準備を終えてキャビンに入り
横になった

港を出ると船の揺れが大きくなって
タフな釣りになる予感
これで土砂降りだったら・・・


狙う獲物はアジ・イサキ
船頭さんからはアジ・イサキで最低一人頭
20以上がノルマだと激が飛ぶ

御前崎S丸の船頭さんほどはキツクないが
釣らせてやろう!言う事をきかんかー!系
熱血派属の船頭さんです

ゆっくり航行して45分ほどのポイントには
既に1艘の遊漁船が潮廻りをしていた
竿入れは6:30




風がコンスタントに吹いていて、風波の
ウネリが大きく、掴まっていないと立って
いられない状況だった


硬めの天秤50cm
コマセビシカゴ100号
クッションゴム50cmの先に繋いだ仕掛は
根元針・中針ケイムラスキン、先針のみ空針
幹・ハリス3号、全長4.5m
糸の号数と長さは船頭さん指示である



お仲間と持ち寄った付けエサは
定番のオキアミ




白魚 塩締め




先回の師崎釣行で捜して入手した小女子



順次、試していく作戦


竿入れ時間になって投入アナウンス
船頭さん指示棚は35mに落とし
~30mまでをゆっくり巻き上げて
5mの範囲から各自、イサキのアタリ棚を
掴む様、指示される

2~3投でコマセカゴの開度を調整する

時折背後寄りから進んで来る大きなウネリ
この方向は私が苦手とする方向で船酔いの
予感も漂い始めるが4~5分での回収と
投入を繰り返す

3~4投目から船内でイサキ・アジが
揚がり始めるが私の竿には反応が無い

廻りの方の生簀に本命が2~3尾泳ぎ
始めた頃、やっと待望のアタリ
慎重に取り込んだのは25cm越えの
イサキでした

まあ喰いが立てば一気に数釣りモードに
移行するでしょ・・・
なんて安易に考えていて焦りもしなかった

その後、ポツリポツリと喰いはするが
何れも単発、先針の空針に付けたオキアミ
のみを喰ってきた

喰いが旺盛な時はスキンにも入れ喰いに
なるがと迷いつつも真ん中の針のスキンを
ハサミを使って切り除いた
空針にしてオキアミを付ける作戦だ

その後、たまにダブルもあって前半の
10時までに
イサキ 25~28cm 4尾
アジ 25~30cm越え 11尾
残りは3時間



アジのサイズに少々不満もあるが
数を伸ばしていくしかないでしょ

中盤から喰いが悪くなる時間帯もあって
仕掛を細い2号にチェンジしようか
どうか迷いましたが船頭さんが時折
『 マダイ・ワラサがポツポツ喰うから
油断しちゃ駄目だよー! 』
ってアナウンスもあって仕掛交換を躊躇

結局、仕掛の根元の針も空針にして
オキアミを付けることにした



後半は雲も取れて陽が差す天候
少し暖かくはなったが海の状況は
変らず、ウネリが大き目

竿先に若干の異変はフワリ、フワリとした
アタリ

竿を手に取って少し巻くと魚の気配
若干巻いたところできつめの突っ込み
一瞬マダイを意識しましたがちょっと違う
良型アジがトリプルで喰った?くらいに
イメージして慎重にやりとり

海面で姿を見てお仲間にタモ入れの
応援を要請しました

タモに取り込んだのは今までで最長寸
43cmのウマヅラハギ
しかも胸パン・腹パンの超グラマー体型



無事タモに収まった瞬間
夜は冷酒にしようか、ぬる燗にしようかという
新しい悩みが生まれた
とにかく旨そうなウマヅラでした


考えていた入れ喰いスーパータイムも無く
後半、思ったようには数も伸ばせずに
船頭さんから最後の投入合図

コマセ釣りで最初から最後まで唯一の
同じ仕掛けで過ごせたことも初めてだった
と思いつつ仕掛けを投入

最後の魚信にも恵まれてラスト有終のアジ



実釣中、心配した降雨も一切無くて
何とか小さめのクーラーも満タン達成

先回の憂さは何とか忘れられる釣行と
なりました

ご一緒していただいたお仕事仲間には
お世話になりました



釣らせて戴いた熱血船頭さんの福寿丸さんと
豊かな遠州灘の
海から与えられた獲物に感謝、感謝!  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(4)福田 福寿丸

2015年10月15日

10/14鮮魚部仕入れ

昨日はお誘いを頂いて仕入れに行って来ました





乗せて戴いたのは
福田港 福寿丸さん

5時集合
集合して全員が乗船次第、舫いが解かれる

座らせて戴いた釣座は左舷ミヨシから2番目
3~5番目がお仲間の釣座となった



アジ五目でお土産をキープしてからタチウオを
やっつけにいくリレープラン




ゆっくり航行して45分ほどのポイントには
既にアンカリングを終えた職漁船やら潮廻りを
している流しの船が、6:30の竿入れ時間を
待っていた




私も仕度を終えて戦闘準備完了
天秤に100号のコマセビシ
自作吹流し4.5m2本針
枝25cmウィリー巻き
幹はワラサ・マダイまで意識して5号と太目
先の針はマダイ9号の素針に持ち込んだ刺し餌
オキアミを付けて竿入れ時間を迎える



2投目までコマセを降りながらコマセかごの調整
3投目から魚信を待つ

暫くしてアタリ、イサキ+小アジ
その後、中アジ+小アジ
そんなに魚が寄ってきているという感覚では無く
時々、回ってきているイメージ
入れ喰いモードまではいかない状況でポツポツ



イナダが寄る時間帯もあって、針を飲み込みまれると
その場でしっかり血抜きし、クーラー行き



イナダ連発で少々嫌気が差しかかっている状況
マイ生簀に元気よく泳いでいる小アジが私を
そそのかしたのであった



船は流し、実弾3発、底付近で何かしら喰って
くるだろうと期待して仕掛けを替えて実弾を
背掛けにして投下
あわよくば鍋種でも・・・などと想いは膨らむ

竿先が激しく上に動いたあと、下へ突っ込んだが
発展せずに回収すると実弾は無傷で泳いでいた
その竿先の変化は一度きりで、あとは何の異常も
無いままに五目の時間は終了

五目終了30分前からイサキを中心に入れ喰いの
サービスタイム、私以外の皆さんの生簀はこの
時間帯で底が見えなくなっていった




タチウオのポイントに移動
水深は100~120m、ここでも残り1発の
実弾を投下するも全く異常無し

タチウオの状況も悪く、なかなか船上に太刀の舞は
見られず、渋い



そんな中、船中最初のタチウオはお仲間のお一人
さすがにお上手です


ミヨシ1番で置き竿電動誘いモードで席を離れて
いた竿に激しいアタリを見て教えてあげた
揚がってきたのは50cm前後のニベのダブル
前に立っていたタモで掬った



船長曰く
『 ニベが喰う日はタチの喰いが悪いゎ~ 』
そう聞いてテンションも下がったが徐々に実弾も
弱り、自作のタチウオの仕掛けを取り出して
繋ぎ替える

タチウオ仕掛 全長2.8m2本針
針ストレートワーム2/0
ナイロン18号
蛍光パイプ 緑
大型発光玉 緑
シラス系タコベイト 緑とピンク

エサは船宿支給冷凍サンマとサバの切り身の身を
削いで皮側を持ち込んだ

竿の変化は全てオマツリ、潮も悪いそうである
状況も変らず、船上ではニベがポツリポツリと
揚がっている

いろいろ誘ってみるが反応無し
無風に近く、うららかで春のような海上は暖かく
眠気にも襲われる

置き竿にして底から5m切ってのち20mほど
電動ジリ巻きしては再投下を繰り返す

船は定期的に潮上りしてポイントを流す
上り替えて投入し、5mタナを切ってから
3mほど巻き上げたくらいで竿に変化があり
竿を手に取り、周りの竿を見廻す
いい感じの魚のヒキと誰ともオマツリしてはいない
事を確認して早めの強めで巻き揚げる

揚がってきたのは指4.5本



この一本でタチウオのボウズも免れてやれやれ
しかしこれ以外のアタリ無くて13時の沖揚がり



沖釣りには絶好の天候に恵まれた一日、お仲間の
クーラーは超満タンでしたが私のクーラーだけは
2分目程度、相変わらずの腕前です

それでも好きな泳がせを集中して楽しめて
久々の海にかなり癒されてきました


お誘いも頂き、ご一緒出来ました皆さんと
福寿丸さんに感謝、感謝!です  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)福田 福寿丸

2014年06月01日

5/31鮮魚部仕入れ

週央、予約しようとしていた船も満船で乗れない
やめときゃいいのに連日の好天に誘われてしまい
絶不調の私を救ってくれるであろうと願いつつ
連絡したのは約2年振りの船
福田 福寿丸さん  




この時期、シラス漁の船が一斉に出港する影響で
遅刻厳禁の4:30集合とのこと
クジ引きで左舷ミヨシ3番に座った
右舷6左舷5(左舷1空)トモ3の14名でほぼ満船


竿入れ6時までの時間は充分、相変わらず小綺麗に
保たれている船室で横になって小1時間の仮眠
2時起きの私にはこのスペースはとても魅力である



仕掛け 幹・ハリス3号3本針 全長6m
コマセカゴ+錘100号
昨日は終日、水深は33~35m
タナは25~20mの指示



竿入れ時の天候は薄曇り、徐々に晴れていった
海況は久々に抜群の凪で、気合い充分のスタート

一投目から集中するもモーニングサービスも無く
船と時間が流れていく

上潮が真っ直ぐトモに流れていてアタリは無いが
オマツリは発生する


しばらくしてから、後ろの方でポツポツと魚が揚がる
良型のイサキ一荷、60cm越えのマダイ等を横目に
タナを探るがアタリが出せない
ミヨシの3人にアタリが無い、いわゆるコマセ係
先回の一日中アタリが無い釣行が頭をよぎる




右隣の方が良い感じで竿を曲げてやりとり
しばらくしてハリス切れ
枝針に大物が喰ったようだ

今度は私を飛ばして左隣の方の竿が曲がる
これもしばしのやりとり後、バラシ
今度は私か?
とテンションを揚げるも魚の喰いに順番など
ある筈もなく、相変わらず私の竿に沈黙が続く


1時間経過してやっと魚の気配を竿に感じる
滅茶苦茶、久々の魚信でとても嬉しいがサイズは
残念なアジでした




更に1時間経過してやっとイサキ
ただこれも残念なサイズ




徐々に雲もとれて陽射しが強くなり、マッタリ感と
眠気とも戦い、無いヒキダシをひっくり返して
あれこれとやってみるもアタリには辿りつけず
もがき続けました


タックルケースの中にあった他の仕掛けから
かろうじて2号の糸を船上で結んで幹・ハリス
2号の仕掛けを作り投入したらアジが喰った

暫くして良いアタリがあったので、慎重に
取り込み
隣の方にタモ入れを要請して無事確保したのは
40cm越えの久々クロダイ



クロダイ確保で残り時間は20分
なけなしのアジを泳がせて一本勝負を試みましたが
アジは無傷で無事生還し、クーラーに入ってしまった



福寿丸さん
久々にに乗せて戴き、ありがとうございました

相変わらず続く絶不調ツキ無し状態から
いつになったら脱却が叶うのだろうか・・・  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)福田 福寿丸

2012年07月23日

7/22鮮魚部仕入れ



昨日は初めて 福田 福寿丸さん に
乗せて戴き、イサキ五目からタチウオの面白そうな
リレー仕入れに参加予定でしたが・・・残念!
出船確認の連絡をした時点で、前日のタチウオ釣果が
奮わずイサキ・アジ五目に変わってしまいました

それでも金洲でよく見掛けた船なので、乗り掛かった
船ということで、参加させて戴きました

タチウオは次回以降におあずけとなってしまいましたが
イサキの締めくくりとトト庵にはファンの多いアジも
魅力的な仕入れです

朝4:30出船なので豊田を3時前に出発、現地到着が
4時前、停船位置は大寿丸さんの南隣の更に隣でした

船はほぼ定刻に岸を離れ、エンジン中速で1時間弱



奇麗にしてあるキャビンがあって、到着まで横になる
遠距離からの客にはとても魅力的なスペース

浜岡原発が見える辺りまで走ってスローダウン
昨日は日焼け止めを持ってくるのを忘れていましたが
実釣中の天候は曇りで、助かりました


自作の竿、船長から
『そんなハゼ釣るような竿はやめとけっ!』
って言われちゃいました


イサキの天秤吹流し6m仕掛、付けエサ、コマセは
船宿支給のオキアミでも充分ですが、付けエサとして
オキアミのSとM、更に冷凍しておいたコウナゴを持参



最初のポイントで2流し、潮が流れていないらしく
更に東へ移動した

移動したポイントでのタナは20m、1投目から
心地良いアタリとヒキを楽しませてくれたのは
カイワリ20~30cmの一荷3尾

良型アジも交じって備え付けの個別生簀は開始1時間
余り過ぎてこんな様子



カイワリには案の定、未確認生命体が棲息
100%の鎮座率



このポイントではカイワリ・アジ・イサキ・サバ
アジの群れが回ると良型の一荷



ハマチサイズのアジは46cmありました


船長は盛んにサメが寄るのを避ける為、血を流さない
よう、アナウンスで注意されていた
弱った魚はバケツ内で〆てクーラーに入れる




その後2度ほどポイントを移動
賑やかな生簀を横目に満足の仕入れ

9:30頃からはこれ以上釣っても配るのに苦労するのが
目に見えていて、闘争心と緊張感も失せた
仕掛を10mの4号1本針に交換、オキアミのMで密かに
マダイをイメージしていた
これには良型イサキ・チダイが喰ってきた


何かしら喰った回収時にいきなり竿をひったくられて
ドラグ出まくりの正体はシャーク




カイワリ、マアジ、イサキ、マサバ、ゴマサバ、チダイ
【イサキ五目】充分楽しませて戴きました
福寿丸さん、ありがとうございました
次回は是非!タチでよろしくお願いします



昨日配ったり調理したりしましたが、それでも残った
魚を出勤前、6時から捌いたのであった  
タグ :福田大漁


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)福田 福寿丸