2012年05月07日

5/6鮮魚部仕入れ

前日、残念なことに大進丸さん麦イカ出船叶わず
気が抜けてしまい、頭の中でターゲットが迷走

仕入れを諦めようかとも考えたが結局、きんべえサンに
お付合い



お世話になったのは盛昇丸さん
師崎船団、組合の申し合わせで出港時間が変わり
5:30になったので、5時前到着
船の生簀を覗くとウタセエビとコウナゴが泳いでいた

きんべえサンは【20本針底引きはえ縄漁】の道具を
持ち込んだが、あえなく船頭さんに却下される


向かったポイントは中ノ島
基本的に伊勢湾で一般的なウタセエビの胴付き3本針
朝一は潮がきいておらず、30号錘の仕掛けは直下に
沈み込む




時折、何かが仕掛けを触る僅かな気配を感じる
最下の針のウタセが無くなる
底でマゴチが上目遣いで、エサを待っている様子

潮が流れるまでの狙いを替え、錘のスナップに鋳込み針を
追加して尾掛け



ヘダイ・マゴチなどが散発的に遊んでくれた

徐々に潮が動き出して、7:25には小さなアタリから
あわせると40cm超えのマダイが掛かり、よいヒキを
楽しめた

8時頃、カレイ君の顔も見られ



ウタセエビが万能エサと言われているように
五目釣状態




隣のイケメンにも50cm級の、乗っ込みクロダイや
良型メバルなど、散発的ではあるがお楽しみの様子




全く喰いが止まり、ウトウトした時間もあったが
目が覚める良型マタカも追加した

11時過ぎ、三重県方面の空が真っ黒になり
急速に船上の空も怪しくなる

ポツリポツリと雨が落ちてきて、雷鳴まで聞こえ始めた
船頭さんの判断で12時に沖上がり
向かい風と向かい波の中、師崎目がけて逃げ帰る



結果的にはこの早上がりのおかげで、大潮で潮干狩りと
観光帰りの渋滞前に帰途に着くことが出来た


港ではきんべえサンが船頭さんから教わりながら
魚の〆を実物で特訓



マダイ・マタカ・マゴチの良型で、釣心も満たされ
GW最終日、とても良い一日となりました



トト庵厨房でマゴチのお掃除をしていたら、仕入れ仲間の
まこべサンから連絡があって、大山沖産腹パンの乗っ込み
イサキを頂いてしまいました



旬真っ盛り、腹の中は脂でギトギト
内2尾が男の子でした、ありがとうございます!


盛昇丸船長さん・きんべえサン、お世話になりました
私は財布を忘れて、大失態

結局、エサまで付けたきんべえサン希望の
【20本針底引きはえ縄漁】は幻となって漁具は
冷凍庫入りか・・・  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)盛昇丸