2011年09月19日

プロの技を盗むことが

ブーログモニタープレゼントで

たけ橋さんの味楽膳を頂きました


折角、外で頂いた料理 創作意欲、湧いちゃったカモ



何かひとつでもプロの技を盗むことが出来たならば
なんてよからぬことを考え、記憶が新鮮なうちにと
旬の秋刀魚を2尾仕入れました


三枚におろして








秋刀魚は鯖に比較して身が薄いので、強塩と言うよりも
中塩といった塩振りにして、少々手加減を加えました






塩〆の時間も控えめの5分くらいと考えたのですが
5分経っても10分経過しても見た目に〆た雰囲気
にはならず結局、薄い秋刀魚の身を20分の塩〆





流水で洗い流し、すぐにキッチンペーパーで水切り




色味も輝きもいい感じに戻り、滲み出た水分と
しっとりとした手触り、ここまではい~感じ






秋刀魚にキッチンペーパーをまとわせて昆布を1時間程
入れておいた酢を注ぎました








40分程、冷蔵庫で寝かせ









皮を剥いで








生意気に飾り包丁なんぞ・・・
千年早い鴨?鶴だっけ?亀だったっけ?
あんまり調子に乗ると塩と酢で〆るぞっ!? 
うわぁお~めっちゃ痛痒滲みそう!ご勘弁くだされぇ~



一尾でこの二皿






仕上がりは秋刀魚の2分〆と言ったところ
まだまだ酢〆の加減があまい





この手ごわい脂をあまく見てました


しかも切口ズタズタで我乍ら赤っ恥・・・
アハハハ^^;・・・美しくない!





次回はもう少し、プロの足元に近づきたいですね  
タグ :サンマ〆物


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(2)サンマ