› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › イサキ › イサキ・アカイサキ 干物

2016年06月03日

イサキ・アカイサキ 干物

金洲でイサキとアカイサキを釣った翌日
早朝より清々しい陽気となって予報も快晴

早速、余っていたイサキ
スズキ亜目イサキ科イサキ属




アカイサキ
スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科アカイサキ属




共通のイサキの名を持ってはいるが分類は
科目に違いがあるらしい

2種の魚を捌いて干物作り
ともに型も良くて身が厚く、干物にするには
勿体ないほどの魚体
食べ比べもしたかったので、シンプルな塩分だけの
約12%調味液に40分程度浸し、さっと水洗いして
水分を拭き取り、天日干し

時折風も程よく吹いていて絶好の洗濯日和
5時間ほどで洗濯物は良い感じに乾いた
身の輝き具合から塩分膜の形成がうかがえる







昨夜、焼いて頂いた
イサキ




アカイサキ



よく言われるのが
・アカイサキは焼くと身が硬くなって骨から身を
外すのに苦労する
・苦労して身を外すほど旨味が少ない
などとされて敬遠され、外道の域を出られない魚

イサキは問題無く旨いがアカイサキもいける
アカイサキの焼きたて、身が冷めていなければ
身も骨から外し易くてほっくりとして柔らかい
冷めるとともに身が骨から外し難くなっていく
イサキと比べてその傾向は顕著であった

アカイサキは特に、食卓に人が座ってから焼き
上がるタイミングでなければいけないのかも
知れません

アカイサキ、まだまだ食べ方を工夫すれば
美味しく食べられる魚、決して嫌うべき魚では
ないのかも知れません


同じカテゴリー(イサキ)の記事画像
4/15 【おしながき】
5/28【おしながき】
4/13【おしながき】
10/14【おしながき】
8/1【おしながき】
Bistro  de  tototto  totto 0731
同じカテゴリー(イサキ)の記事
 4/15 【おしながき】 (2017-04-17 09:00)
 5/28【おしながき】 (2016-05-30 09:00)
 4/13【おしながき】 (2016-04-15 09:00)
 10/14【おしながき】 (2015-10-16 09:00)
 8/1【おしながき】 (2015-08-03 09:00)
 Bistro de tototto totto 0731 (2015-08-01 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(0)イサキ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。