› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 福田 海豊丸 › 5/28鮮魚部仕入れ

2016年05月29日

5/28鮮魚部仕入れ

少し前から予約でいっぱいのプラン
諦めが肝心
って言葉もありますが念の為に、キャンセル待ちを
申し入れておいたといった経緯ですが・・・

なんと!前日の夕刻になってキャンセルが出た
との連絡が船宿より入り即決
『行きます!』
急遽、在庫から有り合わせの仕掛けをひっくり
返しながらドカットに放り込んで準備しました

5/28鮮魚部仕入れ


乗せて戴いたのは 福田港、海豊丸さん  
人気のプランは金洲五目だった

久々の金洲で、嬉しくなっちゃいます

集合は3:30と早いので前日の21時に
現地へ向かい地道をのんびり走って2時間弱
車中泊で乗船した

船は満船の10名だった
釣座は右舷の真ん中、船長と直に話せる釣座
金洲竿入れ6時
マイプランでは最初は18mロングハリスで
マダイを狙って・・・でしたが竿入れ直前

5/28鮮魚部仕入れ


船長から
このポイントはシマアジが居るので、狙っても面白いよ
との誘惑で、たまたま入れて来た仕掛けの中に
シマアジ用の短い太仕掛けがあったので交換
最初は幹10号ウィリー3本針枝8号全長は
1.8mで開始

5/28鮮魚部仕入れ

錘120号の指示だったが廻りの方も含めて
100号のコマセかごしか持ち合わせ無く、
足し錘の20号も無し
幸い比較的に潮が終日、左舷から右舷への
払い出し方向だったので、結果的にはコマセかご
100号で通せた

最初の獲物は太ってはいないが長尺真ん丸な
ゴマサバ

5/28鮮魚部仕入れ


ソーダガツオ

5/28鮮魚部仕入れ

いづれもイサキ釣りのの外道から始まった


1時間ほどシマアジの夢を見たが夢から覚めて
皆さんが既に3匹前後揚げておられたイサキの
仕掛けに交換した

付けエサの持参は
・オキアミ
・冷凍してあったサバの切り身
・前回釣行での人様用ムギイカは切ってきた

5/28鮮魚部仕入れ
5/28鮮魚部仕入れ


7:20最初のイサキは35cm前後

5/28鮮魚部仕入れ

船長は点々と丁寧に流し替えてくれる
ポイントも狭く、潮の流れも速いらしいので
一流し一投のポイントが多かった

比較的小さいポイントの方が場荒れしていない

その一投毎に遅れをとらず、天秤吹流し仕掛を
正常に船長の指示ダナに漂わせることが釣果を
伸ばすことにつながる

5/28鮮魚部仕入れ

船長の指示ダナは35~60m
同じポイントでも途中からアナウンスにより
指示ダナは変えられる

この指示ダナの変化に対応しない人が出ると
タナボケして船全体に影響が出てしまう
聞き逃したりしたら廻りの方に聞けばよい

船長から『揚げて~』の号令を聞き逃してか
ポイント移動しようとする船を度々止めた御仁が
おられた
船1分止めると10人居るから合計10分の無駄
それを度々やられちゃうとね~
聞く耳、持てよー!
って話です
そんな御仁が指示ダナの変更に対応してるとは
到底思えません

深いタナでは久々のアカイサキ、懐かしい魚

5/28鮮魚部仕入れ

喰いの良いポイントで自分の投入タイミングと
タナが合う時間帯もあって楽しい
余裕も出てきて追い喰い狙いの作戦も敢行
追い喰いを確信しての巻揚げは個体の大きさも
あって重量感もよく満足の時間

追い喰い確信でゆっくり揚げていていきなり竿が
海面に突き刺さりドラグ出まくり、挙句の果ての
気配消えはサメの被害
サメの被害は3回、その度に仕掛け補修か交換に
時間を費やす


それほど数は居ないのですが、個々が大きいので
生簀の見栄え良く満足感も湧く

5/28鮮魚部仕入れ

終盤の敵はカツオドリ
竿の廻りをプカプカと浮いているだけなら良いが
投入した仕掛けに付いた付けエサを海中7~8mまで
潜って補食する

5/28鮮魚部仕入れ

投入から15mまで、カツオドリのタナを通過
するまでヒヤヒヤものでした
枝針に魚が喰っての回収も先の針にエサが残って
いると喰われる
右舷だけでも絶えず誰かがカツオドリと格闘して
いた始末
翼にも針が掛かるし、グルグル巻きで暴れる
ほどき取ってやろうとしてもパニックでもがき
手指に噛み付いて抵抗される

まさかの
カツオドリ、入れ喰い

船長も鳥山化したカツオドリの群れから逃れる様に
ポイントを替えてくれるが移動した一投目の投入
まではいいが回収時にはもう群れが集まっていて
お手上げでした


サメ・カツオドリの被害が無ければ、2倍は釣れて
いたかも知れませんが文句も言えません
我々が彼らの命懸けのフィールドに踏み込んで
遊ばせてもらっている身ですから


イサキ      ~41cm 23
ゴマサバ     ~40cm  3
ソーダガツオ   ~43cm  1
アカイサキ    ~41cm  3

5/28鮮魚部仕入れ

対応がとても親切で丁寧な
福田 海豊丸さんに感謝、感謝!


同じカテゴリー(福田 海豊丸)の記事画像
12/1 鮮魚部仕入れ
6/9  鮮魚部仕入れ
4/14 鮮魚部仕入れ
1/6 鮮魚部仕入れ
11/25  鮮魚部仕入れ
6/10 鮮魚部仕入れ
同じカテゴリー(福田 海豊丸)の記事
 12/1 鮮魚部仕入れ (2018-12-02 09:00)
 6/9 鮮魚部仕入れ (2018-06-10 12:30)
 4/14 鮮魚部仕入れ (2018-04-21 14:00)
 1/6 鮮魚部仕入れ (2018-01-07 09:00)
 11/25 鮮魚部仕入れ (2017-11-26 09:00)
 6/10 鮮魚部仕入れ (2017-06-11 09:30)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)福田 海豊丸
この記事へのコメント
中々の釣果で羨ましいですね〜
私も来月にイサキを予定してます。
釣れるといいのですが…
Posted by マロ at 2016年05月29日 14:40
最近調子がいいんと違いますか?
むらちゃんの『釣れない薬』処方しときます(爆)。

どこの乗合船にも『聞く耳持たぬ御仁』がいらっしゃいますね。
先週の釣行でも 金魚ばっかり釣ってる御仁がいらっしゃって 「何度も糸でタナを測ってね」と船長とむらちゃんで散々言っても リールのメーターがどうのこうの、去年はこれで40匹釣ったとか」と言って聞かず 底でバンバンとコマセを撒くし 自分だけイサキが釣れんとサバに行こうとわめく。困ったもんです・・・
そんな御仁 サバも釣れん(笑)。
そして 挙句の果てには 船宿批判。ヤダヤダ。
イカンイカン むらちゃんも知らずして何かやらかしているかも(大汗)
Posted by むらちゃん at 2016年05月29日 17:39
マロさま、こんばんは~

金洲のイサキは白子・真子ともに個体ごとに不安定
40%~ほぼ100%の成熟具合でした
金洲は豊かな海の瀬で、いまだに魚にとっては絶好の
産卵場所であって、周りからの魚ルートも多く、群れの
成熟具合も違うまちまちな集合体となってしまうからだと
想像しています

ただ金洲には私にとってまだまだ夢も多く残している
場所なので、チャンスあればチャレンジしていきます
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2016年05月29日 21:31
むらちゃんサン、恐れ多い特製マル秘お薬のお話
ありがとうございます!

折角のお話ですが、やっと長~~~~い
トンネルの先に灯りが見えてきたところですから
お気持ちだけ頂いて慎んでお断りさせて戴いても
宜しいでしょうか?www

釣れないと何か文句も言いたいところですが廻りで
釣れていると何が違うかを捜さないといけませんね
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2016年05月29日 21:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。