› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › カツヲ › 黒潮船 › 目に青葉 山不如帰

2016年04月25日

目に青葉 山不如帰

昨日は黒潮船の甲板員見習いをして
まいりました
黒潮船、狙う獲物は 初鰹 



4月21発表の三重県水産研究所資料から
人工衛星海況速報 
黒潮より分岐した黒潮内側反流が中心海水温
20℃の暖かく大きな塊となって反時計回りに
大王崎沖に近づき、8の字を描くように今度は
時計回りに渥美沖方向へと移動している



・まともに20℃の中心辺りに突っ込む作戦
・温度を捨てて出来る限り南へ下った後
 引きながら帰る作戦

黒潮船船長は後者を選択し、02:45の出港

往路、徐々に海水温が高くなっていって
途中からは下がっていった
情報通り、暖かい塊から外れていったのである

流し始めるポイントも燃料メーターとの睨めっこ

これ以上、海水温が下がると鰹も望み薄という
判断で舳先を北に向けて5ノット程度で流し
始めた


寝不足もあって時間の感覚が全く無い

両側で左右の潮切、潜航板、ラビット、ビシ
合計5本の仕掛で探索を始める


     

海況はウネリがあって風は6~7mから
時折、白波発生の時間帯もあったが
辛い海況では無く、適度にざわついていた

全くアタリが無い時間が続き、ついつい
仕掛を見ながら船上でも船を漕いでしまう

始めは厚い雲に覆われていたが徐々に陽が
差し始めていた

  


転寝の仮眠を充分とれた後に、船長もついに
ポイント変更を決断
目指すは海水温20℃の塊

その大きな暖かい海水温のポイントには
やはり先客が10隻ほど、両側にアウトリガー
狙いは鰹以外には無い





時間は11時
やっとリールが鳴って確保した獲物は本命
本鰹 1.9Kg



14時くらいまで粘った挙句、燃料の心配も
あったので撤収を決断し帰路につく

帰港途中、無線が入る
14時40分以降、入れ喰いとの情報だった
沈んでいた群れが浮き始めたのかも知れません

結局、本命1尾の釣果


帰港してすぐに船長より調理指令




海から頂いた貴重な獲物
それなりの道具でも丁寧に捌かせて戴きました



苦労してやっと獲った1尾
貴重な 1尾
全てが旨味に替わって、黒潮船クルーで完食
忘れ掛けていたこの食感に出逢えたことに感激


 黒潮船船長、次回も鰹!?ですか? 燃えちゃってますねー リベンジにwww 


もっちもち食感の鰹を運んできた黒潮と
海から与えられた獲物に感謝、感謝!


同じカテゴリー(カツヲ)の記事画像
黒潮船 鰹大漁
父の日
黒潮船 海見?
釣り鰹 届きました
5/28【おしながき】
5/14 黒潮船
同じカテゴリー(カツヲ)の記事
 黒潮船 鰹大漁 (2017-09-11 09:00)
 父の日 (2017-06-19 09:00)
 黒潮船 海見? (2017-05-05 09:00)
 釣り鰹 届きました (2016-08-04 09:00)
 5/28【おしながき】 (2016-05-30 09:00)
 5/14 黒潮船 (2016-05-15 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)カツヲ黒潮船
この記事へのコメント
明日はと思い、意気込んで御前崎近郊の船宿さん思いつく限り電話しまくりましたが、どこも満船で勝負前から撃沈です。
船買うしかないか?
Posted by ア・シュラン at 2016年04月26日 19:33
ア・シュランさん、ここだけのお話 内緒!ですよー
明日はマダイ定休日だって

船買っちゃいます?
それでは何かと入用ですね
1~2本くらいなら、僕も協力させて頂きますので
御気軽にどうぞ!
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2016年04月26日 21:39
おいしそう~ カツオ一つ? 当たれば戦場!

こういうのめっちゃ旨いよね 

餅カツオ 同じ日に知り合いはゼロだったそうです! 
Posted by MOMO爺 at 2016年04月27日 23:22
MOMO爺様、おはようございます

結局、のんびり遅く港を出て20℃中心近辺で
夕方まで流していた船が大アタリ

鰹はヨミの釣りですね
でも大アタリも困りモノ、20~30本も三枚卸したら
疲れちゃいます
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2016年04月28日 06:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。