› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 仕掛 › アカムツ フラッシャー針

2015年12月19日

アカムツ フラッシャー針

海況悪く、船宿のご判断で
今日もヤリイカにフラレちゃいました・・・

海況・休日が折り合わず、なかなか釣りには
行かれませんが釣りを楽しんでいます

釣りに行けない時はせっせせっせと内職仕事
今回は中深海で使うフラッシャー針の補充です

先回の釣行でアカムツ仕掛けを消費したので
先ずはアカムツ用



針は最近ホタの赤色18号に落ち着いています
ホタは質量が重く、ムツ針の何倍かになるので
フロート玉4~7号を駆使したりして付けエサを
たなびかせる工夫が必要です

針の掛かりに言及すると確かにホタ針はムツ針に
劣るとされるのは確かだと考えています
それ以前に重くて流れに漂い難く喰いが悪いことも
事実でしょう
針の軸径が太く、形状や質量からも付けエサを口に
入れた瞬間、魚が違和感を大きく覚えるのは圧倒的に
ホタ針、針掛かりまでは悪い点が多い
それらも承知した上で使用しています

以上の理由から金龍針さんからの細地ホタ針は是非
使ってみたいアイテムではありますが残念なことに
15・16号しかサイズが有りません






ホタにせよムツにせよ18号より下の小さい針は
私はなんとなく避ける傾向にあります
一応各種を使うようにしていますが、フトコロが
小さいと掛かりがどうしても浅くなる傾向を感じて
いるからです

針掛かりさえすればバレる確率はムツ針に比較して
相当減らせると考えています

今のところホタ針18号でバラしたことはありません
ムツ針仕掛けを使用していた他の乗船客がバラして
悔しがる場面はかなり見てきてます

300m落としてやっと喰ってくれたアカムツを大事に
大事に時間を掛けて揚げても、海面付近で外れてしまい
ゆっくりと泳いで潜って行く姿をお見送りしたくはない
ですからね





ファイバー系やスレッド系の装飾繊維は物によっては
非常に繊細で取扱い時に絡み・ホツレ・切れ・または
パーマ化してチリチリになるなど、種類によって扱いに
慣れないと苦労する代物も多くあります





仕掛けを作る以前のフラッシャー針製作時点から
手前マツリではテンションも急降下してしまう


最近の私のトレンドは下の画像にあるような夜光性
蓄光性を持った繊維を混ぜることである
効き目があると考えるのは私だけかも知れませんが






装飾系の繊維類は特価や在庫一掃セールなどで
安価に手に入る時に買い足していくと種類や色の
バリエーションも自然と増えていきます






針に巻く作業はそれほど手間の掛かる作業ではなく
むしろ楽しく進められる
なんせホタ針18号ですからイサキ針の繊細な作業の
細かさは不要で、かなりきている老眼鏡も掛けなくて
作業出来ています







先ずは下糸を巻いて










ファイバー
フラッシャー
スレッド
を気の向くままにブレンドして巻き留め
ほどけないように3回ほど縛り止める




ハリスの巻き代を残して
ソフトビーズまたは蛍光のゴム管をカットして嵌め込み
スレッド巻きした部分と蛍光材に瞬間接着材を塗布






完成すると照明を落として確認し、ニヤリ








ひとしきり巻き終えて本日の作業は終了


翌日、接着剤が乾いた針にハリスを結ぶ
結んだ後、夜の風呂に入り、明かりを消して浴槽の
中で結んだ針を泳がす
幼魚が泳ぐようにハリスを引きまわして自己満足


一体アカムツにはどう見えているんだか???
装飾自体、何ひとつ効果は無いかも知れません
釣りのオタク的な楽しみでしょうか・・・



ホタ針:赤18号【 藤井商会 】   
スレッド:AURORA THREADS【 TOHO 】   
ファイバー:スターファイバー【 FUJI BAIT 】   
ファイバー:シラスファイバ【 MARUFUJI 】  
夜光うきゴム:LUMINOUS TUBE【 ACCEL 】 
夜光玉:発光玉ソフトタイプ8H LumiNova 【 TOHO 】   
細地ホタ針:鋼 ホタ針Light 【 金龍針 】


同じカテゴリー(仕掛)の記事画像
アカムツ仕掛 再生
秋の夜長は内職
ウタセマダイ仕掛け
御前崎ロングハリス
釣りに行けないので
ウィリーバケ
同じカテゴリー(仕掛)の記事
 アカムツ仕掛 再生 (2017-02-14 09:00)
 秋の夜長は内職 (2014-10-24 09:00)
 ウタセマダイ仕掛け (2013-11-22 09:00)
 御前崎ロングハリス (2013-05-08 09:00)
 釣りに行けないので (2012-11-17 09:00)
 ウィリーバケ (2012-07-27 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(6)仕掛
この記事へのコメント
かなりの拘りを感じます!
アカムツはジグで狙うのがメインな私ですが非常に共感できる部分が多いです
ジグで反応させることの応用で餌釣りやったら最強だろうなぁ…と常々思っております
ただこれに餌を付けるとあらぬ外道を沢山連れてきそうな…そんな気もします
それも含めてトトさんの検証結果を興味深く見守りたいと思います(^◇^)
Posted by てつ at 2015年12月21日 11:12
ホタ針、いいですね。

僕の個人的な考えですが、深場の釣りでは太地一択かなと思っています。

巻き上げの時間が長い上に、光がさしたときに暴れるため、細字では針が刺さっている部分に力が集中するため口切れの心配が大きい・・。

底モノなんて、そんな敏感な感性なさそう~って思っちゃってますwwww(乱暴ですかねwww
Posted by きんべえきんべえ at 2015年12月22日 01:13
てつさん、おはようございます

ジグで狙われているんですねー
蛍光色とカラーで、横縞のジグに喰った
アカムツの画像をよく見ていました

次回、いつ行かれるか判りませんが
機会を逃さないように、準備だけは整えて
おきたいと考えています
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2015年12月22日 07:14
きんべえサン、おはようございます
なかなかご一緒出来ませんねー

水深300m、畜光性の装飾物は認識されると
考えていますが、問題は蓄光性の無い他の
スレッド類って意味が無いのかも知れないとの
事項が一番の疑問です
人の目に見えるのは光があってはじめて美しいとか
綺麗だとかですからね
まぁライトホタ針の18号相当以上が出るまでは
今のホタ18号を使っていくのだと考えています
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2015年12月22日 07:25
深海バケの考察なんですけど、光だけじゃなくて水の波動だと思いますよ

針についている羽や毛によって水み与える波動が、生き物のように訴求して・・・なんて想像しますね。
Posted by きんべえきんべえ at 2015年12月23日 01:25
きんべえサン、どーも
考え、深っー!

置き竿より
サボっていないで手で誘わなきゃぁ~
喰わせ波動ダァー!
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2015年12月23日 08:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。