2014年08月03日

坂内やな

昨日はお盆を前に両親と実家の墓前で、ご先祖様に
感謝と供養の気持ちを込めて手を合わせて参りました

墓を後にし、とっておきの簗で鮎を頂きに西へと走る

このところのウナギの稀少騒ぎと価格の高騰など何かと
ウナギの影に隠れがちだがこの時期、アユの存在も
忘れる事は出来ない


坂内やな


20年ほど前に通りすがりに立ち寄ってからこの簗が
一番のお気に入り簗から滑り落ちることは無く、私的に
20年来不動のトップ簗である


坂内やな
     看板上はご主人が彫られた夜叉ヶ池の龍の彫刻

位置を簡潔に表現すると伊吹山の北側、遠距離なので
ここ数年は近場にある他のお気に入り簗で鮎を頂いて
しまっていて、今回7~8年振りになるのかも知れない


坂内やな
坂内やな
坂内やな


場内奥の頑丈な鉄格子に飼われているのは1頭の
雌のツキノワグマ、先回来た時までは雌雄2頭だった
雄の熊は最近息を引き取ってしまったようだ


坂内やな


場内は広くて混んでいる時に行ってしまったときには
車が60~80台停まっていていただろうか
川で釣りをするための各種鑑札券も売っていて元気な
親鮎も豊富に泳いでいる

今年は毛虫が大発生したため、山女・岩魚など雑魚の
生育がとても良い年になっているそうです


坂内やな


小じんまりした日本庭園の滝から流れ落ちる水が
溜められた池には鯉とニジマスが泳いでいる


坂内やな


この簗で出てくるアユは安定して身が厚く、良型で型揃い
身が厚いので1尾の刺身も食べ応えがあって堪能出来る


 坂内やな  坂内やな    坂内やな  坂内やな  坂内やな  坂内やな 


口に入れた瞬間、ちょっと甘いか?と感じる煮物だが
喉元を通過すると後味は最高、すぐにまた煮物へと箸が
戻ってしまう
このたまり醤油で煮られた赤煮は絶品

塩焼きの炙られた表面からは脂が滲み出て、下腹からは
はみとった苔の緑が洩れている



この坂内川の源流は竜神伝説を伝える夜叉ヶ池
岐阜県・坂内川→揖斐川→太平洋
福井県・日野川→九頭竜川→日本海
滋賀県・高時川→姉川→琵琶湖
三川に水を注いでいる


坂内やな(清流荘)
〒501-0902
岐阜県揖斐郡揖斐川町坂内広瀬
揖斐川町立坂内中学校の下
電話番号 0585-53-2506

鮎料理 ~10/20


同じカテゴリー(アユ)の記事画像
鮎 清流荘
鮎
秋の気配が
坂内やな 清流荘
本巣『やな川』
根尾川赤石やな
同じカテゴリー(アユ)の記事
 鮎 清流荘 (2019-08-04 09:00)
  (2016-06-12 09:00)
 秋の気配が (2015-09-14 09:00)
 坂内やな 清流荘 (2015-08-14 09:00)
 本巣『やな川』 (2011-08-16 09:00)
 根尾川赤石やな (2010-08-18 21:55)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)アユ
この記事へのコメント
いいな~ヤナって行った事がありません! うらやましい~

アユの焦げた皮が最高においしいね~♪
Posted by MOMO at 2014年08月03日 11:45
すっごく行きたいけど 遠いね。
かみさんが山道に弱いからちょっと無理?
Posted by むらちゃん at 2014年08月03日 12:50
MOMOさん、おはようございます
ビール、お願いします
刺身で乾杯!
焼きでおかわり~!!
赤煮でもう一杯!!!

こりゃ~もう堪りませんヮ~
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2014年08月04日 08:07
むらちゃんサン、ありがとうございます
確かに遠いですよね~
でも時々、無性にこちらへ行きたくなっちゃいます

横山ダム沿いを走ると雰囲気は山道らしくなりますが
こちら迄の道路は全て対面2車線が整備されていて快適
山道と言う程の事はありません

ちょっと先と手前には『道の駅』、近くに立ち寄り湯
『白龍の湯』などがあります

お気が向いたらのドライブコースです
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2014年08月04日 08:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。