› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 黒潮船 › 下田クルージング 前編

2014年06月16日

下田クルージング 前編



6/14 三河湾のマリーナを出発したのは04:30
天候は薄曇り、デッキで作業・釣りをするのに海上での
ピーカンでは陽射しが強烈過ぎてどちらかと言うと
薄曇りのコンデションは助かる

風は前日から西風が強烈に吹いていて、若干残ってはいた
運良く風向きがまともな追い風で、これが向かい風や横風
なら中止となっていただろう


       


ポイントが全く判らないので、どこかでイカ釣り船などを
見つけて近くで流しながらイカ釣りなど目論んでいましたが
イカ船は一向に見つからず、闇雲に海底谷の急な落ち込みを
狙い、200mあまり糸を出すも空シャクリの連続で時間を
費やし、先も長いので30分で断念





5~7ノットでビシ仕掛けを流しながらひたすら東ヘ航行
この作戦でアタリが一度あったものの針掛かりには至らず





福田からマダイのポイント、オモリを越えて御前崎手前で
心配していた風が一気に強くなった








駿河湾は石花海を横切って真っ直ぐ伊豆の先端石廊崎を
目指す




石廊崎に近づくと追い波と横波が合成されて、三角波の
頂点に乗せられて船がクルッと回ってしまったりして
オーナーはとても操船し難そうでした




石廊崎を大きく越えて左に旋回、風裏に入るとともに
風も波も徐々に弱まったが操船には気が抜けない

大小様々な根が多く点在し、座礁などの事故が多い海域で
昔から海の難所と呼ばれていたらしい海域を通過していく


ここで数時間後に同じマリーナを出港した隣に係留の
お隣さんが追いついて合流

このクルーザー、黒潮船オーナーの推測ですが
指三本の価格はくだらない船だそうで、三河湾から
下田まで自動航行でいらっしゃったそうです


       

12:30に無事、下田港に入港した
操船した黒潮船オーナー、お疲れ様でした

途中で、ビシ流しやら手掛りの無いイカ釣りなどチャレンジ
しながら来たので、所要時間は8時間
まともな追い風で、1時間くらいお得な航行だったかも
知れない


       

陸に上がって10歩も歩いたでしょうか、出迎えてく
れたのはペリー提督
なんでもほぼ、同じ位置から下田に上陸したらしい


無事到着を祝って、2船のデッキで祝杯を挙げながら
暫しの休憩


【後編に続く】


同じカテゴリー(黒潮船)の記事画像
黒潮船 鰹大漁
鰹 リベンジ
目に青葉 山不如帰
5/23鮮魚部仕入れ
4/25鮮魚部仕入れ
海遊び
同じカテゴリー(黒潮船)の記事
 黒潮船 鰹大漁 (2017-09-11 09:00)
 鰹 リベンジ (2016-05-02 09:00)
 目に青葉 山不如帰 (2016-04-25 09:00)
 5/23鮮魚部仕入れ (2015-05-24 09:00)
 4/25鮮魚部仕入れ (2015-04-26 09:00)
 海遊び (2014-08-31 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(4)黒潮船
この記事へのコメント
うわ~ 風すごいね!

     リッチな旅ですねー♪
Posted by MOMO at 2014年06月16日 17:05
げぇ~
凄い旅というか凄い釣行
羨ましい~~
Posted by ア・シュラン at 2014年06月16日 18:25
MOMOさん、おはようございます

2日間往復16時間以上の船上+金曜夜からの船連泊は
結構、脚・腰・背中にきます
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2014年06月17日 05:46
ア・シュランさん、ありがとうございます

魚探も使いこなせず、ポイント上にも仕掛けが止められず
慣れない事はしない方が良いのかも知れません

クルーザーでは面倒臭いことが少ない、ジギング等
ルアー系の釣りが最適でしょう
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2014年06月17日 05:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。