› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › 黒潮船 › 4/28鮮魚部仕入れ

2013年04月29日

4/28鮮魚部仕入れ

昨日は黒潮船に乗せて戴き、久々の
仕入れに行ってまいりました


狙う獲物は
目に青葉 山不如帰 初鰹

前夜から係留中の黒潮船に宿泊
作戦会議での目標は20尾以上でしたが・・・

3:30起床
4:00出航




ひたすら南下すること2時間弱
大王崎がうっすらと霞んで見える

ポイントと思われる海域は凪の予想を大きく裏切る
コンスタントな風とウネリ
鳥の姿も非常にまばらで鳥山などは期待出来ず

ポイントとは言っても漁礁や海底地形の変化を
目印にすることもない
黒潮からの返流が分岐して点在するであろう
海水表面温度19℃を越えるスポット海域

前日より夜通し吹き荒れた冷たい北西風の影響を
まともに受けて、どこまで行っても18.3~18.4℃の
海水表面温度

そんな厳しい状況の中で無線から流れる他船の
情報を参考に鰹が泳いでいるであろう海域をひたすら
彷徨い、当てずっぽうで仕掛けを曳くしかなかった




・ヒコーキ
・潮切ヒコーキ
・ラビット
・潜航板
・ビシマイト仕掛け
これらの多彩な仕掛けを繋ぎ、センターには
まさかのカジキ狙いでイカを模したルアーも流した



海上を飛び交う無線の情報によると他船では
ポツリポツリだが喰っている様子
しかし黒潮船には全くアタリ無し

ルアーや仕掛けがまずいのか
もっと南に下ったほうが良いのか
流すスピードが違ってはいないだろうか
いろんな猜疑心が沸いてきた

風は一向に治まらず、船酔いクルーが発生




超マッタリ時間の中、眠気はあるが転寝にまでは
達しない
強風で、体感温度が低いためだろうか




そんなマッタリ時間の封印が解けたのは8:30



2Kgを超える待ちに待った黒潮船の初鰹です



一瞬遅れて隣の仕掛けに喰いました



こちらは2Kg弱




喰ってきた仕掛けや魚探の記録から想像するに
表層ではなくて30~50m以深を泳いでいた様子

通常、鰹の喰いは一瞬で全部の仕掛けに喰って
オマツリに泣くパターンですが昨日は厳しくて
一度に2尾が喰うのがやっとの状況
しかもインターバルが長すぎて1~2時間置きでした

鳥山も見当たらず、海況も厳しい状況では
手掛りが少な過ぎて、鰹との出会いは交通事故と
言ったところでしょう

そしてバラシも3回程あって目標の20には
程遠い6尾の釣果に終わってしまいました
2Kg弱 1尾
2.3~3K弱 5尾
それでも型を観れて、帰港後すぐに捌いた鰹を
口にした全員がその味とモチモチの食感に感激し
満足していた



同じカテゴリー(黒潮船)の記事画像
黒潮船 鰹大漁
鰹 リベンジ
目に青葉 山不如帰
5/23鮮魚部仕入れ
4/25鮮魚部仕入れ
海遊び
同じカテゴリー(黒潮船)の記事
 黒潮船 鰹大漁 (2017-09-11 09:00)
 鰹 リベンジ (2016-05-02 09:00)
 目に青葉 山不如帰 (2016-04-25 09:00)
 5/23鮮魚部仕入れ (2015-05-24 09:00)
 4/25鮮魚部仕入れ (2015-04-26 09:00)
 海遊び (2014-08-31 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 13:00│Comments(4)黒潮船
この記事へのコメント
私には未知の釣りです。
やってみたいな~
鰹うまそう!
で、トトさまの竿には何匹食ったの?
Posted by ア・シュラン at 2013年05月02日 09:33
豪快なつりですね~
うらやましい~~~~
Posted by きんべえ at 2013年05月02日 16:24
ア・シュランさん、こんばんは~

たまたまお誘い戴ける知り合いがあり、甲板作業員として
乗務させてもらっています

今回は曳き釣りオンリーなので自分の竿は持ち込まず
全員で仕事の分担をしながらの彷徨でした
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2013年05月03日 00:02
きんべえサン、ありがとうございます

黒潮返流が良い状況であっただけに、海況の悪さで
とても残念な日に終わってしまいました
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2013年05月03日 00:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。