› ◆フィッシャーマントトの釣ブログ◆ › イサキ › カイワリ › サバ › 7/23【おしながき】

2012年07月25日

7/23【おしながき】

珍しく仕入れ人が良い魚を仕入れてまいりまして
昨日に引き続いて連夜での開庵は遠州灘シリーズ
第二段となりました

                              亭主


             
=======  【おしながき】 ========


【酢の物】
トロ〆鯖二種盛り



久々の〆鯖が登場、この真鯖も型の良い44cm





少々寄ってみましょう
左の〆鯖






右は〆鯖を更に炙っちゃいました






【お造り】
角鯵(カイワリ)
青魚と言うより、白身魚の上品さに歯応えと充分な
旨味も兼ね備えていました







【お食事】
握り
左から真鯵・伊佐木
そして右が伊佐木白子の軍艦、これ一押し






海から与えられた獲物に感謝、感謝!



同じカテゴリー(イサキ)の記事画像
6/9 【おしながき】
7/7 【おしながき】
6/11 【おしながき】
5/20 【おしながき】
4/15 【おしながき】
イサキ・アカイサキ 干物
同じカテゴリー(イサキ)の記事
 6/9 【おしながき】 (2018-06-11 09:00)
 7/7 【おしながき】 (2017-07-09 11:30)
 6/11 【おしながき】 (2017-06-12 09:00)
 5/20 【おしながき】 (2017-05-22 09:00)
 4/15 【おしながき】 (2017-04-17 09:00)
 イサキ・アカイサキ 干物 (2016-06-03 09:00)

Posted by フィッシャーマントト at 09:00│Comments(9)イサキカイワリサバ
この記事へのコメント
うちも、頂いた品は
しめ鯖にしました。

しかし、ととさんにかかると一般方とはとても思えない…

実はカタギじゃないですね?
Posted by きんべえきんべえ at 2012年07月25日 11:10
トトさまは何者ですか?
高級料亭の料理長?
とても素人の業ではないですな。
Posted by ア・シュラン at 2012年07月25日 20:50
大将ー!
めっやうまい! サバとアジ おかわりー にぎりでー♪

あと冷酒もね、いいなーこの店~♪

「おいしかったー♪おなかいっぱいー眠くなってきたー」・・
   「んー♪ そっかーヨシわかった!少し休憩に行こうか」 

   っと夜の明るいビル街に消えていく二人だったー!

       最高の日だわサー(^v^)
 
Posted by MOMO at 2012年07月25日 22:32
きんべえサン、おはようございます

久々に亭主も頷く極上のアジサバが獲れて良かったです
亭主はまだまだ素人の域を脱せず、切磋琢磨しています
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2012年07月26日 08:04
ア・シュランさま、ありがとうございます

素材がよろしいと、私のような腕でも美味しそうに
出来ちゃいますね~
けれど毎回毎回、4~50点の出来だと反省してます

魚を捌くのはホント難しいと感じています
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2012年07月26日 08:08
MOMOさん、毎度ぉ!

寿司はあと、虹色に輝く真鯒と透き通った透明な
寿留女烏賊の5巻用意するつもりでしたがねぇ・・・

届く筈の真鯒と寿留女烏賊、今頃何処で泳いで
いやがるんですかね?ま~だ届きませんで・・・

MOMOさんの奥様、らっしゃい!
MOMOさんなら店の前を右に行って2つ目の露地を
左に入っていかれました
なんだったら、この研いだばかりの出刃お貸し致します!
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2012年07月26日 08:21
キャ〜キャ〜

流血の大惨事がw
Posted by きんべえきんべえ at 2012年07月26日 12:43
「ち、ちょっと待て!これは・・・違うんだ! えーーとこれはーーー・・」
やばい 「なんでここがわかるんだ! 誰に聞いたー?」

「まっ待て! ちょ やめろ!痛てー!」

 ・・・・・「あー!ズボン新品なのにーそこ刺すかー? なんやねんその包丁はーピッカピカやん・・・」
  
  あれ~? 意識が~~~~~・・・・・・・・ピーポーピーポー
Posted by MOMO at 2012年07月26日 18:26
こうしてしっかり血抜きと空気抜きが同時に
処理されたMOMOさんは、最期に残った悪運を
その命をとりとめることで使い果たした

MOMOさんはこの一件以降、奥様の生簀の中を
飛び出すこと叶わず、大人しくその一生を生簀の
中で、送ったのであった
Posted by フィッシャーマントトフィッシャーマントト at 2012年07月26日 18:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。