2014年11月12日

11/11鮮魚部仕入れ

昨日は11月から始まったヒラメが絶好釣というお話に
ついつい釣られてしまい
豊浜 大進丸さん
に乗せて戴き、珍しくヒラメの仕入れに行ってきました





早めに目が覚めてしまったので、いそいそと支度して
船宿に到着したのが4時15分ころ
受付に置いてあったヒラメ3隻分の釣り座記入用紙は
既に半分程が埋まっていた
迷いはしたがどの釣座が良いのか何のデータも持ち
あわせてはいないので、第八大進丸の左舷トモ側に
名前を記入して車中で1時間程度仮眠した




荷物を船に積み込み空を見上げると、泣き出しそう
先回のアカムツに続いて鬱陶しい雨が私の釣友に
加わってくれたようだ

集合時間が5:30、6時出船
第八でエサにするイワシを取りに行き、港に戻って
他の船に分配された




沢山のイワシと11名の乗客を乗せて6時過ぎに船は
港を離れる

移動中は船室に入ってうつらうつらと過ごす
去年は竜宝さんからヒラメに行ったっけ・・・
ヒラメのアタリ忘れたかも・・・
などとおぼろげに思い起しながら夢うつつ

1時間少々移動して減速、釣座に座ると正面には
神島や大山が映る
イワシが配られて、準備して投入

     


水深は35~40m前後
2投目にアタリがあって、引き込みを待ってアワセを
入れるが空振りした
比較的根が厳しいポイントのようで、仕掛け3セットと
錘をロストしながら次のアタリもアワセでは空振り

朝のモーニングサービスか頻繁にアタリがあった
しかしことごとくアワセは空を切るばかり

周りでは入れ替わり立ち代り海中にタモが刺さり
ヒラメを捉えて揚がっている

なぜだ?掛からない
焦りで頭の中が真っ白
アワセが早すぎるのかと暴れる竿を睨み我慢していると
気配も消えて逃げられる
竿の突っ込みでアワセると空を切る

そうこうしているうちに船の中は平穏を取り戻し、朝の
時合いが終了となって10分ほど移動

この時点で両隣の生簀には既に本命が2~3枚泳いでいた
移動してからはマッタリとした時間が流れて状況は
芳しくはなかった




次々と小さくポイントを移動するも状況は変わらず
私の竿にもガツンとしたアタリはあったものの気配続かず
回収するとイワシに大きな傷が出来ていた

11時を大きく回った頃、再び10分ほど移動して
時間までのポイント変更、水深は45~50m
このポイントで再び、船は賑やかな雰囲気となるが
私はアワセで掛けきれない

掛けきれない私に見るに見かねたのでしょうオオドモの
常連さんからアワセのタイミングでアドバイスを頂く
更に、エサの付方を指導してくれた

次のアタリは頂いたアドバイスが功を奏し、やっと掛けて
この日初の魚の引き応えを味わうことが叶う



待望のアメ色魚体を手にしたのは12時10分
そこから時間まで、更にアタリ1回を連続で掛けて
この日の沖上がり時間を迎えたのである


シトシト降る細かい雨のように泣き出しそうな心と
焦りから私を救って戴いた左舷オオドモの常連さんには
とても感謝です、ありがとうございます


船宿HPより画像頂きました


左舷ミヨシの方がよく釣っていた様子は見えていましたが
16枚は驚きです

しかし10回ほどのアタリでたったの2枚、打率2割では
来年の年棒も大幅ダウン確定
球団から自由契約の宣告が出るかも知れません  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)豊浜 大進丸