2010年04月01日

【みちのく旅行-1】

3/28(日)
起床したのは5:30

身支度を終えて、バナナを1本腹に収めて
6:05出発し、知多半島師崎方面へ向かう。

真直ぐ海へと走って行きたい気持ちをグッと抑え
セントレアへ方面へ走る。


7:25の集合時間には余裕で到着。

正月以来の連休で、しかも3連休でした。
既に運転手としてのお役目は果たしたので、早速
トト3連休の始まりに『乾杯!』




JEX3171便 8:15発 9:20仙台空港着。
仙台空港をツアーバスで出発したのは10時頃、名物
牛タン料理の宣伝ポスターに後ろ髪をひかれたのは
トトだけだっただろうか?


最初の経由地は中尊寺
金色堂をはじめ、敷地内を廻ってまいりました感想は
『賽銭箱、多過ぎっ!』
100くらいあったような印象です。

その度、違う願い事をするのでしょうか???


ここでは昼食を摂るように言われていましたので
わんこそばを定量で頂きました。



雰囲気だけ味わう事が出来ました。

まだ小腹が・・・
ということで、違う店に入りました。

これも名物の『○○○もち』シリーズの中からこの3品
他にずんだもち等



なめこもちは大根おろしとなめこの醤油仕立で雑煮風。
しょうがもちはとろ~りあん仕立の中に生姜が効いて
いました。
あんこもちは濃い、こしあんのぜんざいと言ったところ。



このもちが腹に効いて満足した事と、うどん屋さんで
の【給油】によっていい気持ち、贅沢な気分をあじあう
ことが出来ました。


この後、角館へ移動。
勿論、移動中は転寝というか爆睡というか・・・



武家屋敷の町並み散策では1つ目のノボリは難なく
かわす事が出来ましたが試飲付きのノボリにはトトの
足がフラフラと向かってしまいました。



ここでは酒屋のあるじ殿の罠にすっかり嵌ってしまい
720ml瓶を1本お買上げ。

角館 鈴木酒造 秀よし


そしてお宿は

乳頭温泉の一角、まだ雪深い
プラザホテル山麓荘

部屋がかなり広めなので古さには目を瞑りましょう。
夕食は豪華さは無いものの充分な量があり、満腹度は
かなりのレベル。



初キリタンポも味わう事、叶いました。



そしてとても成分が濃くってきつめの硫黄独特のニオイ
がする湯に3度入らせて戴きました。

窓の外は銀世界、露天風呂もありましたが積雪の為か
視界が遮られて景観を楽しむ事までは出来ませんでした。




蛇口からの湯水も温泉で次の日も終日、体からほのかに
硫黄のニオイを感じ続けていました。  


Posted by フィッシャーマントト at 09:00Comments(6)報道・スポーツ・生活・食